cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

大人だって魔法にかかる∴゜

  1. 2013/06/13(木)

日に日に街が花で溢れていきますね。
クロッカスや水仙に始まった札幌の花便りも、もう菖蒲・杜若の時期。
お庭一面に咲いているお宅もあって、ついつい見入ってしまう様ww
群青と紫のコントラストに黄色や白の差し色がキリッとして、何とも美しい花です。

そういえば、
(1)「しょうぶ」(漢字で書くと「菖蒲」)
(2)「花菖蒲」
(3)「あやめ」(漢字で書くと、これまた菖蒲)
(4)「かきつばた」(杜若)
↑この4種類って見分けが難しいですね。
それでも「しょうぶ」はサトイモ科で、他の3種類とは葉が似ているだけの全く別物だそう。花なんて似ても似つかないらしいのですが。
問題なのは(2)~(4)で、その全てがアヤメ科アヤメ属ときたもんだ!
そりゃあ似ている訳ですよヾ
科目も属性も一緒なんて、素人にはお手上げです。
それでも3種の簡単な?見分け方がネットに出ていましたよ。

●「花弁の根元のところに黄色い目の形の模様」がある→花菖蒲
●「花弁の弁の元に白い目型の模様」がある→杜若
●「花弁の元のところに網目状の模様」がある→あやめ

…と紹介されていました、が。
植物って個体差ありますしね~、白黒ハッキリとは、なかなか???
他にも開花時期や丈の長さ、花の大きさで分かるそうです。
それでもやはり最後には「品種を特定するのは難しい」との一文が。
うん、やっぱりそうだろうな~

一方、住宅地でふと目線を変えると、この街は何とツツジの多いことか!と驚きますよね。
いたる所でツツジが咲き誇っていますものww
色は大体2系統のバリエーションを良く見かけますね。
勝手にカラーチャート考えてみましたが、種の進化上、この並び順が合っているのかは謎。

●白─薄紅─紅─ショッキングピンク─赤─赤紫
●白─レモン色─パイン色─オレンジ─朱

加えて、たまに花弁にグラデーションで違う色が入っている固体を見かけたりしてドキッとさせられます。
パイン色に朱色の線が入っていたりすると、なんかその花の周りだけ南国っぽい

ちなみに、ツツジの中で私が一番好きな色は「パイン色」の単色
ここにご紹介するのに正式名称を調べてみたのですが、植物の世界は奥が深すぎて安易に断定できず。
黄レンゲ…で良いのかしら??謎です。



このツツジを見ると、必ずパインジュースを飲みたくなる私。
もう一段階濃い色のツツジを見ると、夕張メロンピュアゼリーを食べたくなりますヾ
私にとって黄色は果物の色なんでしょうかね~苦笑

そして今度はハタと気付くのです。
「ツツジとサツキの見分け方は????」と。
嗚呼、しょうぶ・花菖蒲・アヤメ・杜若のお悩み再び…ですねゞ
何だか今日は、草花を通して子供の頃のように「なぜ?なに?」の魔法、久々にかかった気がしますww
日頃は時間に追われ曖昧になっている事も、こうやって考えを広げていくとその範囲は庭木にとどまらず、きっとより多くの事に興味と探究心を持って接する事が出来るのでしょうね。
ま、今日のところはひとまず花弁の根元説を胸に、アヤメ科アヤメ属の皆さんの「名前当てゲーム」をしながら住宅地を歩いてみようかな?

ちなみにコチラは子供の頃、見る度に色々な空想に浸った花「スズラン」↓
この花には時として小さな妖精が住んでいたり、風に揺れて素敵な音を奏でたり…
でも今、ふと気付く。「この花の咲き始めってあんまり覚えてないな」
スズランはツボミから開花するまでって何日ぐらいかかるんだろう???
なぜ?なに?
魔法はまだまだ切れそうにありません。笑






  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

臨時休業日のお知らせ*

  1. 2013/06/12(水)

都合により、

6月16日(日)臨時休業
6月17日(月)定休日

と、させて頂きます。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒宜しくお願いいたします。

店主

  1. 休業・営業情報

「ほ。」+ちょこっとお楽しみ*

  1. 2013/06/11(火)

