cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

28日(水)開店時間について*

  1. 2016/09/27(火)

いつも cafe N24 をご愛用賜り、誠に有難う御座います。
9月28日(水)開店時間につきいまして、
都合により 15:00営業開始 とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い致します。
  cafe N24 by kodomosekai 店主


  1. 休業・営業情報

ふくろう団地ベストてん!本日最終日!~最新情報まとめ*

  1. 2016/09/25(日)

昨日「ふくろう団地ベストてん!」初日!
開店前から店頭で御待ち頂いているお客様も複数組いらっしゃり、開店直後には店内大盛況となりました。
ご来店下さった、皆様ありがとうございました!

本日9月25日(日)は、早くもイベント最終日。
天候にも恵まれ、御来店を考えて下さっているお客様もおられるのではないでしょうか?

昨日朝、当ブログでは今までN24ブログのイベント関連記事をまとめた、ふくろう団地ベストてん!「関連情報まとめ」をUP致しましたが、イベント初日で早くも完売商品なども出ておりますので、本日最新情報を上乗せした「最新情報まとめ」をリリースさせて頂きます。

皆様、必要な最新情報をGETして、「ふくろう団地ベストてん!」を楽しみにお運びくださいね!
皆様の御来店を、ふくろう団地住人一同・cafe N24 共に楽しみにお待ち致しております。




★イベント日 営業時間
9月24日(土)12:30~21:00(L.O20:30) 終了
9月25日(日)12:30~19:30(L.O19:00)

★イベント会場詳細
http://www.kodomosekai.com/access/index.html

★ふくろう団地アーティスト在廊予定
9月24日(土) 村上恵実さん・ごはんカッターガイアさん 終了
9月25日(日) 及川鑑治さん・hamsinさん、(村上恵実さん呼び出し可。団地メンバーにお声がけください。)

★カフェのイベント限定商品、完売速報
https://twitter.com/cafeN24official

★イベント関係SNS
村上恵実さんTwitter https://twitter.com/emi_mura_osushi
ごはんカッターガイアさんTwitter https://twitter.com/akane383
hamsinさんTwitter https://twitter.com/k_hamsin
cafe N24 Twitter https://twitter.com/cafeN24official
cafe N24 の奥さん Twitter https://twitter.com/cafeN24_staff_m
cafe N24 Facebookページ https://www.facebook.com/official.cafeN24bykodomosekai/
cafe N24 Facebook「ふくろう団地ベストてん!」専用ページ https://www.facebook.com/events/161558207582206/

★イベント関連ブログ
■連載第1回/「ふくろう団地 ベストてん!」イベント紹介&及川鑑治さんへのインタビュー記事へ→GO!
■連載第2回/「ふくろう団地 ベストてん!」村上恵実さんへのインタビュー記事へ→GO!
■連載第3回/「ふくろう団地 ベストてん!」ごはんカッターガイアさん・hamsinさんへのインタビュー(前編)記事へ→GO!
■連載第4回/「ふくろう団地 ベストてん!」ごはんカッターガイアさん・hamsinさんへのインタビュー(後編)記事へ→GO!
■イベント限定カフェメニュー情報(1)→GO!
■イベント限定カフェメニュー情報(2)→GO!
■ふくろう団地ベストてん!本日開催!~関連情報まとめ*(9/24朝更新)→GO!


0012_(906x1280)_convert_20160924110025.jpg

完売御礼/ デザイン ごはんカッターガイア
DSCN9827 (500x375)

※残数わずか!/デザイン hamsin
DSCN9835 (500x375)


完売御礼/ ポストカード デザイン/hamsin
001 - コピー (1280x1035) (500x404)


カフェの会期中限定ドリンクや、hamsinさんおすすめ
アップルパイ・北海道のコーヒー牛乳(ICE)、
ガイアさんお気に入りの N24のチャイは現在も販売中です!

※写真は商品のイメージです
DSCN7822 (1280x804) (500x314)
gallery23_convert_20160925100318.jpggallery40_convert_20160925100359.jpg
IMG_20160923_113858_20160923175331_convert_20160925100429.jpg

hamsin/デザイン
IMG_20160830_181144_20160830181222_convert_20160901151136.jpg
IMG_20160830_181149_20160830181248_convert_20160901151152.jpg




本日営業は19:30まで!皆様のご来店、
ふくろう団地住人一同・cafe N24 揃って、
お待ち致しております!ホーホー

デザイン/ごはんカッターガイア
FBバナー/ふくろう団地 (500x189)


  1. イベント情報

ふくろう団地ベストてん!本日開催!~関連情報まとめ*

  1. 2016/09/24(土)

本日9月24日(土)より2日間開催 cafe N24 イベント「ふくろう団地 ベストてん!」。
今までN24ブログでは様々な関連記事をUPして参りましたが、皆さんはチェックして頂きましたでしょうか?
今回のブログでは、
ふくろう団地ベストてん!「関連情報まとめ」として、
過去UPした情報や、SNSアカウントへのリンクをUP致します。


必要な情報をGETして、「ふくろう団地ベストてん!」を楽しみにお運びくださいね!
皆様の御来店を、ふくろう団地住人一同・cafe N24 共に楽しみにお待ち致しております。




★イベント日 営業時間
9月24日(土)12:30~21:00(L.O20:30)
9月25日(日)12:30~19:30(L.O19:00)

★イベント会場詳細
http://www.kodomosekai.com/access/index.html

★ふくろう団地アーティスト在廊予定
9月24日(土) 村上恵実さん・ごはんカッターガイアさん
9月25日(日) 及川鑑治さん・hamsinさん、(村上恵実さん呼び出し可。団地メンバーにお声がけください。)

★カフェのイベント限定商品、完売速報
https://twitter.com/cafeN24official

★イベント関係SNS
村上恵実さんTwitter https://twitter.com/emi_mura_osushi
ごはんカッターガイアさんTwitter https://twitter.com/akane383
hamsinさんTwitter https://twitter.com/k_hamsin
cafe N24 Twitter https://twitter.com/cafeN24official
cafe N24 の奥さん Twitter https://twitter.com/cafeN24_staff_m
cafe N24 Facebookページ https://www.facebook.com/official.cafeN24bykodomosekai/
cafe N24 Facebook「ふくろう団地ベストてん!」専用ページ https://www.facebook.com/events/161558207582206/

★イベント関連ブログ
■連載第1回/「ふくろう団地 ベストてん!」イベント紹介&及川鑑治さんへのインタビュー記事へ→GO!
■連載第2回/「ふくろう団地 ベストてん!」村上恵実さんへのインタビュー記事へ→GO!
■連載第3回/「ふくろう団地 ベストてん!」ごはんカッターガイアさん・hamsinさんへのインタビュー(前編)記事へ→GO!
■連載第4回/「ふくろう団地 ベストてん!」ごはんカッターガイアさん・hamsinさんへのインタビュー(後編)記事へ→GO!
■イベント限定カフェメニュー情報(1)→GO!
■イベント限定カフェメニュー情報(2)→GO!


0012_(906x1280)_convert_20160924110025.jpg
DSCN7822 (1280x804) (500x314)

※数量限定です! ポストカード デザイン/hamsin
0011_(902x1280)_convert_20160924102237.jpg
※数量限定です! デザイン/hamsin
DSCN9835 (500x375)
※数量限定です! デザイン/ごはんカッターガイア
DSCN9827 (500x375)

hamsin/デザイン
IMG_20160830_181144_20160830181222_convert_20160901151136.jpg
IMG_20160830_181149_20160830181248_convert_20160901151152.jpg




皆様のご来店、
ふくろう団地住人一同・cafe N24 揃って、
お待ち致しております!ホーホー

デザイン/ごはんカッターガイア
FBバナー/ふくろう団地 (500x189)



  1. イベント情報

イベントシークレットメニュー、昨晩SNSにて先行公開!*

  1. 2016/09/24(土)

皆様、こんにちは!
早いもので9月最後の週末となりましたね。
という事は?
…そうです!本日いよいよN24イベント「ふくろう団地 ベストてん!」初日です

↓hamsinさんデザインのフライヤー、N24では完配しておりましたが「ふくろう団地」さんがお持ち下さいましたので本日 配布再開致します!
IMG_20160830_181144_20160830181222_convert_20160901151136.jpg
IMG_20160830_181149_20160830181248_convert_20160901151152.jpg

昨日の雨はすっかり姿を消して快晴となった北24条、なのですが。
自称(いや、自他ともに認める?)「雨女」の ごはんカッターガイアさんが、本日は村上恵実さんとN24で皆様をお迎えしますので、もしかしたらお天気雨が局地的にみられる…かも…しれません??(笑)
ガイアさんの雨女パワーがどこまで北24条に影響を与えるかも気に掛けつつ、皆様どうぞ cafe N24 へお運びくださいね。

さてさて
N24 SNSをご覧頂いている方にはすでにお目に留まっていることと思いますが。
最後まで詳細が明かされなかったシークレットメニューの全貌が明らかになりましたので、本ブログでもご紹介したいと思います!
こちらです!!
0011_(902x1280)_convert_20160924102237.jpg

そうなんです!!!
何と今回のシークレットメニューでは
他では手に入らない、
「ふくろう団地 ベストてん!」の物販コーナーでも販売していない
このメニューを御注文のお客様だけが
手に入れる事の出来る
hamsinデザインポストカード
GET出来ちゃうんです!!!


hamsinさんが特に気に入って下さっているN24メニューのアップルパイを、ぜひこの機会にお好きなドリンクを併せて皆様もご賞味下さいね!
こちらのセットは数量限定となっておりますので、
気になる方はお早めにww


  1. メニュー情報

9月「ふくろう団地 ベストてん!」参加アーティストインタビュー/vol.4 ごはんカッターガイアさん・hamsinさん(後編)*

  1. 2016/09/21(水)

いよいよ今週末に迫ったN24イベント「ふくろう団地 ベストてん!」、皆さんもうチェックして頂けましたか?

