cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

9月「ふくろう団地 ベストてん!」参加アーティストインタビュー/vol.4 ごはんカッターガイアさん・hamsinさん(後編)*

  1. 2016/09/21(水)

いよいよ今週末に迫ったN24イベント「ふくろう団地 ベストてん!」、皆さんもうチェックして頂けましたか?

↓FBイベントページでは、ごはんカッターガイアさんデザインのバナー画像がすっかりお馴染に。「ふくろう団地」公式キャラクターのホーホー君も人気。
FBバナー/ふくろう団地 (500x189)

N24ブログでは、只今このアートイベントに参加されるアーティストさんへのインタビュー記事を連載しています。

過去の連載ページはコチラ
■連載第1回/「ふくろう団地 ベストてん!」イベント紹介&及川鑑治さんへのインタビュー記事へ→GO!
■連載第2回/「ふくろう団地 ベストてん!」村上恵実さんへのインタビュー記事へ→GO!
■連載第3回/「ふくろう団地 ベストてん!」ごはんカッターガイアさん・hamsinさんへのインタビュー(前編)記事へ→GO!

毎回ご好評頂き、SNSでも多くのリアクションを頂いているこの連載。
最終回の本日は、前回掲載の ごはんカッターガイアさん・hamsinさんへのインタビュー後編。

1)ビセンで得たのは、未来へのアドバイス
2)グラフィックデザイン業界に携わる
3)イベント準備で初体験した様々なデザイン
4)「描く事が好き」その想いをのせて、いざ「ふくろう団地」へ

の、4章に分けてお届けします。
どうぞ最後まで御付き合いください!




・ごはんカッターガイア
松前町出身/アクリルペイントなど
一度聞いたら忘れないこの名前。その由来は前回のインタビューで明らかに!デザイン&編集プロダクションに勤務し、イラストの仕事にも携わっている。今回の「ふくろう団地 ベストてん!」ではアクリル絵の具を使い、物語を彩ったような作品を描いている。

・hamsin
札幌市出身/デジタルペイント
この夏、ふくろう団地に引っ越してきた新メンバーの腹ペコ男子。何ともおいしそうな絵と可愛らしい ねこたちの絵を、デジタルペイントを駆使して描いている。柔らかい線と温かな色合いで描かれた作品は彼そのもの。

・わたし/cafe N24 店主家内





シリーズ ふくろう団地の住人訪問
~題名のない物語で 虹と闇を紡ぐ人~ ごはんカッターガイアさん
~お腹を空かせた可愛い世界に 奮起の炎を燃やす人~ hamsinさん

 
私    「前編のインタビューではお2人の「ふくろう団地」や「cafe N24」との出会い、ペンネームの由来、愛用する画材の事についてお伺いしました。本日の後編も、どうぞ宜しくお願いします。」


1)ビセンで得たのは、未来へのアドバイス

私    「さて、後編は前編でも話題に上りましたお2人の母校、アーティストとして力を蓄えた場所でもある ビセン こと「北海道芸術デザイン専門学校」についてのお話しからスタートさせたいと思います。ズバリ!ビセンで印象深かった授業はありますか?」

hamsinさん・ガイアさん(考える)

私    「在学期間は2年間ですよね。聞くところによると、様々な要素を凝縮して学べる分、スケジュール的にはハードなカリキュラムだそうですが?」

hamsinさん「それはもう!!毎日採点され続ける感じで、甲・乙・優・良・可・不可みたいな。あの緊張感は凄いって思います。」(苦笑)

ガイアさん「座学が他のデザイン学校に比べると少ないらしくて、その分課題の提出が多いとは聞いていたんですけど。」(苦笑)

私    「うわぁ~!それじゃあ、印象に残る授業よりも何よりも、在学中は良い意味で「数をこなして腕を磨け~っ!」って感じなんでしょうか。」

hamsinさん・ガイアさん(頷き)

