cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

夏期休業日のお知らせ*

  1. 2013/08/11(日)

都合により、

8月12日(月)営業 12:30~19:30(ラストオーダー19:00)

8月13日(火)~8月19日(月)夏期休業

と、させて頂きます。


お客様には御迷惑をお掛けしてしまい申し訳御座いません。
何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。      店主



  1. 休業・営業情報

マスターお手製の…*

  1. 2013/08/11(日)

N24の客席と厨房を仕切るスイングドア。
このスイングドアが可愛くリニューアルしましたーー



実はこのスイングドア、カウンター席と同じイメージでマスターが作ったマスターお手製です!

火曜日からの夏期休業では、こんな感じで店内のお手入れもしたいと思っています。
1週間の連休はN24始まって以来初めてですが、今回はあれこれのメンテナンスを含むお休みです。
皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、どうぞ宜しくお願い致します



  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和

「cafe & tableWare Bene」さん、おめでとう!!∴゜

  1. 2013/08/10(土)

N24の「スコーンセット」でお出ししているスコーンを焼いて頂いている「cafe & tableWare Bene」、通称「ベーネさん」ww
その、ベーネさんが得意としている商品の1つに「アイシングクッキー」というお菓子があります。
しっかり焼きしめたクッキーの上に「アイシング」という技法でカラフルなイラストを描き仕上げていくこのお菓子、1ヶ月近く日持ちがするので「飾って楽しみ・食べて楽しみ」2度美味しいのが特徴です
ベーネさんの「アイシングクッキー」作品の中で、私が特に好きなデザインは、あえて言うならクリスマス時期に登場した大作「雪の結晶」¥850
現物を拝見したこともあるのですが、思っていた以上に大きい手のひらサイズ。
本当に緻密に細かくアイシングが施されていて…見惚れてしまいました

■ベーネさんの過去ブログより、アイシングクッキー「雪の結晶」の載っている記事へ→GO!

加えてベーネさんでは、オーダーでオリジナルのアイシングクッキーを焼いて頂くこともOK
絵柄はベーネさんにお任せして好きな文字を入れてもらったり、デザインから完全フルオーダーで作ってもらったり…

■フルオーダーのアイシングクッキーとは?!その驚愕の再現力を見るならコチラ→GO!

さて、
そんな凄い技術力を誇るベーネさんのアイシングクッキーですが。
なんと昨日より!札幌駅paseoの地下1階にあります生活&インテリア雑貨のお店「タバサ」さんでの販売が始まりましたー!!!!!
「cafe & tableWare Bene」さん、
おめでとう御座います


paseoの「タバサ」さんは私も良く覗くお店で、特にポストカードのコーナーがお気に入り
今回タバサさんでお取り扱いがスタートしたアイシングクッキーは、タバサさんの自然な雰囲気に合わせて「いつものアイシングクッキー」よりシンプル&ナチュラルなデザインの、淡色で優しい仕上がり
クッキーはギフトに沿えても可愛いメッセージ入りで、価格は300円台~500円台ですww

■「タバサ」さんの店舗情報はコチラ→GO!

と、言うことで。
そのお祝いを御伝えしつつスコーンを受け取りに、ベーネさんへ伺って来ました~
↓場所は北13条東1丁目


↓北隣の区画には「食器と厨房のプロショップ・ナカタ」さんがあります。


お車でお運びのお客様は創成川通からだと北側からの一通で、旧道のバス通りからだと両方向から進入できますよ。

↓コチラは創成川通からの入口


↓ベーネさんの目印です


このビルは背の低い3階建て。
外からの入口にはスロープがついているバリアフリー設計ですww


入ってすぐの1階左手がベーネさん。


「こんにちは~」


お!早速正面の販売コーナーにアイシングクッキーを発見しました
今日はどんな柄が並んでいるのかな???



この日のアイシングクッキーは、↓コチラのポップで可愛いフルーツ柄と…


↓細かい細工のメッセージクッキーセットでしたよ~


↓クッキーの近くには手作りジャムもありましたww


↓ジャムがあると言う事は、パンだってあるのです


↓でも私はやっぱりクッキーに目がいっちゃいますゞ


ベーネさんの店内は、焼き菓子など食品の販売コーナーと、オーナーさんがセレクトした食器や布小物などの販売コーナー、そしてカフェの3つのゾーンに分かれています。
食品は日によって販売している種類が違います。
「今日は何かな?」なんて覗いてみるのがいつもの私流(笑)
ちなみに、私がN24で愛用しているエプロンもベーネさんで頂いた物なんですよ

■過去のN24ブログ「エプロン*」へ→GO!

それぞれ新商品の入荷情報や臨時休業のお知らせはお店のブログで随時更新なさっていますので、皆さん是非チェックしてみて下さい

■「cafe & tableWare Bene」WEB→GO!
■ベーネさんのブログ「motto Bene」→GO!

