cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (17)
休業・営業情報 (173)
イベント情報 (174)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

9月「ふくろう団地 ベストてん!」参加アーティストインタビュー/vol.2 村上恵実さん*

  1. 2016/09/10(土)

8月末から店頭で配布しております、N24の9月アートイベント「ふくろう団地 ベストてん!」告知チラシ。
お陰様で増刷をかけるご好評ぶりとなっています。
早速お手に取って下さった皆様、有難う御座います!

デザイン/hamsin
14192099_1132980266768839_707647176556605240_n (450x338)
IMG_20160830_181144_20160830181222_convert_20160901151136.jpg
IMG_20160830_181149_20160830181248_convert_20160901151152.jpg
N24ブログでは前回より、この「ふくろう団地 ベストてん!」参加アーティストさんへのインタビュー連載をスタート。
第1回目はN24店内に原画を常設展示中、クレパス画でカクブツ図鑑を描く及川鑑治さんにお話を伺いました。

■「ふくろう団地 ベストてん!」イベント紹介&及川鑑治さんへのインタビュー記事へ→GO!

連載第2回目となる今回は N24で “ひつじ” といえばお馴染、日本画の村上恵実さんへのインタビューを掲載します!

村上さんは今まで
・2015年5月9日 ~ 5月10日開催「そういえば…ふくろう団地も3周年」(cafe N24 3周年記念イベント)
・2015年9月26日~9月27日開催「村上恵実 個展~ひつじたちのみる ゆめ は~」
・2016年3月26日~3月27日開催「村上恵実・及川鑑治 ふたり展 ─ ひつじはハコをとびだして ─」
と、過去3回N24でイベントを開いておられますが、これは現在、N24でのイベント開催者としては最多記録となっています。

その3回の中でも、村上さんが皆様に広く存在を印象付けたのは、何といっても自身初の個展「~ひつじたちのみる ゆめ は~」ではないでしょうか。
彼女の爆発的ともいえる “ひつじ愛” を惜し気もなく注ぎ込んだその個展では、開催1ケ月前からお客様へ「世界観の発信」をスタート。
村上さんの生み出した ひつじの立像 “ひつじろうサン” が、N24店内でカフェタイムを満喫しながらTwitterで呟くという、何とも斬新なアプローチでたちまち話題となりました。

↓こちらは記念すべき “ひつじろうサン Twitter初登場” のツイート。
「はじめまして、ぼく"ひつじろう"です。
かあさんの さくひんてん 〜ひつじたちのみる ゆめ は〜 は、N24さんで ひらかれるよ。
ぼくも だいすきな、おみせなんだ。みなさん よろしくね。」

11947430_925494670850734_2133785325887157621_n (450x290)

↓とにかく反響が凄かった話題のショット!ひつじがカフェでコーヒー飲む?!で皆さん釘づけに…
「ここは ぼくたちの お気に入りの せき。
おいしいコーヒーを のみながら、ぼーっとするのが 好きなんだ。
まどの むこうで、ちいさい子が 手をふってくれた。ぼく、ひつじろう です。よろしくめえ〜。」

12003394_936100776456790_198981135937290378_n (450x293)

もっと「村上恵実 個展~ひつじたちのみる ゆめ は~」の様子を知りたい方は
■村上恵実さんの個展ギャラリーブログ “写真で想う、「ひつじたちのみる ゆめ は」フォトギャラリー” →GO!


作品制作はもとより、展示の演出アイディア・ご来場者の皆様へのサービス、そして遊び心…
作品に関わる全ての物事に対して、毎展示の度に知恵と技術と行動力を全力投球して真摯に取り組む村上さん。
今月開催の「ふくろう団地 ベストてん!」では、今までN24でのイベント作りを深く経験している目線から、アーティスト4人のグループ展をN24でいかに展開するか、それぞれの作品をどう活かすかを見る存在となっています。
今回は “ひつじまみれの村上恵実さん” から “ふくろう団地メンバーの村上恵実さん” に、ちょっと趣を変えて、また新たな彼女の魅力が登場しますよ。

それでは、ここからは村上恵実さんのインタビューです。
今回のグループ展に対する想いと、それから少し個人的なことまで?お伺いしてみました!