↓FBイベントページでは、ごはんカッターガイアさんデザインのバナー画像がすっかりお馴染に。「ふくろう団地」公式キャラクターのホーホー君も人気。
FBバナー/ふくろう団地 (500x189)

N24ブログでは、只今このアートイベントに参加されるアーティストさんへのインタビュー記事を連載しています。

過去の連載ページはコチラ
■連載第1回/「ふくろう団地 ベストてん!」イベント紹介&及川鑑治さんへのインタビュー記事へ→GO!
■連載第2回/「ふくろう団地 ベストてん!」村上恵実さんへのインタビュー記事へ→GO!
■連載第3回/「ふくろう団地 ベストてん!」ごはんカッターガイアさん・hamsinさんへのインタビュー(前編)記事へ→GO!

毎回ご好評頂き、SNSでも多くのリアクションを頂いているこの連載。
最終回の本日は、前回掲載の ごはんカッターガイアさん・hamsinさんへのインタビュー後編。

1)ビセンで得たのは、未来へのアドバイス
2)グラフィックデザイン業界に携わる
3)イベント準備で初体験した様々なデザイン
4)「描く事が好き」その想いをのせて、いざ「ふくろう団地」へ

の、4章に分けてお届けします。
どうぞ最後まで御付き合いください!




・ごはんカッターガイア
松前町出身/アクリルペイントなど
一度聞いたら忘れないこの名前。その由来は前回のインタビューで明らかに!デザイン&編集プロダクションに勤務し、イラストの仕事にも携わっている。今回の「ふくろう団地 ベストてん!」ではアクリル絵の具を使い、物語を彩ったような作品を描いている。

・hamsin
札幌市出身/デジタルペイント
この夏、ふくろう団地に引っ越してきた新メンバーの腹ペコ男子。何ともおいしそうな絵と可愛らしい ねこたちの絵を、デジタルペイントを駆使して描いている。柔らかい線と温かな色合いで描かれた作品は彼そのもの。

・わたし/cafe N24 店主家内





シリーズ ふくろう団地の住人訪問
~題名のない物語で 虹と闇を紡ぐ人~ ごはんカッターガイアさん
~お腹を空かせた可愛い世界に 奮起の炎を燃やす人~ hamsinさん

 
私    「前編のインタビューではお2人の「ふくろう団地」や「cafe N24」との出会い、ペンネームの由来、愛用する画材の事についてお伺いしました。本日の後編も、どうぞ宜しくお願いします。」


1)ビセンで得たのは、未来へのアドバイス

私    「さて、後編は前編でも話題に上りましたお2人の母校、アーティストとして力を蓄えた場所でもある ビセン こと「北海道芸術デザイン専門学校」についてのお話しからスタートさせたいと思います。ズバリ!ビセンで印象深かった授業はありますか?」

hamsinさん・ガイアさん(考える)

私    「在学期間は2年間ですよね。聞くところによると、様々な要素を凝縮して学べる分、スケジュール的にはハードなカリキュラムだそうですが?」

hamsinさん「それはもう!!毎日採点され続ける感じで、甲・乙・優・良・可・不可みたいな。あの緊張感は凄いって思います。」(苦笑)

ガイアさん「座学が他のデザイン学校に比べると少ないらしくて、その分課題の提出が多いとは聞いていたんですけど。」(苦笑)

私    「うわぁ~!それじゃあ、印象に残る授業よりも何よりも、在学中は良い意味で「数をこなして腕を磨け~っ!」って感じなんでしょうか。」

hamsinさん・ガイアさん(頷き)

私    「それではまるで学生時代から企業で働く疑似体験をしている状態というか、締め切りが常に迫ってくる状況だったんですね。そしてお2人は卒業後に実際デザイン業界のお仕事に就かれたわけなんですが。」

hamsinさん・ガイアさん「はい。」

hamsinさん「同じ業界で働いています。」

私    「今のお仕事もそれぞれに忙しい毎日と伺っています。今の忙しさとビセン時代の忙しさ、それはやはり別物ですか?」

hamsinさん「別なんですけど、そこ(ビセン)で学んだ事が全てっていう感じですね。あの課題のスケジュール管理とか、全部を完成させなきゃいけないっていう部分は訓練されたと思います。当時はとにかく必死でなかなかイメージ通りに達成出来ない事もあったんですけど、今は社会人になって学生時代よりも経験を積む事が出来ているので、食らい付いて行く事も出来るんだと思います。やっぱりビセンで学んだ事は全て社会に出てから必要だった事だし、怒られた事は全部 未来へのアドバイスだったんだなって思います。」

私    「なるほど。それは、濃厚で充実した、そして厳しいビセンの2年間を乗り越えた人こそが得る事が出来る、「武器」なんだと思います。実際今回お2人とはイベント用のアイシングクッキーデザインや、hamsinさんはフライヤーのデザインもご一緒させて頂いて、良い意味で「タフ」である事と、デザインに対する考えが「柔軟」である事を痛感しています。
そんなお2人ですが、在学中に影響を受けた作品などはありますか?」

ガイアさん「授業で作品展を見に行く機会があって、それを見に行ったらすごく可愛い絵があったんです。「うわ!可愛い!」と思ったら、翌年(その作者の方が)先生として授業にいらして。作品に凄く憧れてたから嬉しかったです。」

hamsinさん「ああ!(その方は)僕にとっても印象深い先生です。作品は可愛いし、先生の展示物が街角や商業施設とかにも飾ってあってもすぐ目につく!」

私    「私もその先生の作品は個人的に存じ上げています。確かに可愛らしい作風ですけれど、素人目から見ても分かる完成度の高さが魅力的ですよね。」

hamsinさん「時代に流されず、それでいてイマの時代の人に響くイラストを描かれる先生で。」

ガイアさん「先生の授業では、自分の絵を見せると 先生が「ここのコレ面白いね」ってコメントをくれて。それで「あ、私のここって面白いんだ」と気付かせてもらう事が色々ありました。」

hamsinさん「そうだよね」

ガイアさん「別の視点が知れる授業でした。」

hamsinさん「凝り固まったアイディアを崩す。」

私    「あ!その感じこそ、私が今回お2人とご一緒させて頂いて感じた「柔軟」に通じる部分だと思います。やはり、ビセンイズムはお2人の中にしっかりとしみ込んでいるんですね!それでは、そんな様々な素晴らしい先生方から得た知識や技術を今お2人が活かしている現場、次はお仕事について少し伺ってみることにします。」

11760166_405778812946705_1738549730233893083_n_convert_20151115020550_20160911093931167.jpg


2)グラフィックデザイン業界に携わる

私    「お2人とも、現在のお仕事はデザイン業界に就いていらっしゃると伺いました。それぞれお仕事の職種を教えて頂くとしたら、何と表現するのが一番分かりやすいのでしょうか?」

hamsinさん「僕は…グラフィックデザインかなぁ?ガイアさんは自分の仕事の事、なんて言ってる?」

ガイアさん「私は広告デザイン業なんですけど、エディトリアルデザインと言えばいいのかな。と言っても、北海道だとエディトリアルデザインもひっくるめてグラフィックデザイナーが担当する事が多いですね。」

エディトリアルデザインとは
エディトリアルデザイン(英語:editorial design)とは新聞・雑誌・書籍などの出版物のデザイン。読み手の視線、意図を考えて視覚的に効果的な図や写真等を整理・配列・編集あるいは計画すること。紙面構成。(wikipediaより)

hamsinさん「言い方が難しいんですけど、北海道のグラフィックデザイナーは「何でも来い!」って感じで。例えば東京だと、ターゲット層やジャンル、担当範囲をしぼってお仕事される会社さんもあるそうなんですが。」

ガイアさん「北海道だとそこまでは細分化されていないんです。」

私    「なるほど。あ、…そういえば確かに。私もN24を起業する時に、ロゴマークのデザインからショップカードやコーヒーチケットのデザイン、シールにスタンプの製作、それからWEBページのデザインまで(!)、とにかく想い当たる全部の「デザイン」を札幌市内にあるグラフィックデザイン事務所に一括でご依頼して、結果全てをデザイン外注なしで納品頂きました…。」

↓ガイアさんがプライベートの創作活動で描いた絵のポストカード。 ※写真の絵柄は7月開催の本展にて販売のもの。
DSCN9825 (450x338)

私    「ガイアさんはエディトリアルデザインが主というお話でしたから、お仕事内容は出版物のデザイン全般なんですか?」

ガイアさん「私はデザインというよりも、オペレーターの方が得意です。指示をもらって素材(写真や挿絵など)を集めたり、修正をしたり。」

私    「そうなんですね。そういえば先日もフリーペーパーの表紙イラストやページイラスト、つまり「素材」を描かれていましたよね。」

ガイアさん「ありがとうございます。あれはクマゲラという鳥をベースにしたキャラクターなんですけれど、「クマゲラを可愛く」というリクエストがあって。」

私    「拝見しましたがとても可愛くて、しかも分かりやすく目立つキャラクターで印象的でした。やっぱりああいうお仕事を見ると「描く人なんだな」と個人的には印象を受ける部分も多かったのですが、どうですか?」