皆さん、創成川通を通られる機会ありましたら、是非ベーネさんへもお立ち寄りくださいねww


「cafe & tableWare Bene」

札幌市東区北13条東1丁目1-15Nビル1F
地下鉄東豊線 北13条東駅 徒歩1分(P7台)

Tel&Fax 011-721-6855

営業時間 11:00~19:00
定休日  月曜日
お盆休み 8月12日~15日




  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

豪華客船「飛鳥Ⅱ」と、偶然の遭遇∴゜

  1. 2013/08/08(木)

7月最後の定休日の事です。
2人でこの鐘のある港町へブラリ散歩をしてきましたww



そう、小樽です




あいにくの天気も、ここ小樽では何だか良い風情。
本来だと大本命の小樽文学館は残念ながら休館日でしたが、トンボ玉作りを見学したりお蕎麦を食べたり。
当然運河の散策も忘れませんよ~
南側から北側まで運河をきっちり歩いて、小林多喜二の「工場細胞」も体感。
そしてそのままちょっと埠頭区域へ。
埠頭の案内看板を見てみましたら第2埠頭だけは一般人も立ち入れるようで、折角なので埠頭の突端まで行ってみました。
途中、まるで刑事ドラマのワンシーンか特撮ドラマを思わせる倉庫の脇を抜けて、雰囲気ノリノリで湾の見えるところまでと歩いて行きましたら…
ん?船が見える…



「何だか随分大きそうな客船だね~」とマスター。
うん、確かに大きいなあ。



マスター「…何だか、こっちに来てる、よね?」
わたし 「そ、そうだねぇ…」

ちょっと焦る私達ヾ



え?え??え????
お尻にはしっかりタグボートも付いて来てる!!



て事は、もしかして
この大きな船は今まさに
この第2埠頭の横(脇)に入港している?!!!




気付けば周りは「本気カメラ」を携えたギャラリーであふれています!
続々と車が到着、皆さん三脚装備で写真ガンガン撮っておられます



キタ─────!!
お…大きい!!何だこの船は




船名が見えました。その名は…飛鳥Ⅱ…
日本が誇る超豪華客船です




↓偶然の出会いに感嘆の声を発しながら見ているマスター。


↓そんなギャラリーが押しかける中で、1人黙々と仕事をする「職人」タグボートの「たていわ丸」。


↓大きな大きな「飛鳥Ⅱ」のお尻を、脇から一生懸命押して押して
向こうの埠頭に接岸させようとメチャメチャ大奮闘
なんだか「おおきなカブ」を見ているみたい
うんとこしょ どっこいしょ それでも船は真っ直ぐになりません!
うんとこしょ どっこいしょ…


「たていわ丸」が仕事を終えた頃にはあたりはすっかり真っ暗に。
小さい体で頑張る「たていわ丸」が、何だか大好きになっちゃいましたww

「飛鳥Ⅱ」の写真を撮っておられた方にお話を伺いましたら、その方は「飛鳥Ⅱ」をずっと追って写真を撮られているそう。
この時期の「飛鳥Ⅱ」は「夏の北海道・サハリンクルーズ10日間」で、横浜~函館~コルサコフ(ロシア)~稚内~小樽~横浜の旅の最中だったそうです。
ところが稚内で停泊中に天候の悪化が予想され、やむなく時間を繰り上げて稚内港を出港。
昼間に小樽港へ移動して19時過ぎに無事入港となったようです。
この昼間の航海はその方曰く大変珍しいそうで、「日のある時に小樽港に入ってくるのが見れるのは大変貴重」なのだとか。
「このまま明日の午前中までこの船は小樽に停泊するんだけど、朝日に照らされる船体はとても美しいんですよ」とのお話も伺いました。
小樽港は朝日の差し込んでくる方角と船の停泊位置との相性が良いそうです
その他にも、私達の知らない船の知識を沢山教えて頂いて、何だか一気に飛鳥通になった気分(←あ、シャレになってる!苦笑)ww
夜の黒い海に浮かぶ「飛鳥Ⅱ」はまるで宝石箱みたいで、その場でずっと眺めて居たくなる美しさでしたよ~

あの立派な客船は、今頃どの海を旅しているのかな…





  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

夏期休業日のお知らせ

  1. 2013/08/07(水)

都合により、

8月12日(月)営業 12:30~19:30(ラストオーダー19:00)

8月13日(火)~8月19日(月)夏期休業

と、させて頂きます。


お客様には御迷惑をお掛けしてしまい申し訳御座いません。
何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。      店主

  1. 休業・営業情報

帰る人、帰って来た人∴゜

  1. 2013/08/06(火)