シリーズ ふくろう団地の住人訪問
~ふくろう団地いちの熱い人~
村上恵実さん インタビュー

 
わたし 「宜しくお願いします。今回で村上さんはN24イベント参加4度目ですね!」

村上さん「N24さんでは昨年の周年記念イベントから個展、ふたり展とイベントを開催させていただきありがとうございます!」

わたし 「こちらこそ、いつも展示会場に使って頂き有難う御座います。」

村上さん「このあたたかい空間で展示をすることで、(来場者の皆様に)アートを身近に感じて楽しんでもらえる事を、とてもうれしく思っています。」

わたし 「そう言って頂けて嬉しいです。村上さんはギャラリーでもカフェでも展示を経験していらっしゃいますが、開催する側から見て、ご来場くださるお客様の顔ぶれは場所によって変わるものですか?」

村上さん「カフェには、普段はギャラリーに行ったり絵を見たりという事が少ない方もいらっしゃるので」

わたし 「なるほど」

村上さん「そういったまだ見ぬお客様に、カフェタイムのついででも「アート」って堅いものじゃない、楽しいんだ!って思っていただけたらいいなと。」

わたし 「確かに、何かのついでだと肩ひじ張らずに楽しめるって事、ありますよね。それに何より村上さんご自身も楽しんで展示して下さっているので、それは見る側にも自然と伝わるんじゃないでしょうか?」

村上さん「私のお気に入りの場所だというのも大きいですね。」

わたし 「…!重ね重ね有難う御座います!(笑)」

12038293_938895786177289_8910414867029247186_n (450x300)

わたし 「さて、ここからちょっと話題を変えて、普段話さないような事を突っ込んで聞いていこうと思います。まず村上さんは様々な賞でその作品の受賞・入選を経験していらっしゃいますが、その理由はどこを評価されてのものだと思いますか?」

村上さん「いや!様々と言うほどありませんよ!う~ん…どこなんでしょう…。展示にお越しの方からは、動物の毛や肌の質感、古風な色合いをほめていただく事が多いです。これからはあったかい空気とか寂しい空気とか、そういうのを感じさせられる作品を作れたらいいな。」

わたし 「寂しい空気!ちょっと意表を突かれました。寂しい空気感は、個人的にかなり難易度が高い分野なのかと想像するので、そこに今後の課題を乗せてくるのはさすがだと思います。」

↓個展開催の折には、個展テーマである “ひつじ” をイメージしたカフェのイベント限定ドリンクからインスピレーションを得て、「みずのゆめ」(左) ・ 「はなのゆめ」(右)をサプライズ発表。 ※実際の色とは多少異なります。
12043148_940020202731514_5349210868119580643_n (450x338)

わたし 「作品のモチーフを選ぶ時の基準というのは何かあるのでしょうか?」

村上さん「とにかく好きなもの、ときめいたものを描いています。なので、大好きな動物の絵が多いですね。 ただ、好きというだけじゃなくて、表現したい気持に合うものを探します。例えばダチョウを大きく描いた「旅の途中」という作品。ダチョウさんがヨイショヨイショと歩く姿に、どんどん前に進みたいという気持ちを託せる気がして、その気持ちを乗せながら描きました。」

わたし 「あのダチョウは確かに、前に向かって歩いてましたね、絵の中で。…これから描いてみたいものは?」

村上さん「今後描いてみたいのは、かっこいいもの。ライオンとか…。」

わたし 「ライオン!ダチョウに続き、何だかまたまた大作になりそうな予感ですね?(笑)それでは逆に、過去初めて「描いた」と思えた作品は、いつごろ描いたどんなものだったんでしょうか?」

村上さん「3年くらい前ですね、自分の絵が描けるようになってきたと思ったのは。それまでは無理に憧れの画家さんのマネをしていました。もちろん、素敵な作品を参考にするのは良い事だけれど、私は参考じゃなく形だけのマネをしてしまっていました。真面目にやってたけど、今と比べると楽しさは少なかったかなあ。
ある日、同じふくろう団地の及川君に「好きなもの描きなよ」って言われて、大好きなひつじを描きました。
 < そういえば子どもの頃は動物ばかり描いてたっけ! >
そしたら自然とモチーフも技法も研究していて、いろんな事に興味が湧いて、試したくなって。
他にも、頑固な私がそれまでと違う考えを持つにはたくさんきっかけがあったんですけれど、やっぱり絵を描く事が好きだから、好きな事は楽しくやるのが一番なんですよね。
そんなふうにして初めてできた作品「夢寐(むび)」。これは私の絵だって思えました。」

