cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (18)
休業・営業情報 (173)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

第7回さっぽろ市民ミュージカル「あらしのよるに」*

  1. 2014/02/15(土)

さてさて
今年も「さっぽろ市民ミュージカル」に季節がやってきましたよ。
昨年は2012年の「札幌市教育文化会館大ホール」公演を皮切りに、コンベンションセンターでの再演、サハリンでの公演も成功に終わった「泣きむしミーシャ、空を飛ぶ?」の再演を果たしました。

■昨年の公演紹介記事はこちら→GO!

毎回の公演を楽しみに待ち焦がれているファンも多いこのミュージカルで、2014年は待望の新作が登場ですww

IMG_0002_convert_20140124135722.jpg

IMG_0003_convert_20140215192345.jpg

実は今回のミュージカルには原作となる本、「あらしのよるに」があるのですが、それには内容エピソードや結末の違う2つのストーリー「絵本版」と「小説版」が存在しています。

作者は絵本版・小説版のいずれも、きむらゆういち さん。
きむらさんは、この「あらしのよるに」で講談社出版文化賞絵本賞・産経児童出版文化賞JR賞を受賞なさっています。
(余談ですが、NHK・Eテレで放送中の「パッコロリン」のキャラクターデザインを手掛けたのも きむらさん。
まる・さんかく・しかくの顔かたちをした元気で個性豊かな3兄弟が、生活の中で見つけた小さな発見を通して心の成長を育くむお話で、子供たちにも大変人気の番組です。)

■きむらゆういち 公式HP→GO!

で、話を戻しまして。まずはこちら、「あらしのよるに」絵本版です↓

大型版 あらしのよるにシリーズ(1) あらしのよるに (大型版あらしのよるにシリーズ (1))大型版 あらしのよるにシリーズ(1) あらしのよるに (大型版あらしのよるにシリーズ (1))
(2000/06/29)
きむら ゆういち、あべ 弘士 他

商品詳細を見る

一般的に「あらしのよるに」と聞くと、この あべさんの絵が印象的な絵本版を思い浮かべる方が多そうですが…
今回のミュージカル作品の原作に選ばれたのは、
こちらの小説版です↓


小説 あらしのよるに小説 あらしのよるに
(2013/02/18)
きむらゆういち

商品詳細を見る

「公演に向けて」の中で、演出の金田一さんがおっしゃっている内容を拝借しますと、そもそも金田一さんご自身の「あらしのよるに」との出会いは絵本版だったようなのです。
ところが脚本家の杉本明美さんの脚本による、小説版を原作とした「あらしのよるに」に接点を持ちインスピレーションを得て、金田一さんの言葉を借りるなら“それ(小説版)を求め、僕は目を皿のようにして読んだ”のだそう。

ちなみに、この金田一さんが衝撃を受けた杉本明美さんの脚本による「あらしのよるに」。
上演しておられたのは、もしかしたら「ぐるーぷえるむの森」さんの公演なんじゃないかと…ちがうかな??
この「ぐるーぷえるむの森」は、親子に届けたいお母さんの手作り劇団。
その名前の通り、1994年にエルムの森児童会館から生まれた、まさに北区の地元劇団さんです。

■ぐるーぷえるむの森→GO!

様々な人の輪によって出来上がっていった今回の作品。
これは「ミーシャ」を越える作品の出現でしょうか?!
今回は2日間にわたり、4ステージを公演しますよww


第7回さっぽろ市民ミュージカル
    「あらしのよるに」


原作者きむらゆういち氏の快諾を得、いよいよさっぽろ市民ミュージカルに登場!

日時 2014年2月22日(土)・23(日)

●4ステージ公演 ※いずれも開場は30分前

① 22日(土)15:30開演
② 22日(土)18:30開演
③ 23日(日)11:30開演
④ 23日(日)14:30開演

●会場 ポルトホール
(札幌市中央区南1条西22丁目1-1 北翔大学北方圏学術情報センター内)


●料金 18歳以上2,000円(当日2,500円)
     18歳未満 1,500円(当日2,000円)
     親子券<18歳以上1名・18歳未満1名のセット>3,000円(当日3,500円)

チケット購入希望の方は…
パスク(電話:011-561-2656)または、北区後援担当の福山さん(電話:09075157655)へ、お問合せ下さい。

■さっぽろ市民ミュージカルWEB→GO!


ちなみに…
以前N24ブログでご紹介しました、児童劇団「スマイル」に所属している北24条近くにお住まいの子役さん、なんと彼は中学生になられたとの事でスマイルを卒業!
今回からは「さっぽろ市民ミュージカル」の板を踏むことになったそうですよww
知っている方がキャストとして参加していると、見る側にもついつい熱が入っちゃいますよね!
彼の活躍にも期待して、お時間あいましたら是非皆さんお運びくださいねww


  1. イベント情報