ガイアさん「そうですね、やっぱり描くのは、楽しいです。」

hamsinさん「僕もです。」

私    「お仕事で描く事と、プライベートでのアーティスト活動で描く事。同じ描くでも、お2人にとってそれはやはり違いますか?」

hamsinさん「仕事とプライベートのイラスト描くのは、すごい分けてます。別ですね。」

ガイアさん「仕事だと制限とかありますし。」

私    「確かに、クライアントさんありきのお仕事ですよね。」

ガイアさん「でも仕事でも、やっぱり、描いていると楽しいです。」

hamsinさん「あー、それ分かる!」

私     「今お話を伺っていると、同じ「デザイン業界」でもそのお仕事のスタイルや会社としての受注の幅は一言では言い表せないほど多岐にわたっているという感じですね。その中で、ガイアさんの場合はどちらかというとデザイナーよりオペレーターのポジションで頑張っておられて、hamsinさんはグラフィックデザインという大枠の中で仕事をどんどん進めていく…という感じなんでしょうか。」

hamsinさん・ガイアさん(頷き)

私    「今ここに同じ業界に仕事を持つ同期生がいるわけですが、お互いの事をどう見ていますか?」

hamsinさん「やっぱり励まされます。それから、今日みたいにガイアさんの話を聞いていると、僕も仕事に食らい付いていこうと改めて思います。」

ガイアさん「大変だもんね。私は学生のころからデザイン系の選択授業があるとhamsinさんのデザインを「凄いな」と思って見ていました。今、デザイン業界に足を踏み込んだからこそ、ハードなところに行っても好きだといえるんだと思います。」

DSCN9800 (450x328)


3)イベント準備で初体験した様々なデザイン

私    「そんなお仕事をなさっているお2人ですが、今回のイベントでは初めてのデザインにも挑戦して頂きました。それがアイシングクッキーのデザイン。そしてhamsinさんはフライヤー(チラシ)のデザインもして頂きました。hamsinさん、今回のフライヤーデザインはいかがでしたか?」

hamsinさん「楽しかったです。仕事ではまだ任されないような部分も含めて今回は全てを僕が1人で手掛ける事になって、初めてだったんですけど楽しかったですね。一番怖かったのは出来上がったフライヤーを勤め先の人に見せる事だったんですけど、「お!デザインいけるじゃん、いいじゃん!」って言ってもらえて、嬉しかったです。」

私    「お!」

ガイアさん「こういうジャンルの物って制作過程で色々な人のチェックを経て進んでいくんですけど、あの人からはこういう要望があって・この人からはこういう要望があってっていうのが色々あるので。」

hamsinさん「そうだよね。だから今回フライヤーっていう形を仕上げた事で、僕にも出来たぞって言う、一つの自信みたいなのになりました。」

私     「なるほど。今回、hamsinさんにはご多忙な中をぬってフライヤーのデザインして頂きましたが、その尽力の甲斐あって、現在フライヤーは店頭配布分 完配となっています。これはフライヤーを手に取られたお客様にも、hamsinさんのデザインが「伝わった」という事ではないでしょうか。現在はフライヤーの拡大ポスターがN24店内キッチンカウンター脇と店外窓に掲示してあります。フライヤーがお手元にわたっていないお客様はぜひ掲示をご覧になってみて下さいね。」

↓hamsinさんデザインのフライヤーは店頭配布でも大変ご好評頂きました!
IMG_20160830_181144_20160830181222_convert_20160901151136.jpg
IMG_20160830_181149_20160830181248_convert_20160901151152.jpg

私    「加えて、今回お2人にはもう一つの「初デザイン」として、アイシングクッキーのデザインにもチャレンジして頂きました!お2人には、本日(インタビュー当日)そのクッキーの試作品を見て頂きましたが、感想はいかがですか?」

hamsinさん・ガイアさん「…!可愛いっ!!」(笑顔)

私    「ですよね!私もそれぞれめちゃめちゃ可愛い仕上がりになっていると思います。」

ガイアさん「アイシングクッキーのデザインというのが初めてだったので…今日サンプル見るまでドキドキしてたんですけど。」

hamsinさん「この、ヒゲの再現度とか、すーごい!すごいです!」

私    「で、今日はクッキーに付けるタグ部分のサンプルをお持ち頂きました。今回のクッキーは、タグもお2人のオリジナルデザインです!今からタグの打ち合わせもさせて頂こうと思いますが、それはインタビューの後オフレコで…。皆様、どうぞ当日商品が店頭に並ぶのを楽しみになさっていて下さいね。(笑)」

DSCN9785 (450x338)

私    「そうそう、イベントではクッキーと同じ柄の入ったポストカードの販売もあるんですよね?」

hamsinさん・ガイアさん「はい!!」

私    「この感じだと、クッキーと組み合わせて購入しても絶対可愛いですよね!プチギフトにも最適です。お2人のデザインしたアイシングクッキーはイベント限定販売、数に限りがあります。限定クッキー画像など詳細は、下リンク先のN24ブログ「9月24日・25日の限定メニュー情報」をチェックして下さいね。」

■9月24日・25日の限定メニュー情報はこちら!*→GO!

↓サンプルチェック中のhamsinさん。自身のキャラクター、猫の「ヒゲぬこ」の顔と ぷちお の「ピンクの肉球」にニコニコww
DSCN9776 (450x338)


4)「描く事が好き」その想いをのせて、いざ「ふくろう団地」へ

私    「さて、インタビューもいよいよ最終章になりました。今や公私ともに「描く」自分を持っているお2人が、アートユニット「ふくろう団地」のメンバーとなった訳ですが。(お2人の「ふくろう団地」加入エピソードは対談 vol.3 掲載)まず、7月にギャラリーで開催した本展で印象に残った事を教えて下さい。」

ガイアさん「(お客様に作品を)褒められたり、気に入ってもらえた事です!!!」

hamsinさん「お客様の笑顔を実際に見る事が出来た事です。」

私    「hamsinさんはいつも作品をTwitterで公開することが多い様子ですから、確かに同じ空間で作品を挟んでお客様と相対することは素敵な時間だったと思います。
ちなみに話が少しそれますが、hamsinさんのTwitterはフォロワーさんが9000人(!!)を突破していますが、それについてご自身ではどう思われますか?」

hamsinさん「SNSを始めたころは活かし方が分からず試行錯誤の連続でした。」

私    「私も似たような経験があります。N24のSNSを始めた当時はまさにそうでした。hamsinさんはSNSの活かし方、何か見つかりましたか?」

hamsinさん「途中で肩の力を抜いてみたんです。何でもない日の記録や、日常の気づきを淡々と綴るように。でもそれが見てくださる方の心に届きました。」

私    「なるほど。」

hamsinさん「この国の優しさに少し触れた気持ちになりました。その温かな気持ちが、のんびりではありますが今の更新に続いております。」

私    「それは共感できますね。私も、「cafe N24 の奥さん」というTwitterアカウントを持っていて、そこでは札幌の街で見たことや愛でた植物の写真、つまりhamsinさん曰く「何でもない日の記録」を上げているんです。でも、そういうスタイルも「あり」だよなって、ユーザーさんとのコミュニケーションを介しても思います。ちなみにhamsinさんにとってのユーザーさんは、例えるとどんな存在ですか?」

hamsinさん「ユーザーさんは家族みたいな感じで、僕もツイートを出来る時にしているので、ここ2~3年はTwitterの「家」に僕もユーザーさんも自由に出入りして、「ただいま~」・「おかえり~」…みたいな感覚です。」

私    「確かに、hamsinさんのツイートは ほのぼのあったかい感じがします。hamsinさんの「甘いもの好き」に例えるなら、初秋の屋外で食べるホカホカあんまん みたいな!」(笑)

↓ポストカードデザイン/hamsin
DSCN9787 (450x338)

私    「それではここで、今回のインタビュー恒例の質問にいってみたいと思います。「ふくろう団地」メンバーそれぞれを一言で表現するとどうなりますか?まずはhamsinさんから!」


hamsinさんから見た、メンバーは…

村上さん  :良きライバル
及川さん  :良きライバル
ガイアさん :良きライバル
hamsinさん自身:負けず嫌い


私    「これは!ご自身で自身を「負けず嫌い」と言うだけあって、確かにしっかり負けず嫌いな解答を頂きました。これはTwitterを見ただけでは分からないhamsinさんの意思の強さだと思います。切磋琢磨できるライバルがユニットのメンバーだと公言出来る潔さ、凄いです。
それでは続いて、ガイアさんに伺ってみたいと思います!」


ごはんカッターガイアさんから見た、メンバーは…

村上さん  :ふんわりしているけど、芯がある!
及川さん  :将軍。
hamsinさん:いつも笑顔!
ガイアさん自身:雨女!



私    「ガイアさん、突っ込まずにはいられないのですが、及川さんはなぜ将軍なんでしょうか?」

ガイアさん「ビセン時代からのニックネームが将軍だったんです。」

私    「なるほど!確かに学生時代のニックネームってそのまま残ったりしますよね。」

↓ N24にて。ふくろう会議中の「ふくろう団地」メンバーの皆さん。
DSCN9734 (450x337)

私    「それでは、最後の質問です。いよいよ今週末に迫った「ふくろう団地 ベストてん!」についての意気込みと、ご来場を心待ちにしておられるお客様へのメッセージをどうぞ。では、ガイアさんから!」

ガイアさん「色々、やった事のない事をやらせてもらっているのもあり、頑張りたいです!!7月の本展を見ていない方、ぜひ!本展を見ている方も、アイシングクッキーなど新要素や、新グッズがある予定ですのでぜひ!!作品を見る場所が違えば、見え方も変わるかもしれません!!」

私    「有難う御座います。ガイアさんは現在、新たなグッズとしてレターセットも制作中とのことです、かなり楽しみです!ごはんカッターガイアさんの在廊は、予定ですと9月24日(土)となっています。皆様、ぜひいらして下さいね。続きましてhamsinさん、皆様にメッセージお願いします!」

hamsinさん「ご縁あって、僕の大好きなカフェでの作品展開催となりました。食欲の秋に、おいしいメニューのあるカフェで食べ物のイラストを飾れるのがうれしいです。観た後にお腹がすく感じを楽しんでほしいです。オリジナルの「ひげぬこアイシングクッキー」も数量限定でご用意しております。お楽しみに!」

私    「有難う御座います。hamsinさんは予定ですと9月25日(日)在廊だそうです。
そしてここで…
hamsin作品ファンの皆様に必見!異例のシークレット企画です!!
なんと、イベント会期中
今回のイベントでしか手に入らない
hamsinポストカードが、
カフェスイーツとセットになって
限定数でカフェメニューに登場します!


