cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (17)
休業・営業情報 (173)
イベント情報 (174)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ふきのとう∴゜

  1. 2013/04/19(金)



マスターの母上から、野生のふきのとうを頂きました。
お豆腐とのお味噌汁が、マスター母流。
それに習って、我が家でも香りの大御馳走、春に感謝して頂きます。
ふきのとうの顔を拝めたと言う事は、今度こそ、春になるのかな??
 ほ。
    ほ。

            ほーーーーー。

  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

引渡しから1年*

  1. 2013/04/17(水)

先日、N24の施工をご担当頂きました「施工チームN24」の総括S氏からご連絡を頂きました。
「引渡し日から丁度一年経ちますので、不具合がないかチェックにお伺いします」とのお話。
それはそれは!うちみたいな小さな店にもしっかりしたアフターケア、ありがとう御座いますww

いやあ、しかし、あれから…引渡し日からもう1年が経過ですか…
早いなあ
何だか信じられません!

N24は本当にね、あっという間に形にして頂いたのです。
正確には「よーいドンッ」となったら最後、作るのが超絶早かった!
工事を担当した「施工チームN24」の皆さんが本当に力を貸して下さって、凄かったのですよ、とにかく。
職人の仕事をするプロ達が各セクションをガッチリ固めていたという、贅沢な最強チームでした。

今日はそんな「施工チームN24」から、総括のS氏と現場のSサンがご来店。
久々に生みの親をお迎えして、お店も何だか嬉しそうでしたww


工事中のN24を御存じない方は、是非↓
■1年前のN24へタイムスリップ!工事中のN24ブログはコチラ→GO!

moblog_a137930b.jpg moblog_d3441a45.jpg
moblog_6a950c23.jpg


moblog_36f2750c.jpg moblog_7dfc8f7c.jpg



moblog_29e5232c.jpg moblog_abfedfde.jpg


moblog_60bb1f3e.jpg
moblog_be73f026.jpg moblog_baf74ebb.jpg


moblog_f53a4d58.jpg


moblog_2dffa37a.jpg moblog_8fb30f58.jpg


moblog_578c221e.jpg moblog_cde55a52.jpg



  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和

北大、春の風物詩∴゜

  1. 2013/04/16(火)

先日、用足しで店から札駅まで自転車で行く道すがら。
思い立って北大の中を通りましたら、サークルやら部活やら同好会やらの新入部員募集の看板が沢山!!
おおおおお~春じゃのぅ~www

↓人が写りこまないようにシャッターチャンスを狙った奇跡の一枚ww
本当は周りに北大生の皆さんが大勢いてとても賑やかだった構内。
130413_1305~002

↓各々、活動を看板で表現。
入部できないと分かっていても、見て回るだけでかなり面白いww
130413_1303~002 130413_1305~001

↓お!以前N24で公演チラシをお預かりした「民研わだち」こと、民謡研究会合唱団「わだち」サンの看板発見!

■民謡研究会合唱団「わだち」過去のブログ記事へ→GO!
130413_1307~003

そういえば北食こと「北部食堂」には1・2年生が多く集まるんだそうで、通称「フレッシャーズ食堂」と呼ばれているらしい。
場所も近いし寄ってみようかな?
…という事で、北食です。

130413_1259~002

やはり!こちらにも看板がずらり~

130413_1300~002 130413_1259~004

↓あ!ここにはN24でもお馴染みの「劇団しろちゃん」サンの看板がありましたよーww

■「劇団しろちゃん」過去のブログ記事へ→GO!
130413_1300~003

北食の中は大混雑、実はこの時お昼時だったのです。
うん、確かにみんな…わ、若いねーーーーww
新生活をスタートして間もない希望に満ちた勢いがドドドドド、ドーーーンと伝わってくるかのよう。
目標を持っている人達のこのエネルギッシュな感じ、やっぱり凄いです!
窓越しに見ているだけで圧倒されてしまいました。
彼らがこれから良き師、信頼できる先輩・仲間達と出会い、大学生生活をより充実した毎日に出来ます様に!
近所のN24として、応援したいと思います
新入生の皆さん、入学おめでとう!!!

