cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
■ご愛顧 有難う御座いました。
cafe N24 は 2017年7月13日をもちまして、閉店致しました。
今まで当店を想って下さった全ての皆様へ、心より感謝 御礼申し上げます。
本当に有難う御座いました。
ブログ最終更新文にて御挨拶を掲載致しました。
御一読頂けましたら幸いです。 店主夫婦

ブログ

カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

「コーヒー おいしさの方程式」*

  1. 2014/01/25(土)

さて、N24嫁本コーナーの本達は今まで、入れ替わり差し代わりして少しずつ動きを持ってきたのですが。
その中にあって、N24開店以来まるで「無遅刻無欠席」よろしく、欠かさず嫁本コーナーで頑張っている1冊の専門書があります。
今までN24ブログにも何度と無く登場してきました、こちらの本です。

田口護のスペシャルティコーヒー大全田口護のスペシャルティコーヒー大全
(2011/05/21)
田口 護

商品詳細を見る

この本は、私が昔から大変お世話になっている「ydoffice」さんより、N24開店を祝って頂戴した大変思い出深い本です。
N24のオープンは2012年の5月でしたから、この本が発刊された丁度1年後の事でした。
(装丁家である「ydoffice」さん、実はこの「田口護のスペシャルティコーヒー大全」のアートディレクションも手掛けられ、その後この本は2013年5月24日に「第3回辻静雄食文化賞」を受賞する快挙を成し遂げます。)

とにかく珈琲に関する事典とも言うべき本で、N24でも特にお客様との珈琲談義時に大活躍。
言葉でお話しするだけではなかなか伝わりきらない珈琲の豆そのものに関する事柄を、本文・注訳はもとより写真やイラストなどの図解もフル稼働させて解説している、まさに「大事典」なのです
著者の田口護さんは、有名な喫茶店「カフェ・バッハ」の御店主。
そう、あのバッハコーヒーの田口さんです。
1968年、カフェ・バッハを開業なさった田口さんは、1972年にコーヒー豆の自家焙煎をスタート。
コーヒーの生産国や消費国40数カ国のコーヒー事情を視察するなど、世界のコーヒーファンから一目置かれる存在です。
田口さんの作ったコーヒー用語が、世界中のコーヒー業界の常用語として使われていたりもするんですよー(←マスターから聞いたウンチクの受け売りです苦笑)
現在、田口さんはバッハコーヒーグループを主催して後輩指導に専念なさる傍ら、「日本スペシャルティコーヒー協会」の会長でもいらっしゃいます。
そんな田口さんですが、何と!ご出身はわれらが札幌ですよ!!!
何だか勝手に、恐れ多くも一気に親しみ感じちゃうのは私だけ??笑

■田口さん率いる「カフェバッハ」、HPはこちら→GO!

と、ここまで書き連ねてまいりましたが実はこれ、前置きでして…え?長すぎ??ヾ
ここからが本題なんです!
先日1月20日に、とある本が発売されました。
それがコチラ↓
じゃじゃーーーーん!!

コーヒー おいしさの方程式コーヒー おいしさの方程式
(2014/01/16)
田口 護、旦部 幸博 他

商品詳細を見る

そうです、「田口護のスペシャルティコーヒー大全」の後続本と言うべき新刊が発売されました!
そしてこの最新刊を、今回も「ydoffice」さんよりN24にお届けいただいちゃいましたよーーーーwwww

↓見覚えある本棚に、ドーーーーン


ワタクシ、帯の言葉「コーヒーの香味を自由自在にコントロール」にノックアウトでした!ヾ
だって、そんなこと出来るなんて、考えたらワクワクしちゃう…
で、この本をお届け頂いてからしばらくの時間をかけて、じっくり読み進めてみました。
朝の連ドラ「ごちそうさん」の台詞で、「料理は科学」というような言葉が出てきましたが、いやぁ、コーヒーも科学ですね
この本は、前作の「田口護のスペシャルティコーヒー大全」を大事典や専門書というなら、それこそ「参考書」というニュアンスで、正直私にとっては非常に手にとりやすいです。
そう、例えば「コーヒー消費者双六」というものがあったならば…

生活の中でコーヒーを良く飲む→色々なカフェのコーヒーを飲み歩くうちに「あそこの味がいい」等の興味がわいた→気付くと、コーヒー豆を買って自分でも淹れて飲むようになっていた→豆の焙煎具合や生産国に自分なりの好みが出てきた→豆を買うときに、解説文を見ただけで自分好みの豆が選べるようになってきたと思う→この豆ならこう淹れるとより美味しいんじゃないかなあ?という探究心が出てきたと同時に、コーヒー豆の生産製造に対する疑問も色々わいてきた…

という、まさにココ!「コーヒー消費者双六」で今、このあたりのアナターーーーー!!!
まずはこの本をめくってみて下さいww
かなり読み応えあって・内容も情報量も豊富で満足できます

ちなみに、今回の本の内容について私も印象的だった何項目かを書き記そうかと思ったのですが、いやとんでもない!
共著の、科学者で人気ブログ「百珈苑」を主宰する旦部幸博さんのブログに、それはそれは詳しく解説紹介されていましたので、ご興味ある方はどうぞそちらをご覧下さいませ

■旦部幸博さんのブログ「百珈苑」へ→GO!

さて、次回N24ブログではメニュー「旬のおすすめコーヒー」に新しく入荷しましたグァテマラを、旬の話題「コーヒー おいしさの方程式」の内容に軽くふれながらご紹介予定です!
どうぞお楽しみにww

↓「コーヒー おいしさの方程式」はAMAZONのグルメ部門で1位になるなど評判も良い話題の本。
是非お手にとってご覧下さいね。





  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和