cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

9月「ふくろう団地 ベストてん!」参加アーティストインタビュー/vol.3 ごはんカッターガイアさん・hamsinさん(前編)*

  1. 2016/09/13(火)

いよいよ会期が迫ってきたN24の9月イベント「ふくろう団地 ベストてん!」
イベントの概要については、皆さんもうご存知ですか?

IMG_20160830_114229_20160830183612 (450x373)
デザイン/hamsin
IMG_20160830_181144_20160830181222_convert_20160901151136.jpg
IMG_20160830_181149_20160830181248_convert_20160901151152.jpg

N24ブログでは、只今このアートイベントに参加されるアーティストさんへのインタビュー記事を連載しています。

過去の連載ページはコチラ
■連載第1回/「ふくろう団地 ベストてん!」イベント紹介&及川鑑治さんへのインタビュー記事へ→GO!
■連載第2回/「ふくろう団地 ベストてん!」村上恵実さんへのインタビュー記事へ→GO!

毎回更新ごとに、ブログ読者の皆様から多くの御反響をお寄せいただいています。有難う御座います!

連載第3回目となる今回は、「ふくろう団地」としてN24に初登場するアーティストさん、ごはんカッターガイアさん・hamsinさんにお話をお伺いします。
今までのインタビューはアーティストさんと私の個別対談で構成させて頂きましたが、今回からはお2人と私の3者対談でのお届けです。その為、前編と後編の2回に分けての掲載とさせて頂きます。

本日、前編は
1)4人のふくろう団地 結成裏話
2)cafe N24 との出会い
3)個性あるペンネームの由来~ガイアさんの場合~
4)個性あるペンネームの由来~hamsinさんの場合~
5)hamsinさん~デジタル画の道~
6)ガイアさん~紙とインクと「つよインク」~

の、6章に分けてお届けします。

読み応え十分の大ボリューム!
皆さんも、私達と一緒におしゃべりしている気分で、どうぞお気軽に読み進めてみて下さいね!




・ごはんカッターガイア
松前町出身/アクリルペイントなど
一度聞いたら忘れないこの名前。その由来は今日のインタビューで明らかに!デザイン&編集プロダクションに勤務し、イラストの仕事にも携わっている。今回の「ふくろう団地 ベストてん!」ではアクリル絵の具を使い、物語を彩ったような作品を描いている。

・hamsin
札幌市出身/デジタルペイント
この夏、ふくろう団地に引っ越してきた新メンバーの腹ペコ男子。何ともおいしそうな絵と可愛らしい ねこたちの絵を、デジタルペイントを駆使して描いている。柔らかい線と温かな色合いで描かれた作品は彼そのもの。

・わたし/cafe N24 店主家内





シリーズ ふくろう団地の住人訪問
~題名のない物語で 虹と闇を紡ぐ人~ ごはんカッターガイアさん
~お腹を空かせた可愛い世界に 奮起の炎を燃やす人~ hamsinさん

 
わたし「今回から2回に分けて、3人での対談を連載させて頂きます!どうぞ宜しくお願いします。」

1)4人のふくろう団地 結成裏話

わたし 「ガイアさん、hamsinさん、宜しくお願いします。さてお2人はアートユニット「ふくろう団地」新メンバーという事で、N24イベントは初参加ですよね。ようこそお越し下さいました!まずはお2人が cafe N24 を知って下さったきっかけを教えて頂けますか?」

ごはんカッターガイアさん(以下、ガイアさん)「私は村上さんから聞いて知ったような…。」

わたし  「ガイアさんは元々 村上さんとも及川さんとも面識がおありだったようですから、過去お2人がN24で展示イベントを開催した際にはよくお越し下さっていましたよね。その節はお運び頂き有難う御座いました!今回はガイアさんも一緒にイベント参加頂けるという事で嬉しいです!」

hamsinさん「僕は (N24で昨年11月に開催された) 「~背っ描くなので ~背中“かき”ます。~」 のアートライブイベントに足を運んだのがキッカケです。」

わたし  「お越し頂き有難う御座いました!実はそのイベントで、hamsinさんはたまたまN24店内に居合わせたビセン(北海道芸術デザイン専門学校)同期の顔見知り、「ふくろう団地」の及川さんと再会されたんですよね?」

hamsinさん「はい!」

わたし  「わたしもその場にいたので、あの時の事は良く覚えてます。及川さんは同じ「ふくろう団地」メンバーの村上さんと一緒にイベントへいらしていたので、hamsinさんはお2人のテーブルに相席して、3人はそこですっかり意気投合しておられました。」

hamsinさん「そうなんです。」

わたし  「ちなみに「ふくろう団地」メンバーの皆さんは、ビセンでイラストレーション専攻の同期だったと伺っていますが、hamsinさんと他メンバーさんとの学生時代のエピソードはありますか?」

hamsinさん「当時は選択の授業があって、僕は及川さんとガイアさんとはそこで一緒になっていたので面識がありました。」

ガイアさん「そうそう、hamsinさんとはインターンシップも一緒だったよね。」

hamsinさん「そうだった!あの時もガイアさんと一緒でした。」

わたし  「というと、hamsinさんは村上さんとは同期ながらタイミング合わず、学生時代は特に親交があった訳ではなかったんですね。ちょっと意外です…」

hamsinさん「(笑)」
      
わたし  「つまり今回「ふくろう団地」として最初に4人を結び付けたキーマンは、及川さんだったという訳なんですね!」

img12 (450x338)