私    「それではまるで学生時代から企業で働く疑似体験をしている状態というか、締め切りが常に迫ってくる状況だったんですね。そしてお2人は卒業後に実際デザイン業界のお仕事に就かれたわけなんですが。」

hamsinさん・ガイアさん「はい。」

hamsinさん「同じ業界で働いています。」

私    「今のお仕事もそれぞれに忙しい毎日と伺っています。今の忙しさとビセン時代の忙しさ、それはやはり別物ですか?」

hamsinさん「別なんですけど、そこ(ビセン)で学んだ事が全てっていう感じですね。あの課題のスケジュール管理とか、全部を完成させなきゃいけないっていう部分は訓練されたと思います。当時はとにかく必死でなかなかイメージ通りに達成出来ない事もあったんですけど、今は社会人になって学生時代よりも経験を積む事が出来ているので、食らい付いて行く事も出来るんだと思います。やっぱりビセンで学んだ事は全て社会に出てから必要だった事だし、怒られた事は全部 未来へのアドバイスだったんだなって思います。」

私    「なるほど。それは、濃厚で充実した、そして厳しいビセンの2年間を乗り越えた人こそが得る事が出来る、「武器」なんだと思います。実際今回お2人とはイベント用のアイシングクッキーデザインや、hamsinさんはフライヤーのデザインもご一緒させて頂いて、良い意味で「タフ」である事と、デザインに対する考えが「柔軟」である事を痛感しています。
そんなお2人ですが、在学中に影響を受けた作品などはありますか?」

ガイアさん「授業で作品展を見に行く機会があって、それを見に行ったらすごく可愛い絵があったんです。「うわ!可愛い!」と思ったら、翌年(その作者の方が)先生として授業にいらして。作品に凄く憧れてたから嬉しかったです。」

hamsinさん「ああ!(その方は)僕にとっても印象深い先生です。作品は可愛いし、先生の展示物が街角や商業施設とかにも飾ってあってもすぐ目につく!」

私    「私もその先生の作品は個人的に存じ上げています。確かに可愛らしい作風ですけれど、素人目から見ても分かる完成度の高さが魅力的ですよね。」

hamsinさん「時代に流されず、それでいてイマの時代の人に響くイラストを描かれる先生で。」

ガイアさん「先生の授業では、自分の絵を見せると 先生が「ここのコレ面白いね」ってコメントをくれて。それで「あ、私のここって面白いんだ」と気付かせてもらう事が色々ありました。」

hamsinさん「そうだよね」

ガイアさん「別の視点が知れる授業でした。」

hamsinさん「凝り固まったアイディアを崩す。」

私    「あ!その感じこそ、私が今回お2人とご一緒させて頂いて感じた「柔軟」に通じる部分だと思います。やはり、ビセンイズムはお2人の中にしっかりとしみ込んでいるんですね!それでは、そんな様々な素晴らしい先生方から得た知識や技術を今お2人が活かしている現場、次はお仕事について少し伺ってみることにします。」

11760166_405778812946705_1738549730233893083_n_convert_20151115020550_20160911093931167.jpg


2)グラフィックデザイン業界に携わる

私    「お2人とも、現在のお仕事はデザイン業界に就いていらっしゃると伺いました。それぞれお仕事の職種を教えて頂くとしたら、何と表現するのが一番分かりやすいのでしょうか?」

hamsinさん「僕は…グラフィックデザインかなぁ?ガイアさんは自分の仕事の事、なんて言ってる?」

ガイアさん「私は広告デザイン業なんですけど、エディトリアルデザインと言えばいいのかな。と言っても、北海道だとエディトリアルデザインもひっくるめてグラフィックデザイナーが担当する事が多いですね。」

エディトリアルデザインとは
エディトリアルデザイン(英語:editorial design)とは新聞・雑誌・書籍などの出版物のデザイン。読み手の視線、意図を考えて視覚的に効果的な図や写真等を整理・配列・編集あるいは計画すること。紙面構成。(wikipediaより)

hamsinさん「言い方が難しいんですけど、北海道のグラフィックデザイナーは「何でも来い!」って感じで。例えば東京だと、ターゲット層やジャンル、担当範囲をしぼってお仕事される会社さんもあるそうなんですが。」

ガイアさん「北海道だとそこまでは細分化されていないんです。」

私    「なるほど。あ、…そういえば確かに。私もN24を起業する時に、ロゴマークのデザインからショップカードやコーヒーチケットのデザイン、シールにスタンプの製作、それからWEBページのデザインまで(!)、とにかく想い当たる全部の「デザイン」を札幌市内にあるグラフィックデザイン事務所に一括でご依頼して、結果全てをデザイン外注なしで納品頂きました…。」

