cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

どんぐり共和国、宮崎駿さんのオススメ児童書*

  1. 2013/10/05(土)

写真を撮ってみたら、すんごく可愛く撮れました。
どんぐり。
「らしい」、どんぐり。




そういえば昨日、札幌駅のパセオに「どんぐり共和国」がオープンしましたねww
スタジオジブリのグッズ満載ショップ、もう行かれた方いらっしゃいますか?

■どんぐり共和国って?→GO!

N24にはジブリ映画の原作となった児童書として、「床下の小人たち」シリーズ全巻(映画「借り暮らしのアリエッティー」原作)・「魔女の宅急便」シリーズ1~3巻・「ゲド戦記」シリーズ全巻が、蔵書に入っています
(「ハウルの動く城」の原作は「徳間文庫」の為、現在「岩波少年文庫」と「福音館文庫」を中心に揃えているN24の蔵書には、今のところ入っていません。ゴメンナサイ…


上の写真でジブリ原作と一緒に写っている本は、宮崎駿さん著「本へのとびら──岩波少年文庫を語る」


この本はマスターが本当におすすめしている1冊なので、岩波新書ですがN24に置いてあります
一体どんな本なのでしょう?
マスターに聞いてみましたww

マスター「この本は、「いろいろ児童書を読んでみたいけれど、どれから読んでいいか分からない」という人に特におすすめ。何から手をつけて(読んで)いいか迷ったら、是非この本を読んでみてほしいね
私   「それは児童書初心者には嬉しい内容の本だね~ww」
マスター「そうだね(笑)
特に初心者向けに作られた本という訳ではないのだけれど、そういう人にもおすすめだよ
この本では、スタジオジブリで有名な宮崎駿さんが、岩波少年文庫の中から、自分自身の目で確かめた50冊のオススメ児童書を紹介しているんだ

私   「という事は、宮崎駿さんをナビゲーターにした児童書ガイド本?」
マスター「そうゆう見方も出来るけれど、でも、それ以外にも宮崎さん自身の原点になるような作品を紹介したりしているから、ただ単純なガイド本とは違うと思うよ」
私    「へええ、宮崎ワールドの原点になるような児童書?それは読んでみたいなあ
マスター「そうでしょう?加えて、東日本大震災以降に関しての宮崎さんの想いや、震災後、宮崎さん自身がどういった事をやって行きたいと思ったか、そういう事柄にも触れているんだ。」
私   「さっき奥付けを見たんだけど、初版が2011年の10月で、2版が2011年の11月!1ヶ月で重版がかかったなんて、凄いねえ!」
マスター「うん。児童書というジャンルについてや、宮崎さんの思想についても書かれているから、幅広い読者に支持されたんだと思うよ。岩波少年文庫のガイド本には留まっていないという意味が分かるでしょ?」
私   「本当だね」
マスター「ガイド本としても楽しめるし、一方では深くも読める本なんだよね。」

私   「ちなみに、マスターがこの本を読んでいて一番心に響いた言葉ってなに?」
マスター「うーん…(しばらく沈黙の後)カバーの見開きの言葉。」
私   (その一文を実際読んでみて)「うん。うん、うん!」
お互い頷きあう。

私   「それじゃあ、この本に紹介されている本で、マスターが一番心に残った作品は?」
マスター「うううーん…(またもや沈黙の後)「みどりのゆび」だね。」
私   「それはどういうお話なの?」
マスター「フランスのモーリス・ドリュオンという作家の書いた話なんだけれど、筋は極めて簡単で分かりやすい話なんだ。
とても詩的な美しさを持った文調で、是非大人にも読んでもらいたい一冊だね。
「純真」というものをもう一度考えさせられる作品だよ。」




…と、いう事で。
どんぐり拾いが出来るようになったこの季節
どんぐりが大好きなトトロの生みの親でもある宮崎駿さんが、子供たちに、そして大人たちに伝えたかったメッセージを、児童書を通して探してみませんか?
────…N24で、どんぐりと共にお持ちしていますww



  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和