最近、N24店頭の黒板に、ちょっとしたお楽しみを書き添えていますww
例えば先週末の黒板はコチラ↓

moblog_9af1ed06.jpg

週末はマスター画伯のライラックとチューリップで、華やかな黒板になっていました
もうすぐ開花時期が終わるそれぞれ、花の時期を名残惜しんでの登場でしたが、結構足を止めてご覧下さる方がいらして嬉しかったですww
見てくださった皆さん、ありがとう御座いました!

moblog_7dff2476.jpg moblog_85ad472c.jpg

ちなみにこのチョーク絵は当初鮮やかな色使いでしたが、南からの日光に焼かれて、時間とともに色が退色していったそうですヾ
恐るべし札幌の日差し!!!!

一方、週が明けて日中の半袖姿がすっかり定着した札幌。
ていうか、暑いです…日差しが痛いです…
こんな暑い日差しの中でついつい涼を求め、週の幕開けはこんな黒板にしてみました~
マスターの「ほ。」に私がイラストを書き添えて、シャボン玉です~www

moblog_4df0515c.jpg

ちょっとは涼しい気分になれれば…と思ったのですが、いかがですか?笑
昼間の日差しは本当にキツイけれど、こんなに透き通った空ですから、シャボン玉をすればさぞ綺麗に輝くことでしょうね

これからも、時折ちょっと楽しい黒板をご覧に入れたいと思いますww
通りすがりの「ほ。」、どうぞお楽しみになさって下さいね



  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和

飛行船から、「魔女の宅急便」*

  1. 2013/06/09(日)

飛行船を見ました。6日の10時頃だったかな。
飛行船見たの、久しぶりですww
同時刻にご覧になった方、いらっしゃいますか?

moblog_a1d74d72.jpg

この飛行船は宣伝広告として飛んでいたのかしら、それとも何か別の用途で???
(…といっても、別の用途って何だろう。報道?観光?…謎だ~)
子供の頃は飛行船とかアドバルーンとか今より頻繁に見掛けていた気がします。
空中広告ってどれだけの人の目に付くのかな?って思うけれど、結局自分も気付いているのだからある程度人目に留まるのかもしれませんね。
それにしても飛行船って進むの早いです!
気流を渡り歩く気球とは違って、飛行船は「自力で進むぞー」って感じの強固な意志を思わせます。笑
空の旅はそれぞれの乗り物にそれぞれの良さがあって、昔から羽ばたく夢を持ち続けている人間ならではのドラマを感じますね~ww

moblog_4ff4c8ba.jpg

ところで、そんな『飛行船』と聞いて、私がすぐに思い浮かぶ物語はコチラ↓
「魔女の宅急便」シリーズww
1巻に登場する飛行船のシーンは、主人公キキが心の中の壁を乗り越える瞬間を見事に描いている重要な場面です。
(余談ですが、2014年の春には「魔女宅」実写映画が公開されるのだそうですね

moblog_a094928b.jpg

「魔女の宅急便」はスタジオジブリの宮崎駿監督が映画化したことで爆発的に有名になりました。
原作は全6巻の物語、主人公のキキが女の子から少女へ、そして一人の女性・母親へ成長していく様子が描かれています。
N24には文庫版で1~3巻までのお取り扱いがありますが、これはN24が開店した当時、福音館書店に文庫版は3巻までしか在庫がなかったからで、現在は文庫版でも全6巻が発刊されています。
ところでこのシリーズ、挿絵を担当なさった方が各巻ごとに違うのは皆さんご存知ですか?
1巻の挿絵は「あの」林明子さん、2巻は広野多可子さんで、3巻~6巻までは佐竹美保サンが担当。
林明子さんは筒井頼子さんとの姉妹製作作品「はじめてのおつかい」「あさえとちいさいいもうと」等で有名な絵本作家サンで、N24蔵書としては「でてこい でてこい」や「おいていかないで」があります。

■過去のブログ記事「でてこい でてこい」へ→GO!
■過去のブログ記事「粘り勝ち!下の子*」(おいていかないで)へ→GO!