こちらの詳細情報は会期直前にUP!!
詳しい情報をいち早くGETしたい方は、是非下記SNSをチェックしながら会期をお待ち下さいね!

いよいよ目前になった「ふくろう団地 ベストてん!」、最後まで目が離せない!!
どうぞお楽しみに!!




ふくろう団地 ベストてん!関連SNS
■Facebookイベントページ→GO!
■cafe N24 Twitter→GO! 共通ハッシュタグは #N24とふくろう団地



  1. イベント情報

9月24日・25日の限定メニュー情報はこちら!*

  1. 2016/09/20(火)

9月24日(土)・25日(日)、つまり今週末の2日間。
N24でアートイベント「ふくろう団地 ベストてん!」が開催される事は、今まで店頭・SNS・ブログでご案内してまいりましたが、皆さまのお耳にはもう届いておりますか?
あちこちから、早速「行く予定です!」・「楽しみにしています!」のお声掛けも頂いております。
有難う御座います。

「ふくろう団地 ベストてん!」は、ビセン こと 北海道芸術デザイン専門学校のイラストレーション専攻を卒業した4人のアーティストさん、
・村上恵実さん(日本画)
・及川鑑治さん(クレパス画)
・ごはんカッターガイアさん(アクリル画)
・hamsinさん(デジタルペイント)
からなる「ふくろう団地」というアートユニットの、人気上位10作品を中心に構成展示するグループ展です。
当日は作品展示のほかにポストカードや便箋などのグッズも販売されます。

N24ブログでは今まで、各アーティストさんのご紹介を兼ねてアーティストさんインタビュー記事を連載してきました。

インタビューの連載ページはコチラ
■連載第1回/「ふくろう団地 ベストてん!」イベント紹介&及川鑑治さんへのインタビュー記事へ→GO!
■連載第2回/「ふくろう団地 ベストてん!」村上恵実さんへのインタビュー記事へ→GO!
■連載第3回/「ふくろう団地 ベストてん!」ごはんカッターガイアさん・hamsinさんへのインタビュー(前編)記事へ→GO!

お陰様で皆様と共にイベント気分も盛り上がり、連載も次回記事で最後となり。
店頭でお配りしていたフライヤー(チラシ)はご好評で完配となって、現在は店頭と店内にポスターとして掲示してあるものをご覧頂いています、が。
それらをよくよく見てみると、そこにはこんな表記があるのです。

IMG_20160830_181144_20160830181222 (500x202)

そうです!
N24でイベントがあるといえば、忘れちゃいけないのが
期間限定メニューと、数量限定アイシングクッキー!
…という事で!!本日のブログでは、
その詳細を一挙ご紹介しちゃいます!!!
アートな空気満載のカフェで限定メニューを楽しんで、今週末は cafe N24 で芸術の秋・食欲の秋を一度に満喫してみませんか?





イベント限定 その①
N24で過去2日間だけ販売、ご好評だった幻ドリンク復活!
昨年のホワイトデーに「気まぐれメニュー」として “いちごドリンク” を3種類、2日間限定販売したN24。
毎回ご好評頂くイベントメニューは いちごドリンクも例外ではなく、皆様より反響を頂きました。
ところがたまたまその会期2日間にご予定が合わなかったお客様方より、後々「いちごドリンクを飲み逃がしてしまった」というお声を頂く機会が多くありました。そこで今回はその いちごドリンクの中から、こちらの商品を「ふくろう団地 ベストてん!」会期中に限り復活販売いたします!

いちご風味の マシュマロ・ロイヤル・ミルクティー
HOTのみ ¥780
※写真のいちごは商品のイメージです
DSCN7839_convert_20160920105722.jpg
実はN24では牛乳で煮出した紅茶のドリンクが人気です。
定番商品の「ロイヤル・ミルクティー」や「N24のチャイ」、冬場に季節限定でお出しする「アップル・ロイヤル・ミルクティー」。そして、メニューに加わるとN24全てのドリンクを抑えてご注文数NO.1になるのは、冬季限定「アップル・チャイ」。
そんな “牛乳煮出し紅茶メニュー”シリーズに、今回2日間だけ待望の限定メニューが復活します!!
「いちご風味の マシュマロ・ロイヤル・ミルクティー」。
コクがあると定評のロイヤル・ミルクティーをべースに いちごのエッセンスを加え、上にはフワフワと口の中で溶けてなくなるマシュマロ と、甘酸っぱいドライいちごのフレークをトッピングしました。
紅茶の香りといちごの香りにリラックスしながら、見た目にもキュートな そのドリンク。
N24の紅茶をお好みの皆さん、こちらのメニューは「ふくろう団地 ベストてん!」会期中2日間限定販売です!どうぞ飲み逃しなく!


イベント限定 その②
N24イベントと言えば…今回もあります!
イベント参加アーティスト デザイン 限定数アイシングクッキー!

前回の「ふくろう団地」イベントでもご好評頂いた、イベント参加アーティストさんデザインのアイシングクッキーを、今回も数量限定で販売いたします!
今回アイシングクッキーのデザインをご担当下さったのは、共にN24イベント初参加の ごはんカッターガイアさん・hamsinさんのお2人です。
それぞれ各々の世界観をクッキーの世界にデザイン。本当に可愛らしい仕上がりとなりました!!

イベント参加アーティスト デザイン
数量限定 アイシングクッキー
1袋 ¥450
DSCN9844 (500x375)


A)hamsinさんデザイン・hamsinオリジナルキャラクター「ヒゲぬこ&(ぷちお の)肉球」/数量限定
自身のTwitterで9000人以上のフォロワーさんを抱えるhamsinさん。
その人気の理由は見るとほのぼのする世界に引き込まれる、巧みなデジタル画。そこに登場する美味しそうな食べ物。そして自身のデザインした猫のオリジナルキャラクター “ヒゲぬこ” と “ぷちお” の存在ではないでしょうか。
今回はそんなhamsinさんのキャラクター “ヒゲぬこ” の顔と “ぷちお” のピンクの肉球が可愛いアイシングクッキーになりました。hamsinファンなら入手必至の逸品です!
DSCN9835 (500x375)
リアルな ぷちお に会いに行こう!
実は ぷちお は実在する猫さんです。そして自身のTwitterアカウントも持っているスーパーニャンです!
猫好きさんは是非こちらものぞいてみて下さい↓
■Twitter ぷちおアカウント「ぷちお専用アカウントです。ぷちおが呟きます。」→GO!


B)ごはんカッターガイアさんデザイン「扉の絵モチーフ」/数量限定
N24のFacebookイベントページバナー画像などに登場している、今回のイベントを象徴する青い扉。
FBバナー/ふくろう団地 (500x189)
この扉と、ガイアさんの作品世界にはよく登場する雫、そしてリンゴを組み合わせたカラフルなアイシングクッキーが誕生しました!
クッキータグにはホーホー君もコンニチハ!まさに “ごはんカッターガイア” の世界観そのままのオリジナルクッキーです。タグには2種類ご用意があります。あなたのお手元に、お好きなものをお選びください。
当日販売予定のハガキや便箋など、同じ扉モチーフのグッズとの組み合わせでプチギフトにするのもおすすめです!
DSCN9827 (500x375)

…と、ご紹介してきましたが。
イベント限定メニューはこれで終わりだと思ったら大間違い!今回は更に特別な限定企画のご用意がありますよ──!!



イベント限定 その③
hamsin作品ファンの皆様は特に注目!異例のシークレット企画!!
なんと、イベント会期中
今回のイベントでしか手に入らない
hamsinポストカードが、
カフェスイーツとセットになって
限定数でカフェメニューに登場します!


こちらの詳細情報は会期直前にUP!!
詳しい情報をいち早くGETしたい方は、是非下記SNSをチェックしながら会期をお待ち下さいね!

限定メニューやシークレット企画満載の「ふくろう団地 ベストてん!」!
cafe N24 と「ふくろう団地」の楽しいコラボを、どうぞお楽しみに!!
次回ブログ更新では、アーティストさんインタビューもいよいよ最終回。
9月「ふくろう団地 ベストてん!」参加アーティストインタビュー/vol.4 ごはんカッターガイアさん・hamsinさん(後編)をお届けします!




ふくろう団地 ベストてん!関連SNS
■Facebookイベントページ→GO!
■cafe N24 Twitter→GO! 共通ハッシュタグは #N24とふくろう団地



  1. メニュー情報

営業日時のご案内*

  1. 2016/09/13(火)

この記事はトップに固定されています。



いつも cafe N24 をご愛用賜り、誠に有難う御座います。
2016年9月の3週目・4週目営業につきまして、営業日時が変則となりますのでご案内申し上げます。
14日(水)短縮営業、19日(月)・22日(木)祝日営業、20日(火)休業とさせて頂きます。(詳細は添付画像にてご確認下さい。)
何卒宜しくお願い致します。
  cafe N24 by kodomosekai 店主

onre_convert_20160913222723.jpg


  1. 休業・営業情報

9月「ふくろう団地 ベストてん!」参加アーティストインタビュー/vol.3 ごはんカッターガイアさん・hamsinさん(前編)*

  1. 2016/09/13(火)

いよいよ会期が迫ってきたN24の9月イベント「ふくろう団地 ベストてん!」
イベントの概要については、皆さんもうご存知ですか?

