cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
■ご愛顧 有難う御座いました。
cafe N24 は 2017年7月13日をもちまして、閉店致しました。
今まで当店を想って下さった全ての皆様へ、心より感謝 御礼申し上げます。
本当に有難う御座いました。
ブログ最終更新文にて御挨拶を掲載致しました。
御一読頂けましたら幸いです。 店主夫婦

ブログ

カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

嫁セレクト旅本・イロモノ編?*

  1. 2013/06/21(金)

WEBのトップページではもうご案内していますが。
最近、ダージリンのファーストフラッシュを召し上がりながら「てくてくインド」を読んでおられる方、多いです。

なんのこった??と思われる方の為に、まずはファーストフラッシュの件をちょっとおさらいしますと。
N24では先月から「旬のおすすめダージリン」で2013年の春摘み「ファーストフラッシュ」をお出ししています。
この紅茶はいわゆる一般的な「紅茶」のイメージをくつがえす、大変特徴的な茶葉。
通常の紅茶を淹れる際に使う湯温より低めのお湯で、ジックリゆっくり淹れるそのお茶は、なんと金色に輝く紅茶なのです
しかも収穫時期は2013年の3月~4月、そう!つい最近!!
この金色にインドの風を感じずにはいられませんww

■ファーストフラッシュについて、詳しくは過去のブログ記事へ→GO!

moblog_40ac81df.jpg moblog_669f1268.jpg

そして時同じくして…といいますか。
今、N24の「嫁本特集コーナー」には「世界を旅する旅本特集」という事で、世界の街歩きレポ本が並んでいます。

moblog_64739611.jpg

その中にはこんな本も↓
moblog_bbcee35f.jpg

と、いう訳で冒頭の一文に戻る訳なのですがww
目でインドを読みながら、味と香りでもインドを楽しんでいらっしゃるという、これってまさにバーチャルトラベル?!
皆さんN24でのご自分流の楽しみ方、見つけて下さっているのですね~ありがとうございます!

当初旅本をまとめてお持ちするにあたって、正直インド本は良い意味でのイロモノと言いますか、この本が入ることで結構バラエティー色豊かなラインナップになるかな?という理由で入れてみたのですが。
お客様のお好みにもよるところではありますが、ダージリンティーと結びつけて楽しんで頂けるとはww
お持ちした甲斐がありました

それを言うなら、実はお持ちするのを断念した、ある意味「超イロモノの旅本」がありまして…
N24にはお出ししていませんが、この場でご紹介。
コチラです↓

moblog_89ec0bb9.jpg

その名も「エジプトがすきだから」。
そう、エジプト旅本です~ww
え??エジプト、N24に置いてあったっていいじゃないかって???
いや、私個人的にはこの本楽しめるので好きなんですよ。
女の子が2人でエジプトを旅するっていうね、そういう旅本なんですが。
実はこの2人、あえて安宿を点々とするバックパッカーなんです。
今回はここがミソでして。
というのもこの2人は、リアルを書き、リアルを「包み隠さず」全てこの本に掲載する主義の様。
だから本の内容が結構…すごい…苦笑
すさまじく汚いトイレの写真や、清潔とは言いがたいホテルの部屋の写真なんかもガンガン載ってる。
加えて2人は常に言葉すさまじく怒っているヾ(それはもう、エジプトのありとあらゆる様々な事に対して。)
でも、そんなエジプトでの生活を楽しんでいるし、多分相当のエジプト好き。
そんな2人の書いた「リアル・エジプト旅本」な訳でして、中身はもう、いろんな意味で大充実!
いや~
「一部の」旅好きの方にはメチャメチャ楽しんで頂ける本なんですけれどねぇ…苦笑
飲食店でラフに置いておく本にしては少々強烈なもので、自宅の蔵書に留めてあります。
もし御興味おありの方いらっしゃいましたら、事前にお声がけ下さればN24にお持ちしておきますよ~
あ!エジプト旅行のご予定ある方いらっしゃいましたら、これは必読の1冊かもしれません!!!
私はこの本を読み終わって、日本語をエジプト語に確実に通訳するのって最初の頃は特に大変だったろうな~と漠然と思っていました。
世界は、本当に広いです!



  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和