cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
■ご愛顧 有難う御座いました。
cafe N24 は 2017年7月13日をもちまして、閉店致しました。
今まで当店を想って下さった全ての皆様へ、心より感謝 御礼申し上げます。
本当に有難う御座いました。
ブログ最終更新文にて御挨拶を掲載致しました。
御一読頂けましたら幸いです。 店主夫婦

ブログ

カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

思いやりの遊び*

  1. 2014/01/28(火)

そういえば、先週の中頃。
お正月の月という事で店内にディスプレイしていた、紙風船・独楽・それから羽根つきの羽根を撤去しました。



羽根を見ていたら、ふと思い出したのですが…
羽根つきって、羽根を受ける(ラリーする)「相手のことを思って」「相手が受けやすいように」打たないと、絶対に長続きしないのだそうです。
もちろんそこは精神論だけではなく、物理的にも打ち合いを続かせる為のコツがあるそうで、そのネックはやはり「羽根」。
この羽根の開き具合で飛ぶ速度が顕著に変わり、つまり上の写真のようにシュッとすぼまった羽根だと矢のように飛ぶので、相手はどうしたって打ち返せないのだそうですよ。
確かに私も昔、友達と羽根つきした記憶がありますが、テニスのサーブよろしく格好いいフォームで「シュッ」と打ったときにはもう!弾丸のように一直線に飛んだ羽根は、とても相手が打ち返せるどころでないヾ
羽子板も見事に宙を掻き、次の瞬間には飛んだ羽根を拾うべく慌てて走らなければなりません。

つまり羽根つきを長くラリーするには、まず羽根を広げてなるべく空気抵抗を作り、それから下から上へ救い上げる様にしながら、あとは相手のことを思いつつ優しく打つこと。
そうやって考えたら、なんだか羽根つきって心が温かくなる遊びだなあって、しみじみ感じちゃいました。
昔からある古い遊びも、なかなかいいもんです。

  1. 子供・赤ちゃん関連情報