2)cafe N24 との出会い

わたし  「まるでN24イベントに導かれるように?不思議なご縁で村上恵実さん・及川鑑治さんの“ふくろう団地”に入居する形となったガイアさんとhamsinさんですが。(笑) 今回のグループ展会場となるN24は、お2人ともカフェとしても気に入って下さっているそうで、光栄です。お2人の思う cafe N24 おすすめポイントを挙げて頂くとしたら、どこでしょうか?」

hamsinさん「サイドメニューのフードがとても美味しいところ!!」

わたし  「有難う御座います!注文するのにhamsinさんおすすめのドリンクとサイドメニューの組み合わせはありますか?」

hamsinさん「アイスのコーヒー牛乳にアップルパイです!アイスのコーヒー牛乳は2層のグラデーションが美しいし、アップルパイは添えている生クリームとリンゴのハーモニーが最高なんです!!」

わたし  「確かに、そのおすすめの組み合わせは相性抜群だと思います!(笑) ガイアさんはN24のお気に入りポイント、何かありますか?」

ガイアさん「和やかな雰囲気!!それから本があるところ!近所に引っ越したい…」

わたし  「そんなに気に入って頂き、有難う御座います。ちなみに好きなメニューは?」

ガイアさん「“N24のチャイ”です!!(飲んだ時に)すごく良い匂いがしました!」

わたし  「チャイは御注文頂いてからスパイスを砕きますから、香りが格別ですよね。リピーターのお客様も多い人気ドリンクなんですよ。」

gallery23_convert_20160911093814.jpggallery40_convert_20160911093830.jpg


3)個性あるペンネームの由来~ガイアさんの場合~

わたし  「さてさて、今回対談にお招きしたお2人ですが、その共通点はなんといってもその個性あるペンネームだと思います。今回のインタビューでもそのペンネームの由来をお聞きしないわけにはいきません。(笑) まず、ガイアさんにお伺いしてみましょう。ペンネーム“ごはんカッターガイア”の由来を教えて下さい!」

ガイアさん「…はい。友人の夢に私が「GAIA」と書かれた服を着て出てきた…というのが元です…。」

hamsinさん・わたし「へっ?!」

ガイアさん「しかもその服はHG(ハードゲイ)みたいな格好だったそうです。」

hamsinさん・わたし「えええっ?!」

ガイアさん「そこからイジられてイジられて、その後は あだ名に。“ごはんカッター”の部分は…なんか知らないけど、付いてきました。最終的に“ごはんカッターガイア”となったんですけど、細かい設定があるみたいで、正義のヒーローなんだそうです。(笑)」

hamsinさん「あのー、そもそもの、夢のディテールが凄いよね!(笑)」

ガイアさん「うん、あの夢を友人が見なければ私はこうならなかった…」

わたし  「つまり、ごはんカッターガイアという名前は自然発生的に自分についてきた名前、だったんですね!?」

3人(笑い)

↓ごはんカッターガイアさんの作品「FBイベントページのバナー画像」は人気の為、イベント当日のウェルカムボードにも。
FBバナー/ふくろう団地 (500x189)


4)個性あるペンネームの由来~hamsinさんの場合~

わたし  「そして、やはりこちらも謎のペンネームを持つhamsinさん。その由来を教えて下さい。」

hamsinさん「すみません、ちょっと話が長くなっちゃうんですけど…。高校時代のラジオネームがそのまま現在の活動ネームになってます。
高1の時、テスト勉強中にたまたま聞いていたラジオ番組の企画で「あなたの将来の夢を聞かせてくれたら、その夢を叶えるお手伝いをします」というコーナーがあったんです。僕はその時ちょうど地理の単語を覚えていたんですけど、見ていたキーワードが“ハムシン”(= hamsin) って熱帯地方に吹く風の名前だったんです。で、特に深い意味もなく、その“ハムシン”を自分のラジオ投稿用の名前にして、聞いていたラジオ番組へ「将来の夢」を投稿したんです。
<将来デザイナーになりたいです。今はデジタルで作画する時代なので、その為には絵を描く道具が必要です。>
そしたらそれが読まれて、ラジオ番組から「それじゃあ買ってあげます」ってお返事が来て。」

