cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
■ご愛顧 有難う御座いました。
cafe N24 は 2017年7月13日をもちまして、閉店致しました。
今まで当店を想って下さった全ての皆様へ、心より感謝 御礼申し上げます。
本当に有難う御座いました。
ブログ最終更新文にて御挨拶を掲載致しました。
御一読頂けましたら幸いです。 店主夫婦

ブログ

カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

ただ今の、旬のダージリン*

  1. 2013/09/27(金)

すっかりご紹介が遅れてしまいましたが。
N24メニューの「旬のダージリン」が夏摘みの「セカンドフラッシュ」となっています。

ダージリンティーはその収穫時期によって全く違う顔を出す紅茶葉です。
今回ご紹介する夏摘み「セカンドフラッシュ」は、ダージリン特有の芳香「マスカテルフレーバー」に代表される香りを持っているのが特徴で、その個性から「紅茶のシャンパン」とも呼ばれます。
この「マスカテルフレーバー」とはセカンドフラッシュの中でもごく一部の上質な茶葉だけがもつ香りとされ、巨峰のような赤い葡萄の皮の部分を口に含んで、何度か噛んだような甘く渋い香りの事。
一般的には「マスカットのような香り」と表現される事が多いようです。
今年のN24セカンドフラッシュは、とても軽やかな飲み口とセカンドフラッシュ独特の甘い香りが特徴の「シーヨク」をご用意しています



それでは、スタッフ試飲レポートですww
茶葉の良さを引き出すために、まずはたっぷりの酸素を含ませた水道水を適温まで沸かして、高い位置から空気を転がしながら注ぎます。
高い位置からお湯を注ぐのって、何だかパフォーマンス的な目線で見てしまいますが、お茶を美味しく入れる上できちんと意味があることだったのですね


注ぎきりましたww


ポットの中で茶葉が上下に動き回っています
この現象は「ジャンピング」と呼ばれて、お湯の中の酸素が茶葉に付着して茶葉を上に引き上げ、お湯の対流に乗った茶葉がティーポットの下に沈み…この繰り返しで起こるもの。
茶葉の量・お湯に含まれる酸素の量・お湯の温度・ティーポットの形などの条件が重なって起こる、紅茶を美味しく入れる必須現象です。


抽出完了時間間近、茶葉の動きも落ち着いてきました。


タイマーが鳴って抽出完了!
温めたティーポットに注いでいきますww

マスター「うおおお~!これは良いねえ!!」


綺麗に透き通った飴色です。


抽出に使っていたティーポットからは紅茶の残り香が…
中国種の茶葉だけあって、凍頂烏龍茶や黄金桂のような烏龍茶系の穏やかな香りがむせ返るほどに広がります


そこから今度は温めたティーカップに。


マスター「香りが立つように空気を含ませながら注いでるんだよ」


確かに、泡立つごとに…いい香り!甘い紅茶葉の自然な香りがしています


完成ですww
マスター「セカンドにしては色が薄い印象だね、透明感がある」

それでは、いただきまーす

お!上質な紅茶らしい、きっちりとした端整な味。
ダージリン特有の芳香「マスカテルフレーバー」もしっかり感じますね~
でもそこまで主張がギラギラしている訳ではなくて、紅茶として正統派に美味しく豊かな味わいです。

マスター「うん!美味しいね。ホットウイスキーを飲んでいるような感じ。舌に触れた時に甘みがあるね」



確かに、ほのかな焙煎香の後にぐ~っと甘みが出て「紅茶飲んでるなー」と頭も気持ちもお腹も納得できますね
ああ、これぞセカンドフラッシュ!

今回N24に入っているセカンドフラッシュは、味・香り・色の全てで「セカンドフラッシュの優等生」といった印象。
皆さんも、ダージリンのセカンドフラッシュにだけあるこの「マスカテルフレーバー」を、N24でしっかりと味わってみませんか?


旬のおすすめダージリン
セカンドフラッシュ 「シーヨク」

HOT¥630・ICE¥660







  1. メニュー情報