IMG_20160830_114229_20160830183612 (450x373)
デザイン/hamsin
IMG_20160830_181144_20160830181222_convert_20160901151136.jpg
IMG_20160830_181149_20160830181248_convert_20160901151152.jpg

N24ブログでは、只今このアートイベントに参加されるアーティストさんへのインタビュー記事を連載しています。

過去の連載ページはコチラ
■連載第1回/「ふくろう団地 ベストてん!」イベント紹介&及川鑑治さんへのインタビュー記事へ→GO!
■連載第2回/「ふくろう団地 ベストてん!」村上恵実さんへのインタビュー記事へ→GO!

毎回更新ごとに、ブログ読者の皆様から多くの御反響をお寄せいただいています。有難う御座います!

連載第3回目となる今回は、「ふくろう団地」としてN24に初登場するアーティストさん、ごはんカッターガイアさん・hamsinさんにお話をお伺いします。
今までのインタビューはアーティストさんと私の個別対談で構成させて頂きましたが、今回からはお2人と私の3者対談でのお届けです。その為、前編と後編の2回に分けての掲載とさせて頂きます。

本日、前編は
1)4人のふくろう団地 結成裏話
2)cafe N24 との出会い
3)個性あるペンネームの由来~ガイアさんの場合~
4)個性あるペンネームの由来~hamsinさんの場合~
5)hamsinさん~デジタル画の道~
6)ガイアさん~紙とインクと「つよインク」~

の、6章に分けてお届けします。

読み応え十分の大ボリューム!
皆さんも、私達と一緒におしゃべりしている気分で、どうぞお気軽に読み進めてみて下さいね!




・ごはんカッターガイア
松前町出身/アクリルペイントなど
一度聞いたら忘れないこの名前。その由来は今日のインタビューで明らかに!デザイン&編集プロダクションに勤務し、イラストの仕事にも携わっている。今回の「ふくろう団地 ベストてん!」ではアクリル絵の具を使い、物語を彩ったような作品を描いている。

・hamsin
札幌市出身/デジタルペイント
この夏、ふくろう団地に引っ越してきた新メンバーの腹ペコ男子。何ともおいしそうな絵と可愛らしい ねこたちの絵を、デジタルペイントを駆使して描いている。柔らかい線と温かな色合いで描かれた作品は彼そのもの。

・わたし/cafe N24 店主家内





シリーズ ふくろう団地の住人訪問
~題名のない物語で 虹と闇を紡ぐ人~ ごはんカッターガイアさん
~お腹を空かせた可愛い世界に 奮起の炎を燃やす人~ hamsinさん

 
わたし「今回から2回に分けて、3人での対談を連載させて頂きます!どうぞ宜しくお願いします。」

1)4人のふくろう団地 結成裏話

わたし 「ガイアさん、hamsinさん、宜しくお願いします。さてお2人はアートユニット「ふくろう団地」新メンバーという事で、N24イベントは初参加ですよね。ようこそお越し下さいました!まずはお2人が cafe N24 を知って下さったきっかけを教えて頂けますか?」

ごはんカッターガイアさん(以下、ガイアさん)「私は村上さんから聞いて知ったような…。」

わたし  「ガイアさんは元々 村上さんとも及川さんとも面識がおありだったようですから、過去お2人がN24で展示イベントを開催した際にはよくお越し下さっていましたよね。その節はお運び頂き有難う御座いました!今回はガイアさんも一緒にイベント参加頂けるという事で嬉しいです!」

hamsinさん「僕は (N24で昨年11月に開催された) 「~背っ描くなので ~背中“かき”ます。~」 のアートライブイベントに足を運んだのがキッカケです。」

わたし  「お越し頂き有難う御座いました!実はそのイベントで、hamsinさんはたまたまN24店内に居合わせたビセン(北海道芸術デザイン専門学校)同期の顔見知り、「ふくろう団地」の及川さんと再会されたんですよね?」

hamsinさん「はい!」

わたし  「わたしもその場にいたので、あの時の事は良く覚えてます。及川さんは同じ「ふくろう団地」メンバーの村上さんと一緒にイベントへいらしていたので、hamsinさんはお2人のテーブルに相席して、3人はそこですっかり意気投合しておられました。」

hamsinさん「そうなんです。」

わたし  「ちなみに「ふくろう団地」メンバーの皆さんは、ビセンでイラストレーション専攻の同期だったと伺っていますが、hamsinさんと他メンバーさんとの学生時代のエピソードはありますか?」

hamsinさん「当時は選択の授業があって、僕は及川さんとガイアさんとはそこで一緒になっていたので面識がありました。」

ガイアさん「そうそう、hamsinさんとはインターンシップも一緒だったよね。」

hamsinさん「そうだった!あの時もガイアさんと一緒でした。」

わたし  「というと、hamsinさんは村上さんとは同期ながらタイミング合わず、学生時代は特に親交があった訳ではなかったんですね。ちょっと意外です…」

hamsinさん「(笑)」
      
わたし  「つまり今回「ふくろう団地」として最初に4人を結び付けたキーマンは、及川さんだったという訳なんですね!」

img12 (450x338)


2)cafe N24 との出会い

わたし  「まるでN24イベントに導かれるように?不思議なご縁で村上恵実さん・及川鑑治さんの“ふくろう団地”に入居する形となったガイアさんとhamsinさんですが。(笑) 今回のグループ展会場となるN24は、お2人ともカフェとしても気に入って下さっているそうで、光栄です。お2人の思う cafe N24 おすすめポイントを挙げて頂くとしたら、どこでしょうか?」

hamsinさん「サイドメニューのフードがとても美味しいところ!!」

わたし  「有難う御座います!注文するのにhamsinさんおすすめのドリンクとサイドメニューの組み合わせはありますか?」

hamsinさん「アイスのコーヒー牛乳にアップルパイです!アイスのコーヒー牛乳は2層のグラデーションが美しいし、アップルパイは添えている生クリームとリンゴのハーモニーが最高なんです!!」

わたし  「確かに、そのおすすめの組み合わせは相性抜群だと思います!(笑) ガイアさんはN24のお気に入りポイント、何かありますか?」

ガイアさん「和やかな雰囲気!!それから本があるところ!近所に引っ越したい…」

わたし  「そんなに気に入って頂き、有難う御座います。ちなみに好きなメニューは?」

ガイアさん「“N24のチャイ”です!!(飲んだ時に)すごく良い匂いがしました!」

わたし  「チャイは御注文頂いてからスパイスを砕きますから、香りが格別ですよね。リピーターのお客様も多い人気ドリンクなんですよ。」

gallery23_convert_20160911093814.jpggallery40_convert_20160911093830.jpg


3)個性あるペンネームの由来~ガイアさんの場合~

わたし  「さてさて、今回対談にお招きしたお2人ですが、その共通点はなんといってもその個性あるペンネームだと思います。今回のインタビューでもそのペンネームの由来をお聞きしないわけにはいきません。(笑) まず、ガイアさんにお伺いしてみましょう。ペンネーム“ごはんカッターガイア”の由来を教えて下さい!」

ガイアさん「…はい。友人の夢に私が「GAIA」と書かれた服を着て出てきた…というのが元です…。」

hamsinさん・わたし「へっ?!」

ガイアさん「しかもその服はHG(ハードゲイ)みたいな格好だったそうです。」

hamsinさん・わたし「えええっ?!」

ガイアさん「そこからイジられてイジられて、その後は あだ名に。“ごはんカッター”の部分は…なんか知らないけど、付いてきました。最終的に“ごはんカッターガイア”となったんですけど、細かい設定があるみたいで、正義のヒーローなんだそうです。(笑)」

hamsinさん「あのー、そもそもの、夢のディテールが凄いよね!(笑)」

ガイアさん「うん、あの夢を友人が見なければ私はこうならなかった…」

わたし  「つまり、ごはんカッターガイアという名前は自然発生的に自分についてきた名前、だったんですね!?」

3人(笑い)

↓ごはんカッターガイアさんの作品「FBイベントページのバナー画像」は人気の為、イベント当日のウェルカムボードにも。
FBバナー/ふくろう団地 (500x189)


4)個性あるペンネームの由来~hamsinさんの場合~

わたし  「そして、やはりこちらも謎のペンネームを持つhamsinさん。その由来を教えて下さい。」

hamsinさん「すみません、ちょっと話が長くなっちゃうんですけど…。高校時代のラジオネームがそのまま現在の活動ネームになってます。
高1の時、テスト勉強中にたまたま聞いていたラジオ番組の企画で「あなたの将来の夢を聞かせてくれたら、その夢を叶えるお手伝いをします」というコーナーがあったんです。僕はその時ちょうど地理の単語を覚えていたんですけど、見ていたキーワードが“ハムシン”(= hamsin) って熱帯地方に吹く風の名前だったんです。で、特に深い意味もなく、その“ハムシン”を自分のラジオ投稿用の名前にして、聞いていたラジオ番組へ「将来の夢」を投稿したんです。
<将来デザイナーになりたいです。今はデジタルで作画する時代なので、その為には絵を描く道具が必要です。>
そしたらそれが読まれて、ラジオ番組から「それじゃあ買ってあげます」ってお返事が来て。」

ガイアさん・わたし「えええええーーーーーー?!!」

hamsinさん「僕、その時はまだパソコン持っていなかったんですけど、ラジオ番組からペンタブをもらって、1年くらいペンタブだけがある生活になったんです。(笑) そこからアルバイトをして初めての収入でパソコンを買って、それからデジタル画にのめり込んでいきました。」

ガイアさん・わたし「へぇぇぇ…!」

hamsinさん「この切っ掛けが無かったら、今 デジタルで描いてなかったのかなって思います。」      

↓hamsinさんのポストカード各種は大変人気の商品です。 ※写真の絵柄は7月開催の本展にて販売のもの。
DSCN9818 (450x338)


