cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (18)
休業・営業情報 (173)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

新しい旬のおすすめコーヒーは、何と「深入り×グァテマラ」!!*

  1. 2014/01/26(日)

Q.まず新しくなった「旬のおすすめコーヒー」の豆の名前を教えてください。
A.「モンテ・デ・オロ」です。
Q.この豆はどういうランクに位置づいていますか?
A.スペシャルティコーヒーです。
Q.このコーヒー豆の生産国はどこですか?
A.グァテマラです。
Q.その国のどこで収穫されましたか?
A.グァテマラの首都「グァテマラシティ」より65km西のアカテナンゴ地区にある農園です。
Q.その農園の名前は?
A.モンテ・デ・オロ農園です。
Q.そこで主に誰が栽培したのですか?
A.マリオさん、マリオ・アラルコンさんです。
Q.そのマリオさんはどんな素性の人なんですか?
A.あー、マリオさんねぇ、
彼は元々はお医者さんだったんですけどね、恋した人の実家がコーヒー農園で、それで彼女と結婚する時に決心してお医者さんを辞めて農園を継いだんですって!医者から農家って、凄い転職のふり幅でしょ?私、それ聞いたときに手塚治虫を思い出しちゃったわよ~、だって手塚先生もほらお医者の免許持ってるじゃない?だからブラックジャックでもリアルに描ける訳よね!あら、ごめんなさい、話が脱線しちゃって。そうそう、マリオさんの話よね。でも素敵じゃない?ロマンスを感じるわよねえww今は息子さんも農園の手伝いをなさっているそうなんだけど、その息子さんてのがね…ペチャクチャペチャクチャ
Q.・・・・・・・

って、なんなんだ、この情報量は!!!!!
例えば札幌・狸小路のHUGマート店頭で、道内産の産直販売野菜を買ったとしても、その芋やら玉葱やらの生産者の結婚エピソードまでは分からないってのに!!!
遠くグァテマラの、コーヒー農園オーナーの、マリオさんの、若き日の恋愛事情を知り、運命的な出会いにロマンスを感じちゃって、彼の結婚を今更祝いたくなりながら、そんな彼が息子さんと栽培したコーヒー豆のアロマに酔う!
この凄さったら!OH!!!
この親近感、笑っちゃうほど嬉しいよ

と、言うわけで。
それでは今回も恒例のレポート、いざ始めましょうか

まずコチラ、そんなマリオさんが作って横井さんが焙煎した、豆。
前回の「旬のおすすめコーヒー」とは対照的に、ちょっと小ぶりでふっくらした豆ですね。


マスター「実は昔の職場でグァテマラの物凄く大振りな豆に出会ったことがあるんだけど、その時の衝撃があまりに強すぎて、僕の中では勝手に【グァテマラ→大きい豆】の印象があるんだよね(苦笑)。でも今回の豆は本当に小粒で可愛らしい豆ってイメージだよね!」

確かに、可愛い娘さんとでも言いたくなるような外見です。
そういえば今回、スペシャルティコーヒーにしては珍しく、横井さんはこの豆を深煎りに焙煎したそうなんです。
写真では分かりづらいと思うのですが、表面の色が微かに違います。
あの横井さんの判断だから、深煎りには絶対理由があって、そして確実においしい…はず!
期待が高まりますwww

豆を挽いて…おおおおお、豆の良いフレグランス


粉をコーヒープレスに入れますよ。
お湯の温度が適温になったところで、


いよいよ抽出スタート!タイマーもスタートww


見る見る豆が膨らんできましたよ~!


お湯の量を最後の1滴で微調整…


一定の時間になったら蓋をして、蒸らしながらの抽出に。


皆様ご存知の「ポン…ト」タイムです~


ピピピピ!!タイマーの音と同時にフィルターを落として抽出終了。
さて、どんな液体とご対面できるのかな?