夜9時すぎに、用足しを終えて札幌駅。
日常生活の中で帰路についている人達に混ざって、大きな荷物の人達も。

帰る人達、どうぞお気を付けて。良い道中を。

帰って来た人達、よく帰ってきたね。おかえり、オカエリ




「夏の間は実家に帰るので、N24に行けなくなるのが寂しいんですよね」そんな言葉をポロッと呟いて下さったお客様。
「しばらく田舎に行くので、今日は私なりのフルコースで思いきりね!」と笑いながらオーダー下さったお客様。
「今日は2人で来ました~ww」と、札幌を訪ねて下さった方とお越し下さったお客様。

札幌駅でふと、そんなN24帰省組?の皆さんのお顔を思い出しながら。
ああ、夏休みだなぁ
ああ、お盆が近いんだなぁ…と。

昼間聞いたセミの鳴き声が、聞こえてきたようでした。



  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

残り数週間の夏、すいか、そして嫁の旅本∴゜

  1. 2013/08/03(土)

札幌、今日も夏日ですね。



昨日自宅にて、夕食後に食べました。
今年初スイカです



お、甘い!




そういえば、以前「すいか」というドラマが放送されていました
ご存知の方いらっしゃいますか?
私はこのドラマの「何か」が好きで、夏になると毎年見てしまいます。
何が、好きなんだろうな…
今思い返してみたのですが、正直それが具体的に「何」なのかハッキリとは分からないのです。
キャスティングが好きなのか、演出や音楽が好きなのか、舞台になっている町の「関東の下町感」が好きなのか、それとも夏のジーワジーワした感じか、夕暮れ時の朱い感じか…うーん
私が好きなのは、それら総体的に作品の持つ雰囲気なんだろうか???
いや、もしかしたらこの作品の持つ独特の「間」なのかも…

この記事を書くにあたって検索してみましたら、まだ「すいか」の公式WEBが残っていましたww
何だか嬉しい↓
■ドラマ「すいか」公式WEB→GO!

この「すいか」はもう10年も前の夏ドラマですが、こうやってWEBページが残っていたりして、未だに根強いファンの方が居られるようですねww
あ、私もそうなのか。笑
そうそう、物語の中で娘が父の想いを知るポイントに「ナルニア国物語」の岩波書店ハードカバー版が出てきたりしてました。
あのタイミングで岩波の児童書を、しかもハードカバーで出してきた演出は嬉しかったなー

今期の夏ドラマでいえば「パンとスープとネコ日和」の空気感がね、何だかいいかも…と思っています。個人の感触ですが。
今後の展開に期待しつつユルユル見ています。

↓キャストの皆さんが「すいか」の時とちょっとかぶっていました
■WOWOW「パンとスープとネコ日和」公式WEB→GO!

「パンとスープとネコ日和」は、まあ個人的にはちょっと同業の友人の日々を見ているような?面白い感覚もあったりするのですが。
私は以前から原作者の群ようこサンの本が好きだったので、このドラマが始まると知った時も「お!」と言う感じで。

ちなみに、プライベートでは群サンの本を、気分転換する時の読書や外で本を読む時に重宝しています。
長編小説よりも短編やエッセイが好きなので、小さな文庫本をカバンに入れて、出先でスラッと読むのが好み。
気取らない語り口の「群本」はそんな気の置けない読書にぴったりです。
N24では今「嫁本コーナー」で「世界を旅する本特集」をしていますが、実は「旅」にちなんで群サンの旅エッセイを3冊だけ置いています。
こちら↓
moblog_a6f87543.jpg

この3冊はどの本もアジアの旅日記で、香港・韓国・バンコク・上海・台湾・北京…
様々な都市で、新潮社の編集チームと群サンを囲む友人作家の面々御一行が大騒ぎの珍道中を繰り広げるという。
その臨場感たるや、今自分もその一行の一人としてドタバタとアジアを闊歩しているかのように感じられます。
さすがエッセイに定評のある群サン著。

嫁本コーナーのテーマ「旅」は熱い季節の間を考えていますので、もしかしたらあと数週間かな?
メインにあげているのはライトな「目で楽しむ」旅本ですが、群サンの「文字で楽しむ」旅本もどうぞチェックしてみて下さいね

  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和

マスターも大注目!北大マルシェ!*

  1. 2013/08/01(木)

先日、N24に大変奥深いイベントのお知らせをお持ち頂きましたww
今回は百聞はなんとやらで、皆さんにもドンドン御覧頂きましょう!こちらです!!

どーーーーーーーん!!!!!
IMG_0001_convert_20130729002609.jpg
IMG_0002_convert_20130729002814.jpg

その名も…
北大マルシェ 2013~北海道再考~です!


