cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
■ご愛顧 有難う御座いました。
cafe N24 は 2017年7月13日をもちまして、閉店致しました。
今まで当店を想って下さった全ての皆様へ、心より感謝 御礼申し上げます。
本当に有難う御座いました。
ブログ最終更新文にて御挨拶を掲載致しました。
御一読頂けましたら幸いです。 店主夫婦

ブログ

カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

宮沢賢治、きたーーーー!!*

  1. 2013/03/06(水)

と、言うわけでwwwww
札幌駅のJRタワー10周年記念「宮沢賢治・詩と絵の宇宙~雨ニモマケズの心」展が、2日からエスタ11階のプラニスホールで開催されています。



サツエキで、このポスターを発見した時の衝撃たるや!
まさに、「ギャオオオオオオオオオオ!!??」でしたね。
あ、心の叫びですよ、心の。
理性、何とか働きましたのでヾ
まあ、危うく1人で叫ぶところでしたが…苦笑

宮沢賢治の作品には教科書で出会ったと言う方、多いのではないでしょうか?
私もそんな1人です。
小学校の5年だったかな?国語の教科書に「雨ニモマケズ」が出まして。
10歳・11歳の年齢には衝撃的なんですよね、あのフレーズが。
子供から少年・少女期に突入した、まさにその多感な世代が出会う詩としては本当にインパクトある作品だと思います。
もっと若い時に読んでいたら、それはきっと言葉遊びとして「音」が楽しい。
もっと大人になって読んでいたら、それはきっと教訓としてリアルな響きを持つ。
でも、あの時期に初めて読んだから、作者の温度を素直にそのまま体当たりで受け取って、胸やお腹に響いたんじゃないかと思うのです。

私の当時の担任の先生が、今思うとおそらく賢治ファンでして(いや、もしかしたら当時の詩人達とその時代全体が好きだったのかもしれませんが)特にこの時の授業には熱が入っていたのを覚えています。
とはいえ暗記しろとか筆記試験だとか、そういう熱の入れ方ではなくて、この詩を書くに至る作者の気持ち(「気持ち」という綺麗な言葉で簡単に片付く物ではないのですが)時代背景、世の中の考え…様々な要素を広く深く伝えてくれました。

そんなこんなで、今回の賢治展は私にとって「あの時の授業の最後の1コマ」という印象なのです。
だってだって!
今回なんと「雨ニモマケズ」の詩が直筆で書かれた手帳と、直筆の水彩画が札幌に来るのですもの!!(※注)
加えて、高村光太郎の「雨ニモマケズ詩碑の原書」も道内初公開だそう。
これは、賢治ファンならずとも一見の価値アリですよねww


JRタワー10周年記念「宮沢賢治・詩と絵の宇宙~雨ニモマケズの心~」

■会 期   平成25年3月2日(土)~3月24日(日)会期中無休 10:00~19:00(最終入場は18:30まで)

■会 場   札幌エスタ11F プラニスホール

■入場料   一般700円、高大生500円、中学生以下無料
     
■お問合せ  JRタワー 文化事業室 TEL.011-209-5075
       プラニスホール  TEL.011-213-2776

■主 催   札幌駅総合開発株式会社、北海道新聞社、NHKサービスセンター
■後 援   北海道、北海道教育委員会、札幌市、札幌市教育委員会
■協 賛   JR北海道
■特別協力  宮沢賢治記念館、宮沢賢治イーハトーブ館、林風舎
■企画協力  アート・ベンチャー・オフィスショウ
■監 修   天沢退二郎(詩人)



※注意
「雨ニモマケズ手帳」・「直筆の水彩画」オリジナルは、3月15日までの展示となります。
それ以降は複製の展示です。くれぐれもご注意を!!!!!


↓N24には賢治の全集や周圏を知るのに興味深い本などが揃っていますww
お出掛けの前の予習にも、お出掛けの後の余韻を楽しむ読書にも…
是非一服しにお立ち寄りくださいね◎




  1. イベント情報