moblog_f19e5136.jpg moblog_d30245a7.jpg

又、佐竹美保サンは「魔法使いハウルと火の悪魔」(スタジオジブリで「ハウルの動く城」として映画化されました)の挿絵が有名ですが、N24蔵書としては「盗まれた記憶の博物館」があります。

「魔女の宅急便」は物語を追うだけではなく、3人3様の挿絵を見比べながら、それぞれの「キキ像」を追いかけてみるのも楽しいかもしれませんww

かつて「女の子」だった皆さん、そのとき貴女の周りにトンボはいましたか?
かつて「男の子」だった皆さん、そのとき貴方の周りにキキはいましたか?
いま、キキでありトンボであるキミ、───────君のそばにジジはいますか??

絶対オススメ!! 
「魔女の宅急便」作者・角野栄子サンのとっても素敵なホームページです↓
キキとジジの交換日記もありますよ
■角野栄子サンのホームページ→GO!



  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和

臨時休業日のお知らせ*

  1. 2013/06/08(土)

都合により、

6月16日(日)臨時休業
6月17日(月)定休日

と、させて頂きます。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒宜しくお願いいたします。

店主

  1. 休業・営業情報

試作品→合格品→激オシ品!の予告編*

  1. 2013/06/07(金)

今回は、もうしばらくしたらN24に登場する予定の新メニューの予告編です。


実は少し前から、マスターとメニューのリニューアル計画を話しておりまして。
メニューブックを新しく作り直そうとか(←嫁担当)、商品(主にドリンク)のバリエーションを増やそうとか(←マスター担当)…
そんなこんなでマスターは日々新しいドリンクの試作開発を進めていたのです、が!
遂にその新しいN24の仲間達がベールを脱ぎまして、「試作完成品」として私の目の前に現れました~ww

数種類あるNEWドリンクの中から今日はちょっと先駆けて、「嫁イチオシ」…いや、「嫁ゲキオシ」のコチラをチラッとご紹介しチャイまーす

こちらでーーーーーす↓


ん? ん?? んん?????

何が新しいのかって?
HOTのコーヒー牛乳かロイヤルミルクティーだろうって???
んっふふ~ん
ちょっと違うんですよ、写真では分からない違いがあるのですよww
私は最初にこれを飲もうと「した」時に、ちょっと強いんじゃないの?って思いました。
あ、アルコールのドリンクではないですよww
でも飲んでみたらゴクゴクいけて、飲み終わってもずっと心地よい残り香が自分の中から…で、ビックリ!
そして次の日また飲みたくなっちゃって、実はマスターにお願いしてもう一回作ってもらっチャイましたヾ

そういえばマスターはコレを作る時、思いっきりアルモノを砕きます
例えば時代劇で縁側に座って薬草や木の実をゴリゴリ挽いてるような、あんなイメージ。
あくまでも「イメージ」なんですが。
その姿を見ていたら、何だか唐突に上橋菜穂子さんの「精霊の守り人」シリーズに出てくる、薬草師のタンダを思い出しチャイました。
マスターに「これ、タンダが作ったら一層美味しそうだねえ」なんて言ったら、すかさず時代考証ならぬ設定考証が入りましてヾ
うーん、設定考証的にはコレとはちょっと違う世界観だそうですが。

さてさて、
このNEWドリンクの名前、お分かりになりましたか??
ご注文頂けるのはもう少しだけ先になる予定ですが、どうぞ楽しみに期待していてくださいね

ちなみにコチラが↓上橋菜穂子さんの「精霊の守り人」シリーズ。
本の状態と出版社がN24で中心になっている岩波・福音館とは違ったので、今はまだ店頭にお出ししていません。
ゆくゆくは自宅蔵書からN24に移るかな?という見込みですが、具体的な時期は未定です。
もしご興味おありでしたら、ご用意まで若干日数頂くと思いますが、ひとまずマスターまでお声掛け下さい~

moblog_174c44a3.jpg



  1. メニュー情報

三面個展*

  1. 2013/06/06(木)

先日、出展されるご本人自らがN24にお運びくださりお預かりしました。
今日は個展のご案内です。


IMG_0002_convert_20130607124527.jpg

タイトルの表すとおり、及川鑑治さん・村上恵実さん・類家麻由子さんという三人のアーティストによる個展だそう。
実はワタクシ、各々方の活動ジャンルを的確に文章説明できる知識を持ち合わせていないもので、本当にもどかしいのですが、先ずは改めて活字で会期のご案内です。




及川鑑治・村上恵実・類家麻由子による三人展です。
皆様のご来場をお待ちしております。

●日程 2013年6月20日~2013年6月25日

●時間 10:00~19:00 ※最終日は18:00まで

●開催場所 アートスペース201
       住所札幌市中央区南2条西1丁目7-8
       山口中央ビル5・6階(事務所7階)

●場所問合せ アートスペース201 011-251-1418

●入場無料



御三方の活動内容や経歴などご紹介できればと検索してみたのですが…ごめんなさい、こちらも思ったような収穫が得られずで。
ただ、クリエイターが創る「日めくりカレンダー・日めくりアート~himekuri ART」の2011年版に類家麻由子さんの作品と思われるものが入っていましたので、リンクはらせていただきますねww

■日めくりカレンダー「日めくりアート~himekuri ART」2011.10.22 類家麻由子→GO!

加えて及川鑑治さんの情報としては、高校時代の及川さんを教えておられた?と思われる美術教師・上野先生のブログ記事を発見。
その中に、及川さんの作品を絶賛しておられる記述を見つけましたので、コチラもリンクはっておきます~
何とも面白い空気のある作品で、私も結構見入っちゃいましたww

■高校で美術を教えている上野先生のブログ「Art-M@ndar」より、「一本取られました」→GO!

村上恵実さんを知る情報も、何かないかと探していたのですが発見できず…
ごめんなさい
村上さんの作品を探しながら、上野先生のブログを色々見ていたのですが。
いや~この先生の居る(居た、なのかな?更新が2008年7月で止まっているので今のご様子は分からないのです)学校の生徒さん達、美術のレベル高いですなー
高校生ってこんな作品を授業や部活で作るのか…
本当にビックリしてしまいました!
ひょんなことがキッカケで一方的に存じ上げる事となりました上野先生のブログですが、皆さんももしご興味おありでしたら伺ってみてください

■高校で美術の教師を勤め、個人として日本画の制作を行っている、上野秀実先生のブログ→GO!



  1. イベント情報

藤学園の、藤とライラック∴゜

  1. 2013/06/05(水)

いよいよ藤の房が札幌の風に揺れる季節となりましたね!
藤の花、大好き~

いつもN24でお世話になっている厨房用品の「ナカタ」さんに立ち寄った後、たまたま藤学園の脇を通りましたら、南西の通用門から五分咲きの藤の花が手招きしていましたよww

moblog_e5b6e29e.jpg

ついつい近寄ってパチリ…
moblog_93996fd9.jpg

ここの藤棚の造り、上品で素敵ですよね

この藤学園は、北海道で唯一の4年制女子総合大学「藤女子大学」と同大学院を中心に、幼稚園(共学)・6年間一貫教育の中学高校(女子校)が併設されている、1925年創立の私立学園。
札幌では「藤女子」や「藤」と呼ばれ親しまれています。
余談ですが、歌手の中島みゆきサンの出身校としても有名だそうですよww
創立者がカトリック札幌教区初代教区長のヴェンセスラウス・キノルド司教であった為、そのカトリックの精神は今も息づき、構内には白く輝くマリア像があったり聖堂があったり。
全体的に楚々とした爽やかな女性の印象を受けます。
そんな藤学園の片隅にある藤棚は、棚の下がちょっとした小道のようになっていて、脇にガーデンチェアを置いて紅茶を頂きたくなるような雰囲気です