5)hamsinさん~デジタル画の道~

わたし  「という事は、hamsinさんは高校生の頃から描く=デジタル画でスタート?」

hamsinさん「そうですね。高校から…手描きも描いてたんですけど、好きに描けるならデジタルってどんどんなっていって。デジタルってどう描くんだろう?って最初は使い方も分からなかったので。好奇心とか興味で。」

わたし  「なるほど。で、ビセンに入学した訳なんですね。でも聞くところによると、ビセンはイラストレーション専攻で入ると、デジタルの授業もあるけれど、それ以外の画材を使った授業も色々取り入れているそうですよね?」

hamsinさん「そうなんですよ。しかも僕らの時代のイラストレーション専攻はデジタルよりもほとんど手描きが主流で。」

ガイアさん「最近の生徒さん達はデジタル(の授業)も多いみたいなんですけれど、私達の頃は大体手描きでしたね。」

hamsinさん「色々な種類の画材を最初に用意して、入学と同時にあらゆる種類の手描きの画材が机に置いてありました。(笑)」

ガイアさん「懐かしい~」

わたし  「それはでもhamsinさんにすると、今までデジタルに集中して描いていたものが突然手描きの画材が主流になって、それを使って課題の製作とかをしなければならなくなったという事ですよね?それは、ど…どう乗り越えたんですか?」

hamsinさん「学校ではとにかく手描きでやってて、でも家に帰るとやっぱりデジタルもやって…うーん…その頃って…どっちも好きでした。」

ガイアさん「hamsinさんの手描き作品、すごく綺麗だったよ?「わー手描きも素敵だ」って思った!」

hamsinさん「アクリル絵の具のアクリルガッシュが、デジタルに近い…近くはないけど…色の混ざり方が感覚的に使いやすかったんです。」

わたし  「じゃあ卒業制作はガッシュで手描き?」

ガイアさん「すごく大きい作品だったよね。」

hamsinさん「うん、学校の黒板ぐらいの大きさの作品を描きました。」

わたし  「それは凄いですね、しかも手描きで!」

ガイアさん「私達のいた当時は、デジタルでデザインするのはグラフィック科がメインだったので…」

hamsinさん「この数年で時代が変わって、今は手描きを描けてもデジタル描けなかったら…みたいに変化してきているので、デジタルがメインになりつつあるみたいですね。ビセンの教室とかにもパソコンの機器が並んでますし。」

わたし  「そうなんですね。今はお2人ともデザイン系のお仕事に就いていらっしゃいますけど、それでは、お2人がお仕事で使っているのも?」

hamsinさん・ガイアさん「デジタルですね。」

11760166_405778812946705_1738549730233893083_n_convert_20151115020550_20160911093931167.jpg


6)ガイアさん~紙とインクと「つよインク」~

わたし  「ガイアさんは?プライベートで絵を描く時は手描きだと思うんですけど、どんな画材を使ってるんでしょうか?」

ガイアさん「良く使うのはアクリル絵の具ですね、ずっと使ってるので扱いやすいです。」

わたし  「他の画材は使わずに?」

ガイアさん「アクリル絵の具を使った絵に加えて、何か…クレヨンとか…うーん、マニキュアとか使ったりも…」

hamsinさん「面白い!」

ガイアさん「マニキュアは、色が綺麗だなっていう。」

わたし  「そういえばガイアさんは最近、凄く“つよインク”に感銘を…」

ガイアさん「はっっ!!!つ、つよインク!!!!!」

3人   「つよインクーーーーーーー!!!!(爆笑)」

hamsinさん「僕もガイアさんが“つよインク”をTwitterで呟いてるのを見て、何度も何度も呟き続けてるから、これはどこまで“つよインク”が続くんだろうって!」

わたし  「私もそれ(ガイアさんのツイート)見て凄く気になってたんです!“つよインク”、なんか凄いね!」

ガイアさん「そ、そ、そうなんです“つよインク”は凄いんですよ!」

hamsinさん「熱い!ガイアさんの勢いが凄い!」

ガイアさん「私は今インクジェットのプリンタを持っているんですけど、染料系のインクなので印刷部分が水に弱くて濡れると色がにじんだりもするんです。そこで耐水性があるレーザープリンタをほしいとも思ったんですが、レーザーはインクの乗った部分が…特に色の濃く乗った部分がテカるのが気になっていて。
私、できればマットな仕上がりにしたいんです。で、インクジェットに顔料系の“つよインク”を組み合わせれば、私の気になっている点を総体的にカバーできるのかもしれないと思いまして…」

マスター 「な、何の話?!“つよインク”って!」

hamsinさん「エプソンのインクジェットプリンタのインクの名前なんです。(笑)」

つよインク
エプソンのインクジェットプリンタに使われてるインクの愛称。
インクジェットプリンタ用のインクには、顔料系インクと染料系インクの2種類があり、エプソンは両方のインクを改良。顔料系のつよインクと染料系のつよインク、2タイプを開発したそう。
顔料系インクは、もともとオゾンや光に強い。また、水にも強い。しかし一方で粒子が粗くて光沢感が出にくかった為、粒子を細かくすると同時に色の再現性を高めた。
染料系インクは、色つやが良く写真等の印刷に向いているが、オゾンや光に弱く、壁に飾ったりすると、すぐに色あせる。そこで分子構造を改良しオゾンや光に対して強くしている。


ガイアさん「“つよインク”って、パッケージにこう、書いてあって。黄色のキャラクターがポーズとってるんです!」

hamsinさん「それ見たことある!インクの粒みたいなキャラクターだよね!」

ガイアさん「そうそう、それ。インクって顔料インクと染料インクがあって、にじむのは染料インクの方で 私のインクジェットプリンタはその染料インクなんですけど、出来れば今後、顔料の方の“つよインク”を導入していけたらなーと。」

わたし  「そうだよね。レーザー印刷のテカテカが気になったり、耐水性に切り替えたいその気持ち、私もそうだからよく分かります!しかし、やっぱりガイアさんは印刷とか紙質とかにこだわる人だったのですね!」

ガイアさん「あ~、そうゆうの好きです~。予算さえ組めれば、ほんとこだわりたいです~。」

わたし  「実はこの前、7月のふくろう団地 本展のサンクスレターを頂いたんだけど。それに使われていたハガキはガイアさんのデザイン制作でしょ?この質感を見た時に気付いたの。紙・インク・印刷を重要視している人だなって。」

ガイアさん「あ!そうでしたか!」

わたし  「これ、ハガキの表面に何かコーティングした?インクの発色が少しくすんだニュアンスで落ち着いてて、すごくいい雰囲気だなーと思って見てました。」

DSCN9815 (450x335)

ガイアさん「このハガキは印刷所に頼んだんです。マットな紙なんですけど、それが良い意味影響してぼんやりした雰囲気に仕上がるというか、その分色が沈んじゃう難点もあるんですけど、今回はうまい具合にいい感じの質感になりました。」

わたし  「私も紙が好きだから、ハガキを持った瞬間に「あ!いいな」って思いました!」

ガイアさん「ハガキ用の紙を選ぶ時に、村上さんがマシュマロCoC(使用した紙)が気になるけど、好きなの選んでいいよ!と言ってくれて。以前、この紙を使った名刺を見たことがあり、マットな感じが気に入っていたので、そのまま選びました。」

hamsinさん「そうだ!紙好きならサクマってお店知ってますか?」

ガイアさん・わたし「あー!はいはいはい!」

hamsinさん「あそこすごい紙の種類豊富だよね、さすが専門店。」

わたし  「そうそう!私も紙が好きだから、N24のメニューブックに使ってる紙は毎回サクマさんに選びに伺ってお世話になってます!」

hamsinさん「あ!やっぱり!メニューブックの紙は…“ファーストビンテージ”?」

わたし  「そう!よくわかったねぇ!」

ガイアさん「うわーーー(笑)」

hamsinさん「あのシリーズ凄い素敵ですよね、僕も思ってたんです!」

DSCN9811 (450x338)

わたし  「なんだか話がどんどんマニアッツクな方向に進んでいきますね。(笑) さすがビセンから巣立って、今まさにデザイン業界に身を置いていらっしゃるお2人、こういう話は尽きません。そんなお2人に、次回インタビュー後編ではお仕事や創作活動の事、そしてN24で開催されるイベントについてのお話もいよいよ伺いますよ。どうぞお楽しみに!」




次回インタビューは、ごはんカッターガイアさん・hamsinさんインタビューの後編です!
9月24日(土)・25日(日)は cafe N24 での 「ふくろう団地 ベストてん!」 に、皆様どうぞいらして下さいね♪

ふくろう団地 ベストてん!関連SNS
■Facebookイベントページ→GO!
■cafe N24 Twitter→GO! 共通ハッシュタグは #N24とふくろう団地


  1. イベント情報

9月「ふくろう団地 ベストてん!」参加アーティストインタビュー/vol.2 村上恵実さん*

  1. 2016/09/10(土)

8月末から店頭で配布しております、N24の9月アートイベント「ふくろう団地 ベストてん!」告知チラシ。
お陰様で増刷をかけるご好評ぶりとなっています。
早速お手に取って下さった皆様、有難う御座います!

デザイン/hamsin
14192099_1132980266768839_707647176556605240_n (450x338)
IMG_20160830_181144_20160830181222_convert_20160901151136.jpg
IMG_20160830_181149_20160830181248_convert_20160901151152.jpg
N24ブログでは前回より、この「ふくろう団地 ベストてん!」参加アーティストさんへのインタビュー連載をスタート。
第1回目はN24店内に原画を常設展示中、クレパス画でカクブツ図鑑を描く及川鑑治さんにお話を伺いました。

■「ふくろう団地 ベストてん!」イベント紹介&及川鑑治さんへのインタビュー記事へ→GO!

