cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
■ご愛顧 有難う御座いました。
cafe N24 は 2017年7月13日をもちまして、閉店致しました。
今まで当店を想って下さった全ての皆様へ、心より感謝 御礼申し上げます。
本当に有難う御座いました。
ブログ最終更新文にて御挨拶を掲載致しました。
御一読頂けましたら幸いです。 店主夫婦

ブログ

カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

北欧神話とアベンジャーズ∴゜

  1. 2012/10/08(月)

マスターはアメリカンコミックも好きらしい。
私は読んでいる彼を見たことないし、話にも全く詳しくないのだけれどゞ
 
私の御同輩の皆様に軽くご説明すると、
日本で「有名な漫画雑誌は?」といえば、少年ジャンプ、マガジンやサンデーがあげられるように、アメリカで「有名な漫画雑誌は?」といえば、大抵この名前あがるらしい。
マーベルコミック。
その中には複数のストーリーが連載されていて、各々には正義の味方的な超人主人公がいる。
(↑このあたりは日本の漫画雑誌と近い。)
で、「マーベルヒーロー、夢の大集合!」的に、マーベル誌上の超人主人公達が、話の枠を越えて一同に会し悪いヤツをやっつける話。
それが、昨今公開された映画「アベンジャーズ」。
少し前の話になりますが、二人で見に行ってきました。
 
 
マスターは作品が見たくて、私は3D映画が見たくて。笑
 
結果、すんごく面白くて!帰りは2人であーだこーだとマーベル談義をしながら帰路についたのです、が。
今回の
〉マーベル誌上の超人主人公達が、話の枠を越えて一同に会し悪いヤツをやっつける話…
↑これね
実はヒーロー軍団に1人、人間じゃないのが混ざってるのです。
見た目は体格の良い人で、やたら古典的なコスチュームを着て。
手にはハンマーを持っている。
そんな彼は、神様。
地球を守っている、正真正銘の神様!笑
それがヒーロー軍団の一員として超人と同列参戦。
「神様がついてるんだから、ヒーロー軍団不戦勝でしょ」
いやいや、それがそうでもなくて。
この神様、結構…普通。
弱くはない、でも強すぎもない。我々が期待するような、ノアの方舟的「絶対的畏怖」を感じさせないんだよね~
ヒーロー的に、普通ゞ
ふふ
そんな、一般人間の私に「普通」と言われた神様。
その名は「ソウ」。
 
で、
そんなソウのマヌケな?愛すべき?キャラに惹かれておりましたらマスターが一言。
「ソウのエピソードは『北欧神話』に詳しく載ってるよ」
と教えてくれました。
あ、そうか!
神様だもんね!神話に載ってて当然だww
さっそくN24の本棚で手にとりました◎
北欧神話です↓
 
 
ローマ字の読み方で、北欧神話上では
ソウ→トール
ロキ(ソウの弟)→ローキ
と、なるんだそう。
このロキも今回の映画に悪役として登場しますww
 
 
目次をめくってみると、なんかやたらめったらローキが悪い騒ぎを起こしている様子。
マスターに聞いてみると「うーん、ロキって基本は徹底的に悪役だからねぇ。で、加えてソウとの兄弟仲は悪いんだよね」との話。
ふーん、そうなのか。
 
・・・・・いや、まてよ?
 
北欧神話の中では、大抵ローキが何かしら仕掛けて、結果騒動を引き起こす。
そんな行動を起こすローキの深層には、常に兄トールへのコンプレックスが潜んでいるんだけど。
今回の映画「アベンジャーズ」でも、騒ぎの発端はロキ。
ロキが宇宙の化け物を地球に呼び寄せたのが、正義のヒーロー大集合に至ったきっかけで。
その行動に至ったロキの理由ってのが↓
「地球が兄ちゃんの持ち物だから嫌だったの!ボク奪いたかったの!!」
 
・・・・・・
 
な~んだぁ
結局は神様の兄弟不仲に、人間が付き合わされちゃったって話じゃない?
あはははは~汗
・・・・。
 
ある意味、北欧神話を忠実に再現した「アベンジャーズ」?!
そして映画のスクリーンに揃った超人ヒーロー達は、映画の中でも口を揃えてソウに言うのです。
超人(人間)「お前の弟が暴走してるんだから、お前どーにかしろよ~!」
ソウ(神様)「…すまん。全力で収拾するが、出来れば力を貸してほしい!!」←と言いたいが、神様のプライドからそうも言えず、無言。
 
なんか神様に親近感を持った映画でした。笑


  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和