cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

人生の岐路に∴゜

  1. 2014/02/21(金)

ソチオリンピックでの各選手の活躍に、連日スポーツニュースが賑わっていますねー
ついつい寝不足の方、多いのではないでしょうか?ww
我が家では昨晩、初めて「ラジオでの」フィギュアスケート試合中継を聴きました。
聴いていて、選手の皆さんの演技姿を思い浮かべつつ、実はアナウンサーの方の職人技といえるアナウンス力に只ただ感動してしまいました。
あれはアナウンサーの方の「伝える技術」の集大成とも言うような、本当に難しいお仕事ではないでしょうか。
淡々と、でも静かに熱く、目の前の選手の状況を聞きやすい言葉で即時に喋る。
フィギュアの技や採点のシステムはもとより、選手のプロフィールや数日の様子・特徴なども言葉を大切に選びながら伝える。
決して自国寄りのレポートも、選手に感情移入したレポートもせず、一言一句正確に・でも温かさを持って事実を伝えていくあの精神力と集中力は、きっと氷上の選手達のそれに匹敵するのではないでしょうか。
なにより「次はトリプルフリップ…おおっと、回転不足です、若干回りきらない状態で着氷!」なんて、ダブルなのかトリプルなのかすら見分けられない私にとっては、聞く度に尊敬の気持ちになります。
オリンピックは選手・スタッフ共に、あらゆる事のプロ達が集まる大会なのだと改めて感じた夜なのでありました。

さて、
スポーツ選手たちがほんの僅差の点数に泣いたり笑ったりするのと同じように、喜んだり・悔しく思ったり・緊張したり・驚いたり…
そんな「人生の岐路」に立つ人の多い季節、2月。
N24のお客様の中にも、様々な「時」に向かって居られる方々を多く目にするようになりました。
入学・卒業、入社・転勤・退職、生活環境の変化や修得内容の専門転科などなど…様々な場所に向かって動き出す今月。
5月で開店から丸2年を迎えるN24としては、それらはまるで全てが我が事のようで、それぞれのお話を聞きながら今までの姿を思い出して、応援したり・共感したり・胸が熱くなったりしています。

そうか、見守る私達はこういう想いになるものなのか。
小さな店を開けてみて、初めて分かる事もあるのです。
有難い事だなぁとしみじみ思う私達夫婦は、あのアナウンサーの方のように、最後までしっかりとそれぞれの選手・お客様に、心地よいN24の時間をご提供していきたいと思います。




  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで