cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

2匹のうさぎが、伝えたいこと*  

  1. 2012/09/15(土)

「ねぇ、ママとパパは『けっこん』したの?」
「そうよ~」
「『けっこん』ってなに?」
「好きな人と、ずっと一緒に居ますよってお約束することよ」
「・・・・。。。。???でもパパは『おしごと』あるから、ママとずっといっしょにいないよ?…
 
お子さんがある年齢に達して、子供なりの社会で生活し始めると、言葉に対しての『なぜなに』が増えますよね。
子供から『なぜなに』が発信されたとき、子供だから…と安易な説明をせずに、きちんと向き合って正確に伝えたいのが親の気持ち。
でも内容によってはなかなか上手に伝わらない~
ついつい困ってしまった事はありませんか?
 
ママさん達にお話を聞いてみると、心情を表す言葉についての説明が特に難しいそう。
子供は思いもよらない発想力で世界中を縦横無尽に飛び回ったりもする反面、クールな現実主義だったりもして。
だから冒頭のような会話もしかり。
 
「え~っと、ずーっと一緒って…そうじゃなくて~
パパの仕事とか物理的な事は関係ないのよね~
要は気持ちの問題で~=З」
 
ママさん、言葉を探しますよねゞ
そんな時、大切なことをしっかり伝える手助けをしてくれる絵本がこちら。
 
しろいうさぎとくろいうさぎ
 
 
ご存じの方、多いと思います。
本文の大半が、うさぎ達の気持ちの重なり合っていく描写に充てられていて、結婚とはなんぞ?の説明文は一切なし。
それでも最後は「結婚したんだな」と『結婚』という単語を知らなくても理解できる。
素晴らしい絵本です。
きっと、物語の中でうさぎ達と共に遊び楽しみ、時々不安になり、読み進める中で自然に当たり前の事として「結婚」の『気持ち』を共有するのだと思います。
 
 
児童書には必ず表示してある対象年齢の表記。
個人的には疑問視している部分もあるのですが、この絵本の
 
■読んであげるなら、4才~
■自分で読むなら、小学校中級向き
 
↑に関しては納得してしまいます。
まあでも、何歳から読みはじめても良いとは思うんですけどね~笑
うさぎ好きの赤ちゃんが「ぴょんぴょんの絵本」として愛読してても、問題なんてないと思う◎
むしろ大きくなった時、自分が赤ちゃんの時から気に入っていた本の内容を反芻したら、より幸せな気持ちになれると思うなぁ。
 
そう、
この絵本の素晴らしいところは『大きくなった時に読み返して、更に言葉が身に染みる』という点。
実際、結婚祝いの品としても人気だとか。
 
是非
恋人と、婚約者と、夫婦で、そして家族で。
読み繋げてほしい一冊です。
 
ちなみに
クーネルのvol.38は、「しろいうさぎとくろいうさぎ」作者のガース・ウイリアムズを特集しています↓
 
 
この号の表紙の見出しは「愛はほわほわ」。
愛に満ちた彼の周圏が、たっぷりつまっています。
 
さらに
意外に知られていないのですが、ガースが挿し絵を手掛けた大作があるのです。
それは「大草原の小さな家」シリーズ。
 
この原画を描く為、ガースはインガルス一家の移住のあとを旅し、当時存命だったローラ本人とも対面しています。
 
ガースが挿し絵を手掛けた「大草原シリーズ」の一部↓
 
 
絵本と合わせて、「クーネル・大草原シリーズ」こちらもどうぞ、お手にとってみてください◎
ガースの温かな世界が包み込んでくれますよ。
 
今回ご紹介した本は全て、N24で自由にご覧いただけますww


  1. 子供・赤ちゃん関連情報