↓ガイアさんがプライベートの創作活動で描いた絵のポストカード。 ※写真の絵柄は7月開催の本展にて販売のもの。
DSCN9825 (450x338)

私    「ガイアさんはエディトリアルデザインが主というお話でしたから、お仕事内容は出版物のデザイン全般なんですか?」

ガイアさん「私はデザインというよりも、オペレーターの方が得意です。指示をもらって素材(写真や挿絵など)を集めたり、修正をしたり。」

私    「そうなんですね。そういえば先日もフリーペーパーの表紙イラストやページイラスト、つまり「素材」を描かれていましたよね。」

ガイアさん「ありがとうございます。あれはクマゲラという鳥をベースにしたキャラクターなんですけれど、「クマゲラを可愛く」というリクエストがあって。」

私    「拝見しましたがとても可愛くて、しかも分かりやすく目立つキャラクターで印象的でした。やっぱりああいうお仕事を見ると「描く人なんだな」と個人的には印象を受ける部分も多かったのですが、どうですか?」

ガイアさん「そうですね、やっぱり描くのは、楽しいです。」

hamsinさん「僕もです。」

私    「お仕事で描く事と、プライベートでのアーティスト活動で描く事。同じ描くでも、お2人にとってそれはやはり違いますか?」

hamsinさん「仕事とプライベートのイラスト描くのは、すごい分けてます。別ですね。」

ガイアさん「仕事だと制限とかありますし。」

私    「確かに、クライアントさんありきのお仕事ですよね。」

ガイアさん「でも仕事でも、やっぱり、描いていると楽しいです。」

hamsinさん「あー、それ分かる!」

私     「今お話を伺っていると、同じ「デザイン業界」でもそのお仕事のスタイルや会社としての受注の幅は一言では言い表せないほど多岐にわたっているという感じですね。その中で、ガイアさんの場合はどちらかというとデザイナーよりオペレーターのポジションで頑張っておられて、hamsinさんはグラフィックデザインという大枠の中で仕事をどんどん進めていく…という感じなんでしょうか。」

hamsinさん・ガイアさん(頷き)

私    「今ここに同じ業界に仕事を持つ同期生がいるわけですが、お互いの事をどう見ていますか?」

hamsinさん「やっぱり励まされます。それから、今日みたいにガイアさんの話を聞いていると、僕も仕事に食らい付いていこうと改めて思います。」

ガイアさん「大変だもんね。私は学生のころからデザイン系の選択授業があるとhamsinさんのデザインを「凄いな」と思って見ていました。今、デザイン業界に足を踏み込んだからこそ、ハードなところに行っても好きだといえるんだと思います。」

DSCN9800 (450x328)


3)イベント準備で初体験した様々なデザイン

私    「そんなお仕事をなさっているお2人ですが、今回のイベントでは初めてのデザインにも挑戦して頂きました。それがアイシングクッキーのデザイン。そしてhamsinさんはフライヤー(チラシ)のデザインもして頂きました。hamsinさん、今回のフライヤーデザインはいかがでしたか?」

hamsinさん「楽しかったです。仕事ではまだ任されないような部分も含めて今回は全てを僕が1人で手掛ける事になって、初めてだったんですけど楽しかったですね。一番怖かったのは出来上がったフライヤーを勤め先の人に見せる事だったんですけど、「お!デザインいけるじゃん、いいじゃん!」って言ってもらえて、嬉しかったです。」

私    「お!」

ガイアさん「こういうジャンルの物って制作過程で色々な人のチェックを経て進んでいくんですけど、あの人からはこういう要望があって・この人からはこういう要望があってっていうのが色々あるので。」

hamsinさん「そうだよね。だから今回フライヤーっていう形を仕上げた事で、僕にも出来たぞって言う、一つの自信みたいなのになりました。」

私     「なるほど。今回、hamsinさんにはご多忙な中をぬってフライヤーのデザインして頂きましたが、その尽力の甲斐あって、現在フライヤーは店頭配布分 完配となっています。これはフライヤーを手に取られたお客様にも、hamsinさんのデザインが「伝わった」という事ではないでしょうか。現在はフライヤーの拡大ポスターがN24店内キッチンカウンター脇と店外窓に掲示してあります。フライヤーがお手元にわたっていないお客様はぜひ掲示をご覧になってみて下さいね。」