  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

臨時休業日のお知らせ*

  1. 2013/04/14(日)

都合により、4月14日(日)臨時休業日
      4月15日(月)定休日

と、させて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。店主


  1. 休業・営業情報

街のカモメ∴゜

  1. 2013/04/13(土)

いつもお世話になっている北13東1のベーネさんへ、お願いしたスコーンを受け取りに行った帰り道。
頭上高くに、鳴くカモメ。
「札幌の街で見るカモメは、どうやら中央卸市場に住んでるらしい?」とはマスターの母上談。
そういえば、赤レンガこと旧道庁の池にも、鴨に混ざってカモメがプカプカ浮かんでたっけ。
なるほど、彼らは街ッ子らしいww
 
風を捉えながら気持ち良さそうに飛んでる上空のカモメを眺めていたら、突然の急降下で低空に降りてきた。
スゴイ…自由自在だなぁ…
て、当然か~笑
 
↓ギリギリ捉えた、カモメさん。
飛ぶ速度が凄く早い。
 
 
しかし、カモメってのは結構大きな鳥なのだ。
いつも大きいと思って見ているカラスが、なんだか可愛く見えてしまう。
 


  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

朝に、焼き焼き*

  1. 2013/04/12(金)

朝、グリッシーニ作り。
今日は開店前の朝7時位から、コネコネ焼き焼きの作業タイムでしたww
忙しい朝時間帯にはちょっと不釣り合いな?粉ものを焼く時特有の、のどかな好い香りが一人作業する店内に漂いましたよ~
これが私の仕事とは言いながら、ついつい幸せ気分。んふふん
お料理はユッタリした気分で「美味しくなーれの呪文」を唱えながら作るに限ります◎
(とはいえ忙しい自宅では、なかなか毎回そうもいきませんが…苦笑)
 
BGMに聴いていたラジオからは天気予報。
今日は不安定なお天気との事。
実際、生地をこねている時に降っていた雪は、生地を寝かせている間に雨となり。
この天気だと湿度はどうかな?生地の水分調節は…と、気にしながらの形成作業でしたが、キッチンはなんだか乾燥気味だったみたいです。
その辺りは「生地と話しながら」これぞサジ加減、ですネww
 
↓焼き立てグリッシーニ達。
今日も美味しく出来ましたよ~
 



  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和

新しい、旬のおすすめコーヒーは*

  1. 2013/04/11(木)

またまた御案内が遅れてしまいましたが。
旬のおすすめコーヒーが、春らしい個性的な豆に入れ替わりました!

春のおすすめコーヒー
カップ・オブ・エクセレンス ブラジル
レイトハーベスト2012 2位受賞豆
シティオ・ビスタ・アレグレ HOT ¥550 ・ ICE ¥570

130410_1335~001

横井珈琲さんの評価でも分かるとおり、爽やかさが際立っている軽やかな特徴の豆です。

よくお客様から「キャラメルやヌガーのような甘さってあるのは、コーヒーに甘味がついているっていう事ですか?」等ご質問頂くのですが、このご案内にある表記はそれとはちょっと意味が違います。
はっきり言ってしまうと、今流行のキャラメルラテやカフェモカ・バニララテの様な「●●テイストのシロップやソースを添加して作っている味」のイメージではありません。
ここで書く表記の指すニュアンスは、分かりやすく言うならば
コーヒーをブラックで飲んだ時に、その味や香り・舌触りから連想される物は何か?例えるならば…、といった意味合い でしょうか。

そしてこの表現を決めるのは世界屈指のカッパーの皆さん。
平たく言うと、世界基準で開催されるコーヒーの味覚コンテスト(つまり「カップ・オブ・エクセレンス」)で、プロのカッパー(日本酒で言うと、世界選抜カリスマ利酒師?)がカッピング(利き酒ならぬ「利きコーヒー」)した時に、その香り・味などから何を連想させるかを「豆の評価」として出し合い、決めているのです。
表現として例えられる言葉はフルーツの名前を中心に、チョコレートやヌガー・キャラメルなどの表現や、スミレ・ジャスミンといった花のイメージが用いられたり。
他にも、明るい・どっしりとした・爽やかな・あまやかな・なめらかな・舌触りよい・こっくりとした・すっきりした…など、コーヒーの味を評価するにしては少し意外な?単語が使われたりもします。