そしてそして!
次に是非、この北大マルシェ関連のWEBサイト達を御覧下さい

■「北大マルシェ2013」公式WEB→GO!
■「北大マルシェ2013」twitter→GO!記事構成が楽しいで賞
■「北大マルシェ2013」facebook→GO!記事構成が楽しいで賞

更に更に!
過去のマルシェの様子をレポートした動画が「地域拠点型農学エクステンションセンター」さんにありました
かなり雰囲気伝わってきてワクワクしますよ~WWW

■「北大マルシェ2010」の様子をレポートしている動画→GO!
■「北大マルシェ2012」の様子をレポートしている動画→GO!


…と、言うわけですよ!皆さん!!!
このイベントが北大で開催される事を、
北大近くで「食」に従事する人間として誇らしく思います。



いや~、たいしたイベントをするもんだ!
イベント主催は「北大マルシェ実行委員会」。
この実行委員会は北大農学院の学生さん方が主体となって、北海道大学・酪農学園大学・帯広畜産大学の3大学の連携で組織され、それは文部科学省の戦略的大学連携支援事業の一端でもあります。
とにかく何よりこのイベントが大学の授業の一環であると言う事、それがまた驚きです。
生産者と消費者をつなぐ場所作りを学生の企画と運営力で提供して、北海道のこれからを継続して考えていく契機を持とうと言うその主旨は、物産展や販売所とは違う面白さと活動をしてくれると予感させます。
4回目となる今年は、イベント内容としても食に関するステージや参加型イベントあり・親子の木工体験あり・生産者の方とコミニケーションが持てる「カフェdeマルシェ」や、オーガニックな音楽ライブまで…多種様々な企画が用意されている様子ですよ
中でも、一番旨そうに食べきったら優勝の「旨いアピール選手権」なんて、「らしくて」面白い

そして当然、野菜・水産加工品・畜産加工品・ジャム・果物・工芸品…などなどの生産者の方々による、北大マルシェでの直売もあり!
出店数はなんと30店舗以上!
「作った人の顔が見える」は近年良くありますが、「作った人から直接買える品物が一堂に会する」っていうのは、北海道と言う恵まれた土地ならではの醍醐味でもありますよね

それにしても動画のUPやチラシ連絡先に名前が上る「地域拠点型農学研究院」とは一体なんぞよ??
気になったので調べてみましたら、前出しました文部科学省の戦略的大学連携支援事業に関わりがあるようで、
詳細は「地域拠点型農学エクステンションセンター」に詳しいようですよ↓


地域拠点型農学エクステンションセンター は 酪農学園大学・北海道大学・帯広畜産大学が共同で設置した機関です。
道内各地に拠点(農村サテライト)を置いて 地域のニーズに応えられる教育や情報提供を行います。
2010年11月までに道内8カ所の農村サテライトを開設し全道の農業・農村をサポートするための体制作りを進めています。
(農学エクステンションセンターWEBより)


■地域拠点型・農学エクステンションセンターについて、詳細はコチラ→GO!


北大農学院には、このセンターの札幌サテライト(地域拠点型農学エクステンションセンターの業務を支援するために、北海道大学大学院農学研究院に設置された組織)があるそう。
なるほど。
しっかりとした教育の連携とバックアップがあるからこそ、こうした大きなイベントを大学構内で開催できるのですね!

でも…まあ、まずは…難しい事は置いておいて(笑)
単純に楽しみ・味わい・触れて・正しく知り・北海道の食に興味を持つ…とww
その機会に北大マルシェ、大いに活用させてもらいましょうよ
改めまして、会期などはコチラです↓


北大マルシェ 2013~北海道再考~

日程:2013年 8月31日(土)・9月1日(日)
時間:10時-16時
場所:北海道大学農学部前、農学部ローン

会場住所:札幌市北区北九条西9丁目 北海道大学 農学部

最寄り駅:JR札幌駅・札幌市営地下鉄さっぽろ駅・北12条駅より徒歩約15分
中央バス・JR北海道バスをご利用の場合:北大正門前にて下車、徒歩約5分
じょうてつバスをご利用の場合:北7条西8丁目にて下車、徒歩5分

正門位置:北9西5/北8西5 間
南門位置:北8西5/北8西6 間

駐車場無し、公共交通機関を御利用下さい。


皆さん、ご家族・お友達お誘い合わせの上、是非ぜひお運びくださいね~
お目当ての品物などある方は、お早目のご来場がおすすめですよww
夏の終わりに北海道の農業の「今」を、体感してみませんか?


○実行委員会の皆さん、
いよいよ8月!
開催まであと1ヶ月を切り、夏休み返上覚悟で奔走していらっしゃる事と思います
皆さんのエネルギーを原動力に、今年も北海道の食の輪を広げる為頑張ってくださいねww

当日の晴天を願って、
N24から皆さんのご活躍を応援しています!



  1. 学生の活動応援・紹介
前のページ