そういえば、敷地内に一般人も通り抜けできる道があると聞いていたので、思い切ってお邪魔してみました…
こんにちは~
moblog_ef947fc4.jpg

ん?この↓案内表示は確か「札幌北区歴史と文化の八十八選」
この構内にもなにかあるのかな?
moblog_c4d9a634.jpg

お!いかにも歴史的な可愛い建物を見つけましたよ~
moblog_95d94e44.jpg

この建物は通称「たまねぎ塔の校舎」や「キノ館」と呼ばれていた、旧校舎を再現した建物だそうですよ。
北大構内にもこの建築テイストを感じさせる建物がありますが、本当に可愛らしいww
しばらく進むと構内の案内板がありました。

moblog_d7857828.jpg

先ほど私が外から見た藤棚は、西3丁目通りと北16条通りの交差するあたりにありました。
旧校舎を再現した建物は南門の脇に。
この日は南門から入って北門まで抜けさせていただいちゃいましたヾ
そのまま敷地沿いに北17条通りを進んでいましたら、目の前の「藤幼稚園」のライラックが素晴らしい!!!
房の大きさ・花の付け方、見事です
越冬の仕方が良かったの?それとも土?日当たり?水???
いずれにしろ、お手入れされている方の心配りを感じましたww

moblog_132c8237.jpg
あああ~…贅沢な天然の香りライラックの下は幸せの場所ですねww

藤学園さん、可憐な時間をありがとう御座いました!
N24に帰ったら、何か女の子主人公のお話が読みたいなーーー笑

■藤女子大学HP→GO!



  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

アンサンブルグループ「奏楽(そら)」演奏会*

  1. 2013/06/04(火)

6月に入り、札幌はいよいよイベント盛り沢山の初夏シーズンに突入しましたww
N24のインフォメーションコーナーにも沢山のイベント情報が続々と届いていますよ~
その様子はN24ブログでも、開催日の順を追ってご紹介していきますね

さてさて、本日のイベント情報はN24のお隣「札幌サンプラザホール」で開催の、コチラの演奏会です♪




アンサンブルグループ「奏楽(そら)」
第5回・モーツァルト協奏曲連続演奏会


日時:2013年6月16日(日)15:00開演(14:30開場)

会場:札幌サンプラザホール(北区北24条西5丁目)

曲目:(すべてモーツァルト作曲)
    セレナーデ第9番「ポストホルン」より ロンド(フルートソロ:立花雅和、オーボエソロ:岡本千里)
    ホルン協奏曲第2番 変ホ長調(ホルンソロ:上田博美)
    ピアノ協奏曲第14番 変ホ長調(ピアノソロ:森希美)
    ピアノ協奏曲第15番 変ロ長調(ピアノソロ:中山真梨子)

入場料:一般 2,000円、学生1,000円(全席自由)
    ※奏楽事務局のほか、大丸プレイガイドにて取扱い
    (チラシに掲載してあるヤマハプレイガイドでは現在お取り扱いしておりません。)

後援:札幌市、札幌市教育委員会、北海道新聞社、(公財)道銀文化財団

助成:公益財団法人 太陽財団



と、言うわけで!
とにかくモーツァルト尽くしの演奏会は、奏楽のもはや名物ですねww
今回はモーツァルトがウィーンで活躍していた時期の作品に加え、管弦楽のアンサンブル作品も初めて登場との事。
前回までの雰囲気とはまた違った演奏が楽しめそうですよ。


ここで、今回初めて「奏楽」を知ったという方の為に、簡単な活動内容をご紹介しますと。
「奏楽」は札幌および近郊在住の若手演奏家と、札幌交響楽団・首席オーボエ奏者 岩崎弘昌氏によって2008年春に結成された演奏団体。
メンバーを固定せず、管弦楽器・ピアノ・声楽等様々な楽器の若手演奏家が集っていることが大きな特徴で、結成以来これまでに50名以上の演奏家が奏楽の活動に携わっています。
さらに社会と密に関わった活動を展開していくため、NPO法人の認証申請を行い、2012年9月に認証および登記が完了しました。  
そんなメンバーの皆さんは、

① 子供たちのための演奏
道内各地の小学校、幼稚園等で音楽教室やミニコンサートを開催。
夏休みには親子向けの演奏会を、又、お話つきの演奏や、子供たちにじかに楽器に触れてもらうなど、音楽に親しんでもらう機会を作っています。

