cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (18)
休業・営業情報 (173)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

旬のおすすめコーヒー「COEニカラグァ2位」の巨体、入荷中*

  1. 2013/12/24(火)

N24「旬のおすすめコーヒー」ファンの皆様、お待たせしました!
COEニカラグァ2012年2位獲得の豆「ラ・ディヴィナ・プロヴィデンシア」が、現在のN24「旬のおすすめコーヒー」です

…と、いうわけで。
12月23日にN24ブログでご紹介した「sapporo.100miles」にレポログをオープンされているモモさんがブログでご紹介くださっているのが、この「ラ・ディヴィナ・プロヴィデンシア」
そもそも「COEって何?」という方、いらっしゃると思うのですが…
COEとは「カップ・オブ・エクセレンス」というコンテストの名称で、このコンテストはコーヒーの生産国別に、世界基準で開催されている「コーヒーの味覚コンテスト」です
COEは農園の知名度や生産量に関係なく、あくまでも「液体にしたときの味を評価対象として」厳正な基準のもとで審査される権威あるコンテストなので、全世界のコーヒーファンから高い信頼を得ています。
COEに出品された豆はオークションで世界のコーヒー好きを相手に競り落とされ、希少価値の高い豆や人気の豆は当然高値で落札されています。

そんな背景のもと、実はこの「ラ・ディヴィナ・プロヴィデンシア」も高値が付いた豆でして…
今回のN24価格もちょっとお高めとなりました。

↓「ラ・ディヴィナ・プロヴィデンシア」に敬意を表して、今回はマスターが書きました


COEニカラグァ2012年2位
「ラ・ディヴィナ・プロヴィデンシア」
HOT¥850 ICE¥880


「え?!値段、高くない?!」と思ったあなた、そのご意見ごもっともです。
今回の豆はN24としても相当な高額商品の部類に入ります。
それでもマスターがメニューに加えたワケとは…
百聞は一見にしかず!とにかく豆を見てください!!!
どーーーーーーーん



同じ横井珈琲さんから頂いているブレンドコーヒー「いちばん」の豆との対比、もう笑っちゃうくらいにその粒の大きさが違います!
いや実際、この豆をはじめてみた時、私もマスターも笑いましたヾ
この豆は「マラゴジッペ」という品種だそう
「ラ・ディヴィナ・プロヴィデンシア」についての横井さんの評価は、ピーチや南国果実の甘さ・きめ細かくジューシーな舌触りと、あるのですが…さてどんなコーヒーがカップに生まれてくるのかな?
早速、試飲タイムスタートです!



豆を挽くとコーヒー豆の持つ香り「フレグランス」が濃密に広がります!これは…期待大www
さあ、適温のお湯を注ぎますよ~
一気に甘酸っぱいコーヒーの液体の香り「アロマ」がボダムポットからあふれ出します!!


マスター「…!こ、これは、ただ事じゃないね!!!」
豆の膨らみも、すごい…


頃合を見て、ボダムを軽く揺すってから蓋を閉めて、以降は蒸らしながら抽出です。


湯煎で温めておいたカップのお湯を切ります。
 ポン…ト、ポン…ト、ポン!
いつもの「あの音」が「もうそろそろ」の合図ですよww


♪ピピピピピピ
タイマーの「もういいよー」の音で、さあカップに注ぎます。


うわ~!!!なんて芳醇なコーヒーオイル


期待度MAX


抽出後の豆からはベリー系を思わせるような、コーヒーアロマの第一印象が強くなった甘酸っぱい香りが。
もう、むせ返るような香りです!
マスター「蜂蜜の様な香りがするなあ。ありがちなチョコレート系と評される香りとは違うよね」


それでは、いざ!いただきまーす!

マスター「(ゴクリ)うおおおおおおおおおおおお?!!」
マスター、めっちゃ頷いていますヾ
ど…どうしたの?
マスター「これぞCOE!キタね!!!」
追いかけるように私も試飲。
うん、確かに!
N24で「旬のおすすめコーヒー」に登場した歴代COEをご注文頂いているお客様なら、きっと共通の感想をお持ち頂けるんじゃないかと。
これぞ「THEカップ・オブ・エクセレンス」の美味しさだ、と

マスター「口の中に香りが残るね」
私   「この香りは…何と表現すればいいのかなあ?」
マスター「そうだねえ、果物系の。ベリーというか…やっぱりトロピカルフルーツ、かな?マンゴ・パパイヤ・パッションフルーツ…」
私   「おおお、確かに!」
マスター「ニカラグァってパンチが効いててドシッと飲みやすい豆が多い印象があるんだよね。」
私   「へえーー、生産国によって特徴って出るんだねえ…面白いよね。あ~もう、この香り!ずーっと嗅いでいたくなるよ~良い匂い~
マスター(笑)「この、きめ細かい舌触りもこの豆の特長だよね。ベルベットみたいな滑らかさ」
私   「うんうん!飲みやすい」
マスター「あと、舌の両脇にミルクみたいなコクが感じられる。それから質の高いフルーティーな酸味もいいよね。」
私   「そうだね、この酸味はキンキンしてなくてバランスがいいよね。そうだ!このコーヒーってもしかして牛乳が合うんじゃないかと思うんだけど…」
マスター「合うと思うね!入れてみようか」

マスター(牛乳を入れて一口)「おおお!予想通り、甘味が増したよまるでフルーツ牛乳みたいな」
私   「…本当だ!」

マスター「この豆は 軽やかなんだけど、どっしり。
口の中の匂いがベリー系で、後味はスッキリ…だね。
美味しい!笑」


…と、いうわけで。
やはりどんなに値段が高くても、横井珈琲さんの仕入れたCOEとその焙煎に間違いはありません!
今回も横井さんのお陰様で、N24から皆様に素晴らしい豆をお届けできます。
コーヒー好きのアナタ、N24の「旬のおすすめコーヒー」を追いかけて下さっているアナタ、そして興味を持ってくださったアナタ。
今回も限定量の入荷となっていますので、是非お早目にご注文下さいね。
そしてもし私達の思いに共感してくださったのなら、共に発寒に向かって叫びましょう!(心の中で)


横井さーーーーん、
今回も感動を有難う御座いまーーーーすっ!!



  1. メニュー情報