cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

気球に乗って、どこまでも*

  1. 2013/05/19(日)

温かな夕方の出来事です。
小学生の友人が、唯一無二の素晴らしいプレゼントを届けてくれました。
おそらくそれは、学校の図工の時間に作った作品だと思います。
正直、最初は「上手に作ったから、あげるね」という心理のプレゼントだと思っていました。
ところが作品をよくよくよーく見ていましたら、「N24に届ける為に作った」のだと言う事が分かってきたのでビックリ!
二重に感激してしまいました。
その作品が、こちらです↓

moblog_ebc36e07.jpg

作品についての最初の発見は、気球のゴンドラに乗っている女の人が、よくよく見るとエプロンをかけていたという事。
第二の発見は、そのゴンドラの中に沢山模様を書き込んだメッセージの札が仕込まれていたという事。
そしてそこには 「がんばってね」 の文字!!!!!

もうもう、とにかくただひたすらにビックリして、何より無条件に嬉しかった!
驚きながら改めて作品を手に取ると、必死に糊を重ねた部分とか、はみ出たり切りすぎたり皺になったり…それはもう、悪戦苦闘した痕跡がありありと残っているのです。
でも同時に何だか物凄い…気迫というか集中力の跡と言うか、鼻息の荒さと言うか!(笑)
そういう「子供のナチュラルパワー」を伝え見れた気がして、作品を見ていると物凄く元気が出たのです。
この気球を届けてくれた時の伸びやかな気持ち、そしてワクワクドキドキしている胸のうちを察すると、本当に何とかその思いを受け止めてあげたくて、
N24の店内に気球を飛ばしてみました!!

moblog_9a5e08bf.jpg
↑この場所、店内のどこか分かりますか?ww

実はこの場所なら、外から覗いても見る事が出来るのです。
ただし、子供目線の高さからならば…なのですが
良くN24店内を外から覗いて見てくれる子なので、もしかしたら飛んでいる気球の存在にも自分から気付いてくれるかな?なんてww
ちょっとしたドキドキ返しを企てつつ、次に会える機会を楽しみに待っていたいと思います。

気球はしばらくN24を飛行した後、我が家でモビールにして楽しませてもらう予定です。
気球の飛行中にお越しいただく機会がありましたら、是非この力作を眺めあげてみて下さいねww



  1. 子供・赤ちゃん関連情報