cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (17)
休業・営業情報 (173)
イベント情報 (174)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

旬のおすすめコーヒー「ヘルサレン」*

  1. 2013/09/11(水)

すっかりブログでのご紹介が遅れてしまいましたが
先週から「旬のおすすめコーヒー」が新しくなりました。
今回は中米・ホンジュラスから「ヘルサレン」ですww

旬のおすすめコーヒー
カップ・オブ・エクセレンス2012 ホンジュラス4位
「ヘルサレン」
HOT¥550・ICE¥580



さてさて
毎回恒例のスタッフ試飲タイムですが。
今回は日中たまたまお客様の途切れた時間を使って、お客様目線からの写真でレポートしてみますねww
と、いう事で冒頭は小芝居にお付き合い下さい(笑)

「いらっしゃいませ~」


「えっと…旬のおすすめコーヒーを下さい」


オーダーが入るとまず響くのが、ガーーーーという機械音。
これはコーヒー豆を挽いているミルの音です。
豆は全て、ご注文をお受けしてから挽いているんですよ~


ピッとタイマーの音がして、マスタードリップ中ですww


余談ですが、ドリップの最中にスタッフの特権を使って豆の香りを嗅がせてもらいました。
何だか…とっても…トロピカルな香り。
評価にあった「パッションフルーツを思わせる」ってこういう事だったのか
よくフルーツ系の香水がありますが、もしこの香りの香水があっても違和感ないかも…
ナチュラルで美味しそうな南国系の香りですww

マスター「この豆の評価は、オレンジ・ピーチ・カシス・プラム・パッションフルーツの風味、ブラウンシュガーの甘さとジューシーで滑らかな舌触り。
南国トロピカル系の評価とベリー・ラズベリー系の評価、両方持つ豆は珍しいと思うよ。
逆にコーヒーに定番のチョコレートを思わせる評価は無いから、煎りが強いわけではないんだよね。」


なるほど、そうなのか~
そうこうしている間にもマスターはソーサーを用意したり…


頃合を見計らって、湯煎して温めておいたコーヒーカップをお湯から上げます。
ポンッ(ト)ポンッ(ト)ポン!
この音が聞こえてきたら、もうすぐ蒸らし時間の中頃です。
よく「料理はリズム」と言いますけれど、(確かN24にバックナンバーが揃っている雑誌「ku:nel」にもそんな記述があったような…)この音はコーヒーを淹れるマスターの「いつもの」リズム。
とっても心地よい音ですよ。
ポンッ(ト)ポンッ(ト)ポン!


タイマーの音が鳴って、コーヒーは仕上げ段階に入ります。


マスター「ほら、見てごらん!明るい色でしょう?今回の豆の特徴だよ。豆を挽いた時の香りも素晴らしくて、凄くフルーティーな香りがするんだ。まるでワインの樽みたいな、ラズベリーを思わせたりリンゴを感じさせてりするような…」

本当!明るい琥珀色です↓


しっかり注ぎきって…


マスター「はい、お待たせいたしました~」


ちなみに、普段お客様にはしていないのですが、コーヒーを抽出し終わった後の豆の香りも嗅がせてもらいました。
そしたらビックリ!!!
豆の香り、
めちゃくちゃオレンジーーーーー!!!!

こ…これは飲んだらどんなことになっちゃうんだろうか??
おそるおそる一口飲んでみました。
ん?
ん??
んんんん???!
ジューシーーーーーーーーーーーー
マスター、笑い気味。

マスター「汁気たっぷりのオレンジを噛んだみたいな飲み心地でしょ?」


確かに確かに、凄く汁気が多く感じます。人間の味覚って面白いなーww
しかも滑らかなのど越しで…美味しい!

マスター「時間が経つと酸味が落ち着いてきて少しコクが出てくるよ」

それならばと、ちょっと本棚に手を伸ばして。
ブックフェスの「有名映画の原作になった児童書特集」コーナーから「ヤングシャーロックホームズ」のパンフレットをパラパラ見。
この映画は派手派手でスピード感のある作品、完全オリジナル脚本が上映当時話題になったそうですよ


では、話をコーヒーに戻して。
改めまして飲んでみましょうwww
…お!うん、酸味が落ち着いた!!
甘みが増した気もするなあ…、これも美味しいね

実はこの豆、農園面積5ヘクタール・栽培面積3ヘクタールという、小さな農園の豆なのです。
コーヒーの生産国別・味覚のコンテスト「カップ・オブ・エクセレンス」に初出品したところ、堂々の4位入賞の快挙に躍り出た、まさに怪物のような豆です
マスターと「栽培面積3ヘクタール」を具体的にイメージしようとして思い浮かべたのが大通公園。
大通公園の1丁目(テレビ塔)あたりから3丁目までの3町画がそれに匹敵かと。
農園、思ったより小さいですね。
加えて経営は家族の手で行っていて、基本的には家族11人で運営しているそう。
11人…
こちらのイメージとしては、サザエさん一家が分かりやすいかな
波平さん・フネさん・サザエさん・マスオさん・カツオ君・ワカメちゃん・タラちゃん、加えてタマ
そこにノリスケさんとタエコさん、イクラちゃんで11人!
これぞアットホーム!

作った人の顔が分かる、それどころか家族の温もりが伝わるような、本当に素敵なコーヒーです。
みなさんも是非、大切な人や大切な場所を想いながら、召し上がってみてくださいね
希少な限定入荷です、ご注文はお早めに





  1. メニュー情報