↓hamsinさんデザインのフライヤーは店頭配布でも大変ご好評頂きました!
IMG_20160830_181144_20160830181222_convert_20160901151136.jpg
IMG_20160830_181149_20160830181248_convert_20160901151152.jpg

私    「加えて、今回お2人にはもう一つの「初デザイン」として、アイシングクッキーのデザインにもチャレンジして頂きました!お2人には、本日(インタビュー当日)そのクッキーの試作品を見て頂きましたが、感想はいかがですか?」

hamsinさん・ガイアさん「…!可愛いっ!!」(笑顔)

私    「ですよね!私もそれぞれめちゃめちゃ可愛い仕上がりになっていると思います。」

ガイアさん「アイシングクッキーのデザインというのが初めてだったので…今日サンプル見るまでドキドキしてたんですけど。」

hamsinさん「この、ヒゲの再現度とか、すーごい!すごいです!」

私    「で、今日はクッキーに付けるタグ部分のサンプルをお持ち頂きました。今回のクッキーは、タグもお2人のオリジナルデザインです!今からタグの打ち合わせもさせて頂こうと思いますが、それはインタビューの後オフレコで…。皆様、どうぞ当日商品が店頭に並ぶのを楽しみになさっていて下さいね。(笑)」

DSCN9785 (450x338)

私    「そうそう、イベントではクッキーと同じ柄の入ったポストカードの販売もあるんですよね?」

hamsinさん・ガイアさん「はい!!」

私    「この感じだと、クッキーと組み合わせて購入しても絶対可愛いですよね!プチギフトにも最適です。お2人のデザインしたアイシングクッキーはイベント限定販売、数に限りがあります。限定クッキー画像など詳細は、下リンク先のN24ブログ「9月24日・25日の限定メニュー情報」をチェックして下さいね。」

■9月24日・25日の限定メニュー情報はこちら!*→GO!

↓サンプルチェック中のhamsinさん。自身のキャラクター、猫の「ヒゲぬこ」の顔と ぷちお の「ピンクの肉球」にニコニコww
DSCN9776 (450x338)


4)「描く事が好き」その想いをのせて、いざ「ふくろう団地」へ

私    「さて、インタビューもいよいよ最終章になりました。今や公私ともに「描く」自分を持っているお2人が、アートユニット「ふくろう団地」のメンバーとなった訳ですが。(お2人の「ふくろう団地」加入エピソードは対談 vol.3 掲載)まず、7月にギャラリーで開催した本展で印象に残った事を教えて下さい。」

ガイアさん「(お客様に作品を)褒められたり、気に入ってもらえた事です!!!」

hamsinさん「お客様の笑顔を実際に見る事が出来た事です。」

私    「hamsinさんはいつも作品をTwitterで公開することが多い様子ですから、確かに同じ空間で作品を挟んでお客様と相対することは素敵な時間だったと思います。
ちなみに話が少しそれますが、hamsinさんのTwitterはフォロワーさんが9000人(!!)を突破していますが、それについてご自身ではどう思われますか?」

hamsinさん「SNSを始めたころは活かし方が分からず試行錯誤の連続でした。」

私    「私も似たような経験があります。N24のSNSを始めた当時はまさにそうでした。hamsinさんはSNSの活かし方、何か見つかりましたか?」

hamsinさん「途中で肩の力を抜いてみたんです。何でもない日の記録や、日常の気づきを淡々と綴るように。でもそれが見てくださる方の心に届きました。」

私    「なるほど。」

hamsinさん「この国の優しさに少し触れた気持ちになりました。その温かな気持ちが、のんびりではありますが今の更新に続いております。」

私    「それは共感できますね。私も、「cafe N24 の奥さん」というTwitterアカウントを持っていて、そこでは札幌の街で見たことや愛でた植物の写真、つまりhamsinさん曰く「何でもない日の記録」を上げているんです。でも、そういうスタイルも「あり」だよなって、ユーザーさんとのコミュニケーションを介しても思います。ちなみにhamsinさんにとってのユーザーさんは、例えるとどんな存在ですか?」

hamsinさん「ユーザーさんは家族みたいな感じで、僕もツイートを出来る時にしているので、ここ2~3年はTwitterの「家」に僕もユーザーさんも自由に出入りして、「ただいま~」・「おかえり~」…みたいな感覚です。」