正直ちょっと独特な表現方法(言語?)なので、慣れるまでは「これのどこがダークチェリー?・・・・・」と、意味不明モードに突入したりもしますが、この表現方法を自分なりに何回か体験して意訳出来てくると「おおお!本当だ!口の中の残り香がマンゴーだ!!!!!」とかいった具合に発見があり、コーヒーの世界観が一気に広がるのです。
そうなってくると、もう!すんごく楽しいのがこの世界ww
何せ、顔も知らぬ世界のカッパー達が「このコーヒーはこんな特徴だね」と確認しあった内容を、自分も今ここで五感をもって体感出来るのですから、気分はすっかり海を越えてグローバルです~
そのうち、豆の評価や原産国なんかのデーターを見るだけでドキドキワクワクするようになりますよww

さてさて
そんなウンチクにも満たない軽い話を前置きにいたしまして、今回の「シティオ・ビスタ・アレグレ」ですが。
ブラジルのイメージにしては少し意外な、個性的な豆かな?という印象。
評価には
・いちじくやダークチェリーの風味
・スミレを思わせる香り
・キャラメルやヌガーのような甘さ
・なめらかな口当たり
  …と、ありますが。

「飲んだ後、口の中に漂う余韻の香りが
       お花畑みたいに感じたー」

…とは試飲後のマスター談。
うんうんww
これぞ評価にもあった「スミレを思わせる香り」ってヤツですなーーーーー!
これは春を口いっぱいに体感できるコーヒー、登場の予感ですね

旬のおすすめコーヒーは限定入荷商品です。
春を飲んでみたい方は、どうぞお早めにご注文くださいね~



  1. メニュー情報

ビュン∴゜

  1. 2013/04/10(水)

久々の自転車。
車庫から出して、タイヤに空気を入れてサドルを拭いて…
我が家のメカ担当?マスターが春の自転車メンテナンス。
冬眠していたチャリ君を起こしたら、いざ出陣!
冬の間はバス通勤だった道程も、自転車ならビューーーーーンッとひとっ走りです。

私の自転車の鍵が見当たらなくて焦ったけれど、よく見たらちゃんと家の鍵掛けに納まっていた。
去年の私、エライぞ。笑

130411_1501~001



  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

臨時休業日のお知らせ*

  1. 2013/04/07(日)

都合により、4月14日(日)臨時休業日
      4月15日(月)定休日

と、させて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。店主

  1. 休業・営業情報

子育て日記本*

  1. 2013/04/05(金)

ずっと悩んでいたのですが。
とあるきっかけがありまして、お持ちしてみました。
渡辺満里奈サン・ともさかりえサン、それぞれの子育て日記本です。



■渡辺満里奈サンの、【はじめてのこそだて ~育自道】
満里奈サンの本は出産から生後12ヶ月までの子育て手記。
記憶の新しいうちに書き留めてみた…という雰囲気で、飾らない彼女らしい言葉で率直な気持ちが書かれています。

出産前の彼女の印象を個人的に語るなら、主婦としての生活を楽しみながら「きちんと」輝いている…という感じ。
結婚してからのタレント活動でも、中国茶の道を探求してみたり身体作りに取り組んだり。
自分磨きを欠かさない「しっかり素敵主婦」の道を一直線だなーって。
でも、この本を読んで、そんな彼女がふと身近に感じました。
妊娠~出産を経て「子育て」という未知なる分野に挑戦した時、家族が増えた大きな喜びと共に生活する中で、知らず知らずのうちに真面目な彼女は「ねばならない」の思いに囚われていたそうです。
私がやらねばならない・こうでなくてはならない…
無意識のうちに、自分で自分の心に重石を載せてしまった満里奈さんは、ついに…
そんな「心がキツくなった」当時の自分を振り返った記事「眉間のしわ」は、子育て中の親御さんはもとより、子育て以外のシーンでも共感を生む内容だと思います。