連載第2回目となる今回は N24で “ひつじ” といえばお馴染、日本画の村上恵実さんへのインタビューを掲載します!

村上さんは今まで
・2015年5月9日 ~ 5月10日開催「そういえば…ふくろう団地も3周年」(cafe N24 3周年記念イベント)
・2015年9月26日~9月27日開催「村上恵実 個展~ひつじたちのみる ゆめ は~」
・2016年3月26日~3月27日開催「村上恵実・及川鑑治 ふたり展 ─ ひつじはハコをとびだして ─」
と、過去3回N24でイベントを開いておられますが、これは現在、N24でのイベント開催者としては最多記録となっています。

その3回の中でも、村上さんが皆様に広く存在を印象付けたのは、何といっても自身初の個展「~ひつじたちのみる ゆめ は~」ではないでしょうか。
彼女の爆発的ともいえる “ひつじ愛” を惜し気もなく注ぎ込んだその個展では、開催1ケ月前からお客様へ「世界観の発信」をスタート。
村上さんの生み出した ひつじの立像 “ひつじろうサン” が、N24店内でカフェタイムを満喫しながらTwitterで呟くという、何とも斬新なアプローチでたちまち話題となりました。

↓こちらは記念すべき “ひつじろうサン Twitter初登場” のツイート。
「はじめまして、ぼく"ひつじろう"です。
かあさんの さくひんてん 〜ひつじたちのみる ゆめ は〜 は、N24さんで ひらかれるよ。
ぼくも だいすきな、おみせなんだ。みなさん よろしくね。」

11947430_925494670850734_2133785325887157621_n (450x290)

↓とにかく反響が凄かった話題のショット!ひつじがカフェでコーヒー飲む?!で皆さん釘づけに…
「ここは ぼくたちの お気に入りの せき。
おいしいコーヒーを のみながら、ぼーっとするのが 好きなんだ。
まどの むこうで、ちいさい子が 手をふってくれた。ぼく、ひつじろう です。よろしくめえ〜。」

12003394_936100776456790_198981135937290378_n (450x293)

もっと「村上恵実 個展~ひつじたちのみる ゆめ は~」の様子を知りたい方は
■村上恵実さんの個展ギャラリーブログ “写真で想う、「ひつじたちのみる ゆめ は」フォトギャラリー” →GO!


作品制作はもとより、展示の演出アイディア・ご来場者の皆様へのサービス、そして遊び心…
作品に関わる全ての物事に対して、毎展示の度に知恵と技術と行動力を全力投球して真摯に取り組む村上さん。
今月開催の「ふくろう団地 ベストてん!」では、今までN24でのイベント作りを深く経験している目線から、アーティスト4人のグループ展をN24でいかに展開するか、それぞれの作品をどう活かすかを見る存在となっています。
今回は “ひつじまみれの村上恵実さん” から “ふくろう団地メンバーの村上恵実さん” に、ちょっと趣を変えて、また新たな彼女の魅力が登場しますよ。

それでは、ここからは村上恵実さんのインタビューです。
今回のグループ展に対する想いと、それから少し個人的なことまで?お伺いしてみました!





シリーズ ふくろう団地の住人訪問
~ふくろう団地いちの熱い人~
村上恵実さん インタビュー

 
わたし 「宜しくお願いします。今回で村上さんはN24イベント参加4度目ですね!」

村上さん「N24さんでは昨年の周年記念イベントから個展、ふたり展とイベントを開催させていただきありがとうございます!」

わたし 「こちらこそ、いつも展示会場に使って頂き有難う御座います。」

村上さん「このあたたかい空間で展示をすることで、(来場者の皆様に)アートを身近に感じて楽しんでもらえる事を、とてもうれしく思っています。」

わたし 「そう言って頂けて嬉しいです。村上さんはギャラリーでもカフェでも展示を経験していらっしゃいますが、開催する側から見て、ご来場くださるお客様の顔ぶれは場所によって変わるものですか?」

村上さん「カフェには、普段はギャラリーに行ったり絵を見たりという事が少ない方もいらっしゃるので」

わたし 「なるほど」

村上さん「そういったまだ見ぬお客様に、カフェタイムのついででも「アート」って堅いものじゃない、楽しいんだ!って思っていただけたらいいなと。」

わたし 「確かに、何かのついでだと肩ひじ張らずに楽しめるって事、ありますよね。それに何より村上さんご自身も楽しんで展示して下さっているので、それは見る側にも自然と伝わるんじゃないでしょうか?」

村上さん「私のお気に入りの場所だというのも大きいですね。」

わたし 「…!重ね重ね有難う御座います!(笑)」

12038293_938895786177289_8910414867029247186_n (450x300)

わたし 「さて、ここからちょっと話題を変えて、普段話さないような事を突っ込んで聞いていこうと思います。まず村上さんは様々な賞でその作品の受賞・入選を経験していらっしゃいますが、その理由はどこを評価されてのものだと思いますか?」

村上さん「いや!様々と言うほどありませんよ!う~ん…どこなんでしょう…。展示にお越しの方からは、動物の毛や肌の質感、古風な色合いをほめていただく事が多いです。これからはあったかい空気とか寂しい空気とか、そういうのを感じさせられる作品を作れたらいいな。」

わたし 「寂しい空気!ちょっと意表を突かれました。寂しい空気感は、個人的にかなり難易度が高い分野なのかと想像するので、そこに今後の課題を乗せてくるのはさすがだと思います。」

↓個展開催の折には、個展テーマである “ひつじ” をイメージしたカフェのイベント限定ドリンクからインスピレーションを得て、「みずのゆめ」(左) ・ 「はなのゆめ」(右)をサプライズ発表。 ※実際の色とは多少異なります。
12043148_940020202731514_5349210868119580643_n (450x338)

わたし 「作品のモチーフを選ぶ時の基準というのは何かあるのでしょうか?」

村上さん「とにかく好きなもの、ときめいたものを描いています。なので、大好きな動物の絵が多いですね。 ただ、好きというだけじゃなくて、表現したい気持に合うものを探します。例えばダチョウを大きく描いた「旅の途中」という作品。ダチョウさんがヨイショヨイショと歩く姿に、どんどん前に進みたいという気持ちを託せる気がして、その気持ちを乗せながら描きました。」

わたし 「あのダチョウは確かに、前に向かって歩いてましたね、絵の中で。…これから描いてみたいものは?」

村上さん「今後描いてみたいのは、かっこいいもの。ライオンとか…。」

わたし 「ライオン!ダチョウに続き、何だかまたまた大作になりそうな予感ですね?(笑)それでは逆に、過去初めて「描いた」と思えた作品は、いつごろ描いたどんなものだったんでしょうか?」

村上さん「3年くらい前ですね、自分の絵が描けるようになってきたと思ったのは。それまでは無理に憧れの画家さんのマネをしていました。もちろん、素敵な作品を参考にするのは良い事だけれど、私は参考じゃなく形だけのマネをしてしまっていました。真面目にやってたけど、今と比べると楽しさは少なかったかなあ。
ある日、同じふくろう団地の及川君に「好きなもの描きなよ」って言われて、大好きなひつじを描きました。
 < そういえば子どもの頃は動物ばかり描いてたっけ! >
そしたら自然とモチーフも技法も研究していて、いろんな事に興味が湧いて、試したくなって。
他にも、頑固な私がそれまでと違う考えを持つにはたくさんきっかけがあったんですけれど、やっぱり絵を描く事が好きだから、好きな事は楽しくやるのが一番なんですよね。
そんなふうにして初めてできた作品「夢寐(むび)」。これは私の絵だって思えました。」

わたし 「確かに、「夢寐」の原画は私も拝見した事がありますが、あの絵の持っている物は他とは違う空気に感じました。あれは見ていると流れ込んでくる、うーん…うまく言えないけれど…想いみたいな物がありますよね。
あ、そうそう!実は村上さんと私で、「夢寐」の事を “ひつじ父さん” とか “パパ” なんて愛称で呼んでるんですけれど、「彼」は本当にその先に広がる “村上ひつじ作品群” の大黒柱のような存在に感じます。」

↓夢寐/村上恵実(日本画) ※実際の色とは多少異なります。
DSCN9426_convert_20151009085832_2016091005480950e.jpg

わたし 「さて、ここからは学生時代のお話し、聞かせて頂きます。ずばり ビセン(北海道芸術デザイン専門学校)在学時代はどんな学生さんだったんのでしょうか?」

村上さん「ふわふわしてた。(笑) でも、課題は期限内に出していました。」

わたし 「あ、それは想像できる~(笑)」

村上さん「はっきりした目標が無くて、なんとなく絵を描くのが好きな人って感じでした。社会に出て働いて、まだ少しですが色々経験して、それでも描きたくなって、やっと描く事に向き合いました。」

わたし 「今も 気になる個展やグループ展にはよく足を運んでいるようですが、最近感銘を受けた「アートな物」はありますか?」

村上さん「 “kizuki.” という、透明なパネルに配置された天気アイコンが、光によって天気予報と気温を教えてくれる物。」

わたし 「それに魅かれた理由というのは?」

村上さん「複数あるパネルの中で特に、波戸場 翔龍さん(-誂処 京源-)の「家紋」のデザインがかっこいい!現代の道具に日本の伝統が溶け込んでいて素敵です。」

わたし 「それは気になります。チェックしてみますね!それでは、最後に今回のグループ展について伺っていきます。今回はビセンの同期4人でグループ展を開かれますが、同期だから出来る事ってなんでしょうか?」

村上さん「この人なら熱い気持ちでぶつかれそうだなって感じて誘ったメンバーなので、実は同期なのは偶然と言っても良いくらい、あまり関係無いんです。同期の良い所はあえて言えば、遠慮とか上下関係じみたものを早く排除できる事ですかね。ふくろう団地は横の会ですから。住人それぞれ良いものを作ろうという気持ちが溢れているので、気持ちをぶつけ合って高め合える事が、ふくろう団地だから出来る事だと思っています。」