ガイアさん・わたし「えええええーーーーーー?!!」

hamsinさん「僕、その時はまだパソコン持っていなかったんですけど、ラジオ番組からペンタブをもらって、1年くらいペンタブだけがある生活になったんです。(笑) そこからアルバイトをして初めての収入でパソコンを買って、それからデジタル画にのめり込んでいきました。」

ガイアさん・わたし「へぇぇぇ…!」

hamsinさん「この切っ掛けが無かったら、今 デジタルで描いてなかったのかなって思います。」      

↓hamsinさんのポストカード各種は大変人気の商品です。 ※写真の絵柄は7月開催の本展にて販売のもの。
DSCN9818 (450x338)


5)hamsinさん~デジタル画の道~

わたし  「という事は、hamsinさんは高校生の頃から描く=デジタル画でスタート?」

hamsinさん「そうですね。高校から…手描きも描いてたんですけど、好きに描けるならデジタルってどんどんなっていって。デジタルってどう描くんだろう?って最初は使い方も分からなかったので。好奇心とか興味で。」

わたし  「なるほど。で、ビセンに入学した訳なんですね。でも聞くところによると、ビセンはイラストレーション専攻で入ると、デジタルの授業もあるけれど、それ以外の画材を使った授業も色々取り入れているそうですよね?」

hamsinさん「そうなんですよ。しかも僕らの時代のイラストレーション専攻はデジタルよりもほとんど手描きが主流で。」

ガイアさん「最近の生徒さん達はデジタル(の授業)も多いみたいなんですけれど、私達の頃は大体手描きでしたね。」

hamsinさん「色々な種類の画材を最初に用意して、入学と同時にあらゆる種類の手描きの画材が机に置いてありました。(笑)」

ガイアさん「懐かしい~」

わたし  「それはでもhamsinさんにすると、今までデジタルに集中して描いていたものが突然手描きの画材が主流になって、それを使って課題の製作とかをしなければならなくなったという事ですよね?それは、ど…どう乗り越えたんですか?」

hamsinさん「学校ではとにかく手描きでやってて、でも家に帰るとやっぱりデジタルもやって…うーん…その頃って…どっちも好きでした。」

ガイアさん「hamsinさんの手描き作品、すごく綺麗だったよ?「わー手描きも素敵だ」って思った!」

hamsinさん「アクリル絵の具のアクリルガッシュが、デジタルに近い…近くはないけど…色の混ざり方が感覚的に使いやすかったんです。」

わたし  「じゃあ卒業制作はガッシュで手描き?」

ガイアさん「すごく大きい作品だったよね。」

hamsinさん「うん、学校の黒板ぐらいの大きさの作品を描きました。」

わたし  「それは凄いですね、しかも手描きで!」

ガイアさん「私達のいた当時は、デジタルでデザインするのはグラフィック科がメインだったので…」

hamsinさん「この数年で時代が変わって、今は手描きを描けてもデジタル描けなかったら…みたいに変化してきているので、デジタルがメインになりつつあるみたいですね。ビセンの教室とかにもパソコンの機器が並んでますし。」

わたし  「そうなんですね。今はお2人ともデザイン系のお仕事に就いていらっしゃいますけど、それでは、お2人がお仕事で使っているのも?」

hamsinさん・ガイアさん「デジタルですね。」

11760166_405778812946705_1738549730233893083_n_convert_20151115020550_20160911093931167.jpg


6)ガイアさん~紙とインクと「つよインク」~

わたし  「ガイアさんは?プライベートで絵を描く時は手描きだと思うんですけど、どんな画材を使ってるんでしょうか?」

ガイアさん「良く使うのはアクリル絵の具ですね、ずっと使ってるので扱いやすいです。」

わたし  「他の画材は使わずに?」

ガイアさん「アクリル絵の具を使った絵に加えて、何か…クレヨンとか…うーん、マニキュアとか使ったりも…」

hamsinさん「面白い!」

ガイアさん「マニキュアは、色が綺麗だなっていう。」

わたし  「そういえばガイアさんは最近、凄く“つよインク”に感銘を…」

ガイアさん「はっっ!!!つ、つよインク!!!!!」

3人   「つよインクーーーーーーー!!!!(爆笑)」

hamsinさん「僕もガイアさんが“つよインク”をTwitterで呟いてるのを見て、何度も何度も呟き続けてるから、これはどこまで“つよインク”が続くんだろうって!」