他にも「初節句」では、五月人形の太刀に施された組紐の飾り結びを、飾り付けの段になってなぜか必死に全てほどいてしまい、再起不能の状態で慌てて購入店に駆け込んだ…なんて可愛いオッチョコエピソードも。笑
いつも全力な満里奈サンの【はじめてのこそだて~育自道】は巻末に離乳食レシピなんかも載っていて、なかなかお役立ちの一冊。
さすが、しっかり者の彼女がまとめた本だけあって、シンプルな中に子育てに役立つ情報もしっかり載っています。


■ともさかりえサンの、【mammaともさか ~にんぷちゃん編・こそだてちゃん編】
一方りえチャンの本は「にんぷちゃん編」と「こそだてちゃん編」の2冊組。
妊娠が分かった初検診日から出産までと、誕生から生後9ヶ月までの日々を記録したプライベート日記に、注訳を加筆してまとめた本です。
(余談ですが、私はこの「にんぷちゃん」という呼び方、大好きですww)
りえちゃんはとにかく書く人です。記録魔?笑
特に、にんぷちゃん時代はその記録たるや圧巻で、朝の体重・夜の体重・一日に食べたもの・日記…と、日々こつこつ。
加えてこの本は編集デザインも優れていて、上記のデータをスッキリ整理して掲載、加えて一目で月日と「それは妊娠○ヶ月(生後○ヶ月)の事か」がリンクするようになっているし、本人が加筆する後日談・追記された育児情報なども一目で分かる。
この本は1組の母子の妊娠期間中~乳児期までの子育て記録がしっかり時間に沿って追える優れた本です。

例えば「にんぷちゃん編」。
とある時期の日記には、とにかく悲しくてさめざめと泣く・一人になった途端に悲しい寂しい・子供のようにワンワン泣いた…といった記述が続いていて、「うーん、辛そうだなあ…」なんて思ってたんだけど、欄外にりえちゃんが後日談を載せていて、「あの時は本当に悲しかったんだけど、今思うと何でだったのかなあ?って思うよー。マタニティーブルーって神秘だね、凄いねー。皆もマタニティーブルー大変だろうけど、その気持ちも込みで妊婦ライフを楽しんで!」なーんて感じで書き添えてある。
加えて注訳で「マタニティーブルーって何?」という解説も載っている。
この起承転結がねー、この本の良いなあって思うところです。
当時の肉声も載せつつ、その状況をのりこえた本人の後日談も載せつつ、客観的な情報も載せる。しかも同じページの上下にね、これ大切。
また別の時期にはジャンクフードが神・とにかくよく食べる・食欲がすごい…と、食に関するオンパレードが書いてあったりして。
そのくせ、食べてるのに体重変化無し。(←このへんも一目で分かる、ホントに見やすいんだよー)
「赤ちゃん成長期なのかなあ?」なんて読み進めると、しばらくして胎動が活発になってきたとの表記があり。お!…おおおおおお~成長したーww
この調子で、出産後は子育て日記として「こそだてちゃん編」へ続きます。

どちらもタレント本としての要素は非常に少なく、
(しいていうなら各々仕事復帰のくだりは「お~、芸能人ですねー」と思うエピソードが出てくるけれど)
一個人として母親になった女性が、感動したり悩んだり混乱したり泣いたり笑ったり…日々「はじめて」に遭遇しながら奮闘する気持ちが飾り気のない言葉で綴られています。
出産・子育て・子供の成長と親の成長は、言うまでもなく個人差がありますし、正解や不正解もあってないものだと思います。
だから
比較はしないで下さいね。
育児書でもありませんよ~
あくまでも、彼女と彼女の家族の場合として。
ご興味おありでしたらお手にとってみてください。
どちらもN24の嫁本コーナーにて、ご自由にお読みいただけます◎

  1. 子供・赤ちゃん関連情報
前のページ 次のページ