わたし 「確かに、「夢寐」の原画は私も拝見した事がありますが、あの絵の持っている物は他とは違う空気に感じました。あれは見ていると流れ込んでくる、うーん…うまく言えないけれど…想いみたいな物がありますよね。
あ、そうそう!実は村上さんと私で、「夢寐」の事を “ひつじ父さん” とか “パパ” なんて愛称で呼んでるんですけれど、「彼」は本当にその先に広がる “村上ひつじ作品群” の大黒柱のような存在に感じます。」

↓夢寐/村上恵実(日本画) ※実際の色とは多少異なります。
DSCN9426_convert_20151009085832_2016091005480950e.jpg

わたし 「さて、ここからは学生時代のお話し、聞かせて頂きます。ずばり ビセン(北海道芸術デザイン専門学校)在学時代はどんな学生さんだったんのでしょうか?」

村上さん「ふわふわしてた。(笑) でも、課題は期限内に出していました。」

わたし 「あ、それは想像できる~(笑)」

村上さん「はっきりした目標が無くて、なんとなく絵を描くのが好きな人って感じでした。社会に出て働いて、まだ少しですが色々経験して、それでも描きたくなって、やっと描く事に向き合いました。」

わたし 「今も 気になる個展やグループ展にはよく足を運んでいるようですが、最近感銘を受けた「アートな物」はありますか?」

村上さん「 “kizuki.” という、透明なパネルに配置された天気アイコンが、光によって天気予報と気温を教えてくれる物。」

わたし 「それに魅かれた理由というのは?」

村上さん「複数あるパネルの中で特に、波戸場 翔龍さん(-誂処 京源-)の「家紋」のデザインがかっこいい!現代の道具に日本の伝統が溶け込んでいて素敵です。」

わたし 「それは気になります。チェックしてみますね!それでは、最後に今回のグループ展について伺っていきます。今回はビセンの同期4人でグループ展を開かれますが、同期だから出来る事ってなんでしょうか?」

村上さん「この人なら熱い気持ちでぶつかれそうだなって感じて誘ったメンバーなので、実は同期なのは偶然と言っても良いくらい、あまり関係無いんです。同期の良い所はあえて言えば、遠慮とか上下関係じみたものを早く排除できる事ですかね。ふくろう団地は横の会ですから。住人それぞれ良いものを作ろうという気持ちが溢れているので、気持ちをぶつけ合って高め合える事が、ふくろう団地だから出来る事だと思っています。」

わたし 「分かりあえるメンバー同士、気持ちをぶつけていけるって大事ですよね。さあ、そんな村上さんが信頼する「ふくろう団地」のメンバーですが、それぞれを一言で表現すると?」

村上さんから見た、メンバーは… 

色で例えました!
及川さん  :紺色
ガイアさん :秋っぽい赤
hamsinさん:オレンジっぽいベージュに水色
村上さん自身:黄色と芝生色


わたし 「そんなカラフルメンバーで開く、今月のグループ展に対する思いは?」

村上さん「今回は7月に行った展示「303号室」のリピート展という初めての試みです。リピーターさんにはN24さんという場所での一味違ったふくろう団地を。見逃した方、はじめての方には303号室の魅力を濃縮して楽しい空間をお届けしたいです!」

わたし 「それでは、このグループ展に興味を持っているお客様へ一言お願いします。」

村上さん「道具(画材)も描き方も色々な4人が集まった「ふくろう団地」の楽しいアートイベントです!24日(土)は女子チーム、25日(日)は男子チームがほのぼのとお待ちしておりますので、ぜひ気軽にいらしてくださいね!」

わたし 「有難う御座いました。村上恵実さんは予定ですと9月24日(土)在廊だそうです。加えて、毎回人気の村上さん作品のポストカードですが、今回のイベントを機に種類が増えて新柄カードも登場するとの事ですよ。こちらもぜひチェックしてみて下さいね!」




次回インタビューは、いよいよN24イベント初登場の方にお話を伺っちゃいます!
9月24日(土)・25日(日)は cafe N24 での 「ふくろう団地 ベストてん!」 に、皆様どうぞいらして下さいね♪

ふくろう団地 ベストてん!関連SNS
■Facebookイベントページ→GO!
■cafe N24 Twitter→GO! 共通ハッシュタグは #N24とふくろう団地



  1. イベント情報