私    「確かに、hamsinさんのツイートは ほのぼのあったかい感じがします。hamsinさんの「甘いもの好き」に例えるなら、初秋の屋外で食べるホカホカあんまん みたいな!」(笑)

↓ポストカードデザイン/hamsin
DSCN9787 (450x338)

私    「それではここで、今回のインタビュー恒例の質問にいってみたいと思います。「ふくろう団地」メンバーそれぞれを一言で表現するとどうなりますか?まずはhamsinさんから!」


hamsinさんから見た、メンバーは…

村上さん  :良きライバル
及川さん  :良きライバル
ガイアさん :良きライバル
hamsinさん自身:負けず嫌い


私    「これは!ご自身で自身を「負けず嫌い」と言うだけあって、確かにしっかり負けず嫌いな解答を頂きました。これはTwitterを見ただけでは分からないhamsinさんの意思の強さだと思います。切磋琢磨できるライバルがユニットのメンバーだと公言出来る潔さ、凄いです。
それでは続いて、ガイアさんに伺ってみたいと思います!」


ごはんカッターガイアさんから見た、メンバーは…

村上さん  :ふんわりしているけど、芯がある!
及川さん  :将軍。
hamsinさん:いつも笑顔!
ガイアさん自身:雨女!



私    「ガイアさん、突っ込まずにはいられないのですが、及川さんはなぜ将軍なんでしょうか?」

ガイアさん「ビセン時代からのニックネームが将軍だったんです。」

私    「なるほど!確かに学生時代のニックネームってそのまま残ったりしますよね。」

↓ N24にて。ふくろう会議中の「ふくろう団地」メンバーの皆さん。
DSCN9734 (450x337)

私    「それでは、最後の質問です。いよいよ今週末に迫った「ふくろう団地 ベストてん!」についての意気込みと、ご来場を心待ちにしておられるお客様へのメッセージをどうぞ。では、ガイアさんから!」

ガイアさん「色々、やった事のない事をやらせてもらっているのもあり、頑張りたいです!!7月の本展を見ていない方、ぜひ!本展を見ている方も、アイシングクッキーなど新要素や、新グッズがある予定ですのでぜひ!!作品を見る場所が違えば、見え方も変わるかもしれません!!」

私    「有難う御座います。ガイアさんは現在、新たなグッズとしてレターセットも制作中とのことです、かなり楽しみです!ごはんカッターガイアさんの在廊は、予定ですと9月24日(土)となっています。皆様、ぜひいらして下さいね。続きましてhamsinさん、皆様にメッセージお願いします!」

hamsinさん「ご縁あって、僕の大好きなカフェでの作品展開催となりました。食欲の秋に、おいしいメニューのあるカフェで食べ物のイラストを飾れるのがうれしいです。観た後にお腹がすく感じを楽しんでほしいです。オリジナルの「ひげぬこアイシングクッキー」も数量限定でご用意しております。お楽しみに!」

私    「有難う御座います。hamsinさんは予定ですと9月25日(日)在廊だそうです。
そしてここで…
hamsin作品ファンの皆様に必見!異例のシークレット企画です!!
なんと、イベント会期中
今回のイベントでしか手に入らない
hamsinポストカードが、
カフェスイーツとセットになって
限定数でカフェメニューに登場します!


こちらの詳細情報は会期直前にUP!!
詳しい情報をいち早くGETしたい方は、是非下記SNSをチェックしながら会期をお待ち下さいね!

いよいよ目前になった「ふくろう団地 ベストてん!」、最後まで目が離せない!!
どうぞお楽しみに!!




ふくろう団地 ベストてん!関連SNS
■Facebookイベントページ→GO!
■cafe N24 Twitter→GO! 共通ハッシュタグは #N24とふくろう団地



  1. イベント情報