わたし  「私もそれ(ガイアさんのツイート)見て凄く気になってたんです!“つよインク”、なんか凄いね!」

ガイアさん「そ、そ、そうなんです“つよインク”は凄いんですよ!」

hamsinさん「熱い!ガイアさんの勢いが凄い!」

ガイアさん「私は今インクジェットのプリンタを持っているんですけど、染料系のインクなので印刷部分が水に弱くて濡れると色がにじんだりもするんです。そこで耐水性があるレーザープリンタをほしいとも思ったんですが、レーザーはインクの乗った部分が…特に色の濃く乗った部分がテカるのが気になっていて。
私、できればマットな仕上がりにしたいんです。で、インクジェットに顔料系の“つよインク”を組み合わせれば、私の気になっている点を総体的にカバーできるのかもしれないと思いまして…」

マスター 「な、何の話?!“つよインク”って!」

hamsinさん「エプソンのインクジェットプリンタのインクの名前なんです。(笑)」

つよインク
エプソンのインクジェットプリンタに使われてるインクの愛称。
インクジェットプリンタ用のインクには、顔料系インクと染料系インクの2種類があり、エプソンは両方のインクを改良。顔料系のつよインクと染料系のつよインク、2タイプを開発したそう。
顔料系インクは、もともとオゾンや光に強い。また、水にも強い。しかし一方で粒子が粗くて光沢感が出にくかった為、粒子を細かくすると同時に色の再現性を高めた。
染料系インクは、色つやが良く写真等の印刷に向いているが、オゾンや光に弱く、壁に飾ったりすると、すぐに色あせる。そこで分子構造を改良しオゾンや光に対して強くしている。


ガイアさん「“つよインク”って、パッケージにこう、書いてあって。黄色のキャラクターがポーズとってるんです!」

hamsinさん「それ見たことある!インクの粒みたいなキャラクターだよね!」

ガイアさん「そうそう、それ。インクって顔料インクと染料インクがあって、にじむのは染料インクの方で 私のインクジェットプリンタはその染料インクなんですけど、出来れば今後、顔料の方の“つよインク”を導入していけたらなーと。」

わたし  「そうだよね。レーザー印刷のテカテカが気になったり、耐水性に切り替えたいその気持ち、私もそうだからよく分かります!しかし、やっぱりガイアさんは印刷とか紙質とかにこだわる人だったのですね!」

ガイアさん「あ~、そうゆうの好きです~。予算さえ組めれば、ほんとこだわりたいです~。」

わたし  「実はこの前、7月のふくろう団地 本展のサンクスレターを頂いたんだけど。それに使われていたハガキはガイアさんのデザイン制作でしょ?この質感を見た時に気付いたの。紙・インク・印刷を重要視している人だなって。」

ガイアさん「あ!そうでしたか!」

わたし  「これ、ハガキの表面に何かコーティングした?インクの発色が少しくすんだニュアンスで落ち着いてて、すごくいい雰囲気だなーと思って見てました。」

DSCN9815 (450x335)

ガイアさん「このハガキは印刷所に頼んだんです。マットな紙なんですけど、それが良い意味影響してぼんやりした雰囲気に仕上がるというか、その分色が沈んじゃう難点もあるんですけど、今回はうまい具合にいい感じの質感になりました。」

わたし  「私も紙が好きだから、ハガキを持った瞬間に「あ!いいな」って思いました!」

ガイアさん「ハガキ用の紙を選ぶ時に、村上さんがマシュマロCoC(使用した紙)が気になるけど、好きなの選んでいいよ!と言ってくれて。以前、この紙を使った名刺を見たことがあり、マットな感じが気に入っていたので、そのまま選びました。」

hamsinさん「そうだ!紙好きならサクマってお店知ってますか?」

ガイアさん・わたし「あー!はいはいはい!」

hamsinさん「あそこすごい紙の種類豊富だよね、さすが専門店。」

わたし  「そうそう!私も紙が好きだから、N24のメニューブックに使ってる紙は毎回サクマさんに選びに伺ってお世話になってます!」

hamsinさん「あ!やっぱり!メニューブックの紙は…“ファーストビンテージ”?」

わたし  「そう!よくわかったねぇ!」

ガイアさん「うわーーー(笑)」

hamsinさん「あのシリーズ凄い素敵ですよね、僕も思ってたんです!」

DSCN9811 (450x338)

わたし  「なんだか話がどんどんマニアッツクな方向に進んでいきますね。(笑) さすがビセンから巣立って、今まさにデザイン業界に身を置いていらっしゃるお2人、こういう話は尽きません。そんなお2人に、次回インタビュー後編ではお仕事や創作活動の事、そしてN24で開催されるイベントについてのお話もいよいよ伺いますよ。どうぞお楽しみに!」




次回インタビューは、ごはんカッターガイアさん・hamsinさんインタビューの後編です!
9月24日(土)・25日(日)は cafe N24 での 「ふくろう団地 ベストてん!」 に、皆様どうぞいらして下さいね♪

ふくろう団地 ベストてん!関連SNS
■Facebookイベントページ→GO!
■cafe N24 Twitter→GO! 共通ハッシュタグは #N24とふくろう団地


  1. イベント情報