cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (18)
休業・営業情報 (173)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

旬のおすすめコーヒー「ボリンダ」*

  1. 2013/11/21(木)

またしてもブログでの御案内が遅くなってしまいましたが…

今お出ししている「旬のおすすめコーヒー」には、実はこんな見出しが付いています↓

「タクシーコーヒーって知ってる?」

正直なところ、知っている方のほうが少ないんじゃないのかな、とヾ
かくいう私も知りませんでした
で、当然マスターに聞いてみたわけですよ。

マスター「タクシーコーヒーっていうのは、豆の運搬方法に因んで付いた呼び名なんだ。
コーヒー豆を農場で収穫して、そこから生産処理場に運ぶときに、豆の輸送手段としてタクシーを使った事から【タクシーコーヒー】って呼ばれるようになったんだよ。
タクシーにコーヒー豆を満載にして運ぶって、その光景を想像すると何だかドキドキするよね。」


ええええ!?そりゃもう、確かにね!
そんな運搬手段を使って出荷されたコーヒー豆があるなんて、ビックリww
日本ではちょっと考えられません!
…というわけで、只今の豆はボリビアのタクシーコーヒー「ボリンダ」が入荷しています
moblog_e0e8633c.jpg

HOTで試飲してみたのですが、日本人が「コーヒー」としてイメージする香り・味はまさにこういうものじゃないかと思うくらい、しっかりとした正統派のコーヒーでした!
味わいはどっしりと、焼きの深い印象。
オレンジを思わせるような、柑橘系の香りもアクセントで印象に残ります。
ダークチェリーやチョコレートを感じさせる余韻、バランスもよく飲みやすいです。

ご注文頂いたお客様からも、

●「安定感のある味で、コーヒーを飲んだ!と味・香り両面から納得できる。」
●「COE(カップ・オブ・エクセレンス)の様な衝撃や、コーヒーの見方が変わるような新たな発見は無いけれど、コーヒーの王道的な味になごむ」
●「とにかく飲みやすくて優秀な、美味しい上質のコーヒーだと思う」

などの感想を頂いていますよ。

こうも季節が不安定で落ち着かない時だからこそ、せめてコーヒーの味と香りには穏やかで安心できるものを求めたくなりますよね。
この「ボリンダ」は、そんな気持ちにも優しく応えてくれるんじゃないでしょうか?


旬のおすすめコーヒー
ボリビア 「ボリンダ」
  HOT¥580 ICE¥610


moblog_e90360e1.jpg

クリスマスのプレゼントに囲まれた店内で、コーヒーらしいコーヒーを、是非味わってみてくださいね。



  1. メニュー情報