わたし 「分かりあえるメンバー同士、気持ちをぶつけていけるって大事ですよね。さあ、そんな村上さんが信頼する「ふくろう団地」のメンバーですが、それぞれを一言で表現すると?」

村上さんから見た、メンバーは… 

色で例えました!
及川さん  :紺色
ガイアさん :秋っぽい赤
hamsinさん:オレンジっぽいベージュに水色
村上さん自身:黄色と芝生色


わたし 「そんなカラフルメンバーで開く、今月のグループ展に対する思いは?」

村上さん「今回は7月に行った展示「303号室」のリピート展という初めての試みです。リピーターさんにはN24さんという場所での一味違ったふくろう団地を。見逃した方、はじめての方には303号室の魅力を濃縮して楽しい空間をお届けしたいです!」

わたし 「それでは、このグループ展に興味を持っているお客様へ一言お願いします。」

村上さん「道具(画材)も描き方も色々な4人が集まった「ふくろう団地」の楽しいアートイベントです!24日(土)は女子チーム、25日(日)は男子チームがほのぼのとお待ちしておりますので、ぜひ気軽にいらしてくださいね!」

わたし 「有難う御座いました。村上恵実さんは予定ですと9月24日(土)在廊だそうです。加えて、毎回人気の村上さん作品のポストカードですが、今回のイベントを機に種類が増えて新柄カードも登場するとの事ですよ。こちらもぜひチェックしてみて下さいね!」




次回インタビューは、いよいよN24イベント初登場の方にお話を伺っちゃいます!
9月24日(土)・25日(日)は cafe N24 での 「ふくろう団地 ベストてん!」 に、皆様どうぞいらして下さいね♪

ふくろう団地 ベストてん!関連SNS
■Facebookイベントページ→GO!
■cafe N24 Twitter→GO! 共通ハッシュタグは #N24とふくろう団地



  1. イベント情報

9月「ふくろう団地 ベストてん!」参加アーティストインタビュー/vol.1 及川鑑治さん*

  1. 2016/09/01(木)

早いもので今日から9月になりましたね。
これから秋に向けてまっしぐらの札幌ですが、秋と聞くと皆さんは一体何を思い出しますか?
食欲の秋!読書の秋!
そして忘れてはいけないのが、そう、芸術の秋!
cafe N24 ではこの「芸術の秋」にスポットを当てて、9月最後の週末にアートイベントを開催します!!

それがこちらです!じゃんっ
デザイン/hamsin
IMG_20160830_181144_20160830181222_convert_20160901151136.jpg
IMG_20160830_181149_20160830181248_convert_20160901151152.jpg

「ふくろう団地」とは、“ビセン” こと 北海道芸術デザイン専門学校のイラストレーション専攻卒業アーティストさんによるアートユニット。 昨年5月にも N24 でアートイベントを開催頂いたので、そのお名前を聞き覚えある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現在のメンバーは、
・N24で “ひつじ” といえばお馴染の、村上恵実さん(日本画 / https://twitter.com/emi_mura_osushi )
・N24店内に原画を常設展示中の、及川鑑治さん(クレパス画)

そして今年ユニット初参加の
・ごはんカッターガイアさん(主にアクリルペイント/ https://twitter.com/akane383
・hamsinさん(デジタルペイント/ https://twitter.com/k_hamsin

今回はこの4名の皆さんが「ふくろう団地」というアートユニットを組んで、cafe N24 でのイベントを展開します。

ところで気になるのが、そのイベントタイトル「ふくろう団地 ベストてん!」なのですが、これにはズバリ 「ベスト展」と「BEST 10」、2つの意味が込められています。
実は今年7月、「ふくろう団地」の皆さんは、札幌大通にある ART-SPACE 201 にて「本展」を既に開催済。
9月の cafe N24 展示はその「リピート展」という事で企画されました。
それじゃあ新しい作品の展示はないの?巡回展の様な物?…と思われた方、お待ちください!
そこで注目なのが 「ベスト展」 と 「BEST 10」 なのです!!

それでは発表いたします!
今月 cafe N24 で開催される「ふくろう団地 ベストてん!」は
7月に開催された本展での来場者人気投票で
人気の高かった上位10作品を中心とした
新しい構成でお届けする
N24仕様のアート作品展示イベントです!!


当日は四者四様の様々な画材・技法を使った人気のアート作品が N24イベントスペースに集合!
正直、同じ「イラストレーション専攻」でアートを学んだ皆さんが、よくもまあここまで各々バラバラな技法にたどり着いて自分の個性を構築したものだと、それだけでも見る価値ありますね…笑
そんな4人、作品を並べてみた時には さぞや まとまりないかに思えてしまいますが、いやいやどうして。
なぜかどこかに スッと共通の落としどころがある。
それは多分それぞれが同じ「ふくろう団地」というユニットコンセプトを背負っているからかと思います。
面白いものだと思います。
同時に無限の楽しみ方も感じます。

その「楽しみ」をさらに広げて頂こうと思いまして、N24 ブログでは今回から「ふくろう団地の住人」こと参加アーティストの皆様へのインタビューを連載していきたいと思います。

連載第1回目の本日は、前回 N24 で開催した「ふくろう団地」のグループ展に参加し、それがご縁で現在は N24 店内禁煙席の飾り棚に作品原画を常設展示中。過去直近での N24 イベント参加は、今年3月に村上恵実さんと2人で行ったひつじをテーマとした2人展…
そうです!クレパス画の及川鑑治さんにお話を伺います!





シリーズ ふくろう団地の住人訪問
~いつも静かに頭の中で楽しいことばかり考えている、おもちゃ箱のような人~
及川鑑治さん インタビュー

 
わたし 「宜しくお願いします。まず前回 N24 で開催した 【村上恵実 ・ 及川鑑治 ふたり展─ ひつじはハコをとびだして ─】 の感想を教えて下さい。」

及川さん「大人も子どもも楽しめる展示だったと思います。自分にとっては初の試みもあり、挑戦の展示でもありました。」

わたし 「イベントで特に人気だったのが、直線と面だけで作られる及川さんの作品群 【カクブツ図鑑】 から派生した 新たな体験型作品 “カクブツ積み木” でした。そのカクブツ積み木を作ろうというアイディアが生まれた経緯を教えて下さい。」

及川さん「気軽にアートを楽しんでもらいたかったので、直接触れることのできる積み木にしてみました。」

↓3月開催のイベントで、体験型アートとして大人気となった“カクブツ積み木”。
及川さんの作品 【カクブツ図鑑】 と、イベントコンセプトの “飛び出すひつじ” を融合させて来場者にも大好評。

20160407142120224_201609011635291bf.jpg

わたし 「及川さんは N24 店内で常設の作品展示コーナーをお持ちですが、そのコーナーに対する思いを教えて下さい。」

及川さん「展示コーナーの作品を見て、アートに興味を持ってもらえらた嬉しいです。」

わたし 「なるほど。個人的には棚の左側に設置してある及川さんの名前プレートも、デザインが可愛いので皆様に是非ご覧頂きたいポイントです。ところで、及川さんとカクブツ図鑑との出会いを教えて頂けますか?」

及川さん「ステンドグラス風の絵を描いた時、「もっとシンプルにしたら…」と思ったのが切っ掛けです。」

わたし 「そうだったんですね!ちなみに最初に手掛けたカクブツモチーフは何でしたか?その理由は?」

及川さん「くちばしの大きなトリ。今もですが、鳥が一番表現しやすいです。」

わたし 「そういえば7月の展示にも、私の記憶が正しければ鳥の作品があったように思います。及川さんは作品を主にどんな画材で描いてるんですか?拝見するとはっきりした色づかいが多い様に感じますが、それはなぜですか?」

及川さん「最初は色鉛筆で描いていましたが、今はクレパスで描いています。楽しさや解りやすさを意識すると、あの色づかいになるのかも。」

わたし 「新しい構図が生まれるのはどんな時ですか?それはどれくらい時間がかかるものなんでしょうか。」

及川さん「アイディアはじっくり考えて生まれたり、突然だったり。構図の完成も同じで数日掛かったり数分で決まったりします。」

↓店内常設展示コーナーにある N24 をカクブツ図鑑として描いた作品。直線だけで表現された店内の世界観は秀逸。
20160407144141529_20160901163530782.jpg


わたし 「では次からは、ふくろう団地の事を伺いたいと思います。メンバーそれぞれを一言で表現するとどうなりますか?笑」

及川さんから見た、メンバーは…

村上さん  :ウォンバット
ガイアさん :レッサーパンダ
hamsinさん:ハムスター
及川さん自身:ネコ


わたし 「9月に N24 で開催するグループ展に対する思いを教えて下さい。」

及川さん「アートを見る切っ掛けや入り口になる展示にしたいです。」

わたし 「最後に、9月のグループ展に興味を持っているお客様へ一言お願いします。」

及川さん「お硬い展示ではありませんので、お出かけやお茶のついでにでも気軽にお越し下さい。」

わたし 「有難う御座いました。及川鑑治さんは予定ですと9月25日(日)在廊だそうです。及川さんのカクブツ図鑑作品は、一体どの画が【ベストてん!】に選ばれているか、皆さま注目してお運びください!」




次回は、日本画の村上恵実さんにお話を伺います。
9月24日(土)・25日(日)は cafe N24 での 「ふくろう団地 ベストてん!」 に、皆様どうぞいらして下さいね♪

ふくろう団地 ベストてん!関連SNS
■Facebookイベントページ→GO!
■cafe N24 Twitter→GO! 共通ハッシュタグは #N24とふくろう団地



  1. イベント情報
次のページ