② 施設や病院での慰問演奏
2011年10月・2012年9月には岩手県太平洋沿岸各地を訪問し、公民館や小学校などで演奏会を開催。
仮設住宅やボランティアキャンプへの出前演奏も行いました。
音楽による被災者支援の演奏活動を行っています。

③ 自分たちのスキルアップのための演奏

の、3つの柱を軸に道内外の各地で演奏活動を行なっているそうです。
場所は時計台ホールを中心に、札幌市・旭川市・北見市など道内各所で、歴史的建造物や集会場などをはじめとする様々な場所で演奏活動を重ねていらしたようですよ。

(以上のご紹介文は、一部を奏楽ホームページより抜粋させて頂きました。)

■アンサンブルグループ「奏楽(そら)」の詳しい活動内容はコチラ→GO!

古典派音楽の代表といわれているモーツァルト。
彼が「25歳の若き音楽家」として活躍したウィーン時代の曲を、同じく「奏楽」の若き演奏家の皆さんがどんな音色で・どんな表情を奏でるのか、楽しみですね!
加えてソロもオーケストラも指揮者無しで挑む面白さww
ソリストとオケメンバーの熱意と意気込みが随所からにじみ出ています。

皆さんもサンプラで、奏楽メンバーさんの奏でるモーツァルトの音玉を、転がすように楽しんでみませんか。



  1. イベント情報

子供の目あるき*

  1. 2013/06/02(日)

5月上旬の事だったと思う。
北大の「北部食堂」と「都ぞ弥生の石碑」と「野球グラウンド」、この3点に囲まれた小さな林の中に、ほんの数10歩分け入ってみた事があった。
丁度、雪が殆ど溶けて地面がようよう乾いた頃。
まだ背の高い草は生えていなくて、小さな緑たちが冬の眠りから覚めた頃。

休日は、時として街に出て大人然として過ごすのだけれど、時として子供の頃やった事を反芻してみる。
この日はその、後者だった。
林にほんの数10歩分け入ったその先の世界では、かつて子供だった自分が笑顔で手招きしていた。


最初はね、秘密基地を探して。
ずんずん歩く。
 


そのうち、アリスがウサギを追いかけていた。


ああ!このキノコ知ってる!読んだことがあるもの。
きっとイモ虫が近くに居るに決まってる…
moblog_aac76e5e.jpg

イモムシ「お前は誰だ?」
アリス 「私、今のところ良く分からなくて…
     今朝、目がさめた時に誰だったかという事は分かるんですが、
     それから何回も何回も変わってしまったもので…」
 
イモムシ「一体どういう事だ!よく分かるように説明せんか!
アリス 「自分でも説明できないんです。私、私でないものですから。
     1日にあんなに何回も大きくなったり小さくなったりしたら、訳が分からなくなっちゃうわ。
     あなただってそのうちサナギになって蝶になる時は、きっと何か変だなと思うでしょう?」

イモムシ「そんな事はないね」
アリス 「あなたはならなくても、私だったらなるわ」
イモムシ「私だったら、だって?じゃあお前は誰なんだ!」


見える?見えない?
  見える?見えない??
     見える?見えない??
この不思議な模様は、きっとチェシャ猫のいたずらなんだ。
moblog_3ff6301d.jpg moblog_95ac6b66.jpg


今度は、こんなところに森の妖精のタクトを見つけた!
いつの間にか妖精の森に迷い込んだ。
moblog_1016beee.jpg

この黄色い花は…ティンカーベル!
あなたがココに居るって事は、ピーターパンも近くまで来てるの?
moblog_543e989c.jpg

この青い花を辿って行けば、きっとネバーランドに辿り着ける。
moblog_20938a83.jpg

青が濃くなってきた、いよいよネバーランドなんだ!
moblog_065194d9.jpg

…これは?
moblog_73a12470.jpg

ああ、きっと迷子達の忘れ物。
今日はこれを木の下に隠して帰ろう。
明日来た時には、なくなっているかも知れない…



  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで
前のページ 次のページ