cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
■ご愛顧 有難う御座いました。
cafe N24 は 2017年7月13日をもちまして、閉店致しました。
今まで当店を想って下さった全ての皆様へ、心より感謝 御礼申し上げます。
本当に有難う御座いました。
ブログ最終更新文にて御挨拶を掲載致しました。
御一読頂けましたら幸いです。 店主夫婦

ブログ

カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

今日は、なんの日∴゜

  1. 2013/03/14(木)

3月14日、今日は何の日?

「それは言わずもがな、ホワイトデー!ww」…なのです、が。

実は「国際結婚の日」でもあるのです。
ご存知でしたか?

国際結婚をしたカップルで有名なのがラフカディオ・ハーン氏と松江の士族小泉湊の娘・小泉セツ(節子)さん。
明治23年に40歳で来日したハーン氏は島根県の学校の英語教師に任じられ、上司である西田教頭のすすめで結婚したそう。
当時、日本語のままならないハーン氏と英語の分からないセツさんは、お互い夫妻の間だけで理解できる特殊な仮名言葉を使ってコミュニケーションを取っていたのだとか。
愛が国境を越えていますね~
このラフカディオ・ハーン氏、実は「耳なし芳一」などの作品で知られる「怪談」を書いた、小泉八雲でもあります。

最近の国際結婚カップルで有名な1組は、映画にもなりました「ダーリンは外国人」の小栗左多里さんとジャーナリストのトニー・ラズロさんww
漫画家の左多里さんが夫婦の日常を描いたノンフィクションコミックには、本編の他に様々な番外編が出ていて、私はこの番外編の方が結構なお気に入りだったりします◎
そもそもトニーさんはハンガリー人とイタリア人のハーフでアメリカ育ち。
そして語学好き、というか好きの度を超えている…オタク?マニア?ヾ
当然その矛先は日本語や日本文化にも向くわけで、彼の「素朴な」日本語に対する疑問は、時としてかなりの難問に化けたりします。

そんな訳で、本日の一冊↓


日本語って、日本語って…面白いなーーーーーww
自国語の奥深さに気付かせてくれる一冊です。
そして「外国の方って、そこをつつくのか?!!!」という、まさに重箱の隅をつつく様な日本語に対する疑問点の細かさに、ついつい笑っちゃいますよ。

こちらの本は、いつもの嫁本コーナーに置いてありますww
「国際結婚の日」をキッカケに、是非日本語の謎を楽しんでみてくださいね◎

  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和