2つのカップに、濃度が均一になるよう注ぎ分けて…


注ぎきった直後の豆の香り、この香りって嗅ぐと抽出中の夢見心地から一気に目が覚めるんですよね。
それくらい直接的に語りかけてくる香り。
この匂いを嗅ぎに、「旬のおすすめコーヒー」をご注文のお客様がわざわざタイマーの音と同時にお席からキッチンまでお越しになる事もある位。
何ていうのかな、これから飲むコーヒーについて、豆から名刺をもらってご挨拶の言葉を頂く感じです。


完成。
あ!黒の深みが違うぞ、さすが深煎り焙煎。
でもコーヒーオイルがゆったり浮いて、これは、これは!!


マスター「スペシャルティコーヒーは主に味や香りの華やかさを楽しむ趣向が強いから、焙煎の度合いとしては浅煎り~中煎りになる事が多いんだよ。でも、それこそ昨日のブログで紹介していた本の著者のお一人である、バッハコーヒーの田口さんも書いている通りで、中煎りよりも先にある深い焙煎の段階、2ハゼ以降に出てくる特有の味わいっていうのもあるんだよね。だから理屈が無いままに浅く煎ればいいって言うことでもなくて、その豆の持ち味を知った上で個性を尊重した焙煎があるっていう事だと思うんだ。」

コーヒーの焙煎過程と豆の色の変化については、N24蔵書の「コーヒーおいしさの方程式」P67で簡単に分かります。良かったらちょっと見てみてください、「焙煎」がイメージしやすくなりますよ

私   「じゃあ今回は、やっぱり横井さんが意図して深煎りにしてるんだね。その「意図」は何なのかドキドキ楽しみになってきちゃった!さっそく飲んでみようよww」
マスター「ちなみに今回の豆の評価としては…チョコレート・プラム・チェリーの風味、まろやかでクリーミーな舌触り、スイートチョコやキャラメルのような甘さ…とあげられているヨ」



私   「あと、明るさのある深煎りコーヒーとも書いてあったけど、明るさと深煎りって????」
マスター「んふふ、まあまあ、頂いてみようよ」
私   「いただきまーす!」

・・・・・・。

お!うおおおおーー!
やっぱり冬はコレぐらいの味が飲みたくなるよねーー!!
うままままままww


私   「美味しい!全然焦げ臭くないね!むしろ香ばしいww」
マスター「そうだね!さすが横井さんだよね!!深煎りだけどスペシャルティらしい華やかさも出ているよ。飲みやすさの立つストロングタイプ…とでもいうか」
私   「コーヒーオイルも沢山浮いてて、まさにクリーミーだねえ」
マスター「評価のキャラメルは、どちらかというと焦がしキャラメルのイメージかな?口の中の残り香は…プラムだ!」
私   「最近N24の旬のおすすめコーヒーに良くあった、南国系のトロピカルな印象の豆とはまたぐっと変わってる」
マスター「うん。」
私   「酸味が…無い??」
マスター「いやいや、酸味もあるよ。口に入れた瞬間に舌の両脇にくるでしょ?」
私   「?(もう一度飲んでみて)あ、ほんとだ。飲みやすいから旨みとしてしか思わなかったよー!この味、この香り…グァテマラおいしい!!!」
マスター「さっきも話した昨日のブログで紹介した本の中で、田口さんが重ねて書いている物に【コーヒーの上質な苦味】のテーマがあるんだけど、苦味はその先で香りや味などにつながる為の大きな鍵でもあるんだ。今回のモンテ・デ・オロはまさにその意図が体験できるんじゃないかなあ?」

コーヒー豆の焙煎温度と苦味の関係性については、N24蔵書「コーヒーおいしさの方程式」P91に具体的なデータがありますよ。コーヒーも科学、納得です

私   「うんうん!オイシイって言葉が呟きとしてポッと出る感じ…
     私メチャメチャ好きだな、この豆とこの焙煎!


と、いう訳で。
試飲の結果、見事私のツボにどストライクの直球を頂きましたよ~
や、や・ら・れ・た…ww



旬のおすすめコーヒー
スペシャルティコーヒー グァテマラ
「モンテ・デ・オロ」
HOT¥600 ICE¥630



冬のどっしりまろやかな一杯、
若き医師のドラマチックな愛あって生まれたこの豆を
    是非あなたの心とお腹に染み渡らせてみて下さい───



●おまけ
今回はマスターの手書きカードがメニューに登場。
「・」部分がコーヒーの豆ww




  1. メニュー情報