cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (18)
休業・営業情報 (173)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

陶工房「空」さんの器、寒椿と響演中!

  1. 2014/03/01(土)

画像取り込みの準備が整わず、会期前のご案内が叶わなかったのですが…泣
現在、北区「百合が原公園」百合が原緑のセンターにて大変素敵な催しが開催中ですので、皆様にもご紹介させて下さいww

こちらです↓
IMG_convert_20140228124021 (1)

「椿と器の響演」
●開催期間:平成26年2月25日(火)~3月23日(日) 月曜休館(期間中3/3、3/10、3/17)
●開催時間:8:45~17:15
●開催場所:百合が原緑のセンター大温室
●入館料:高校生以上130円 ※ただし、65歳以上の方、障がいのある方は証明書の提示で無料

●主催:(公財)札幌市公園緑化協会
○協力:陶工房 空 加藤和何子(陶芸作品)
     ゼロワーク 平田まどか(展示協力)


今季の椿展は初の試みとして、札幌市内で活動している陶芸作家さんと共に開催する運びとなったそう。
そこで栄えある第一回目の協力工房に選ばれたのが、我らが北24条の「陶工房 空」さんです

↓N24の本当にご近所北24条西8丁目、宮の森北24条通り沿いにある素敵な工房ww
先日の「リスに呼ばれて」にも、わざわざお運び頂きました!
ご来店頂き有難う御座います
moblog_623285c3.jpg

百合が原公園の会場では、趣深い「和」の空間と華やかな「洋」の空間が設けられ、「陶工房 空」さんの陶器と椿の響演をじっくりゆっくり楽しめるそうですよ。
椿を愛で・器を鑑賞して、二重の味わいに浸れそうですね
加えて中温室で開催中のアザレア展も、3月9日(日)まで開催期間の延長が決まったそう。
アザレアは園芸ショップでもよく目にする人気の庭木ですが、今回はアザレア展ならではの珍しい品種にもであえるかも?!
温室ならではの開花ラッシュも見ものですねww
「椿と器の響演」・「アザレア展」、どちらも詳細は百合が原公園のHPに写真入でUPされていますので、皆さん是非チェックしてみて下さいね

■百合が原公園公式HP→GO!

そしてここからは「陶工房 空」さんのご紹介ですww
まずはその代表・加藤和何子さんのプロフィールを拝見してびっくり!!
なんとお父上は、あの、羊ヶ丘のクラーク像の制作者で彫刻家の坂 坦道氏なのだそうです
うんうん、クラーク像知ってますよ~!
この私ですら、その姿はすぐ頭の中に浮かびます!!
きっとここまで万人に北海道を印象づけている彫刻は、他に類を見ないのではないかと。
そんな彫刻家・坂 坦道氏を父に持つ加藤さんと陶芸の本格的な出会い、それは北海道教育大学特設美術科時代に受講した健窯・陶芸家、石坂 勝美氏の講義だったそう。
日常生活の中にいつも粘土がある環境で育った加藤さん、その講義から得るものは大きかったようです。
その後山陶窯・陶芸家、山本正年氏と出会い、自らと土との対話を確実なものになさいました。
1991年には札幌市厚別に待望の陶芸教室を開室。
1999年に現在の札幌市北区(札幌飛行場跡地)に工房を移転され、「陶工房 空」陶芸教室を開室なさいました。

この「空」という窯名、私も随分前から印象的で気になっていたのですが…
HPで拝見したところによると、飛行場跡地に窯がある事に加えて、加藤さんご自身の作風が「空」をテーマにしたところに由縁があるそうですよ。
幼い時のお父さんとの記憶・子どものころの思い出を胸に日々創作活動に土と向き合っておられるそのスタイルは、N24の「子どもと、かつて子どもだった人へ」という想いにリンクするように、個人的に感じていますww

moblog_0efa681d.jpgmoblog_dbe9049b.jpg

実は私の通っていた小学校の部活動には「陶芸部」があったのです。
確か部員は近くの小山に土を取りに行くところから創作を始めていたように記憶しています。
幼心に陶芸に興味のあった私も入部希望を出したのですが、轆轤の数が8台しかなく部員数は上限8名。
見事じゃんけんに負けた私は入部を見送ることになったのでした
だから、ずーーーーーーーっと、陶芸には憧れを抱いていたのです。
土の優しさって素敵だし、単純にあのグニューーーっていう手触りも楽しそう(笑)
でも正直個人では設備も整わないし、家の中でするなんて言ったら大騒ぎ
折角習うなら毎週お教室に通いたいけれど、果たして通いきれるかしら…
そう思っていましたら、先日「体験教室もやってるのよ」とお声掛けいただきましたww
それがこちら↓(「陶工房 空」HPより一部抜粋)

★会社やお友達などのイベントに、
仲間とワイワイ陶芸体験はいかがですか


おひとりでのご参加も、もちろん大歓迎!一緒に作ると、みんな友達~です

●所要時間 2時間位、
●費用 500g体験 3,100円(税別)+ハガキ代50円
   1kg体験 5,200円(税別)+ハガキ代50円
       


こ…このプランなら私でも出来るかも…
更に焼き上がった後取りに行かれない方・遠方の方には、着払いでの郵送もして下さるそう。(梱包料金別途)
このかゆい所に手が届くありがたさww

そしてもう一つ、こんなお子さん向け体験教室プランも発見しましたよ
これは素晴らしいですよね、是非おすすめです↓(「陶工房 空」HPより一部抜粋)

★春休みは創作の時間、小学生の「陶芸体験」!

春休みは一番自由に好きな事が出来る時間ですね。
やってみたくてもなかなかできなかった陶芸体験、春休みこそ挑戦してみましょう!

●3月6日(木)までに作っていただいた作品が、4月6日(日)からのお引き取りとなります。
●4月8日(火)までに作っていただいた作品が、4月29日(日)からのお引き取りの予定です。

①低学年は簡単で楽しいお皿作りもできます、お気に入りの模様をつけて出来上がりです。
もちろんカップやお茶碗も!!
500g体験がおすすめです→3,100円(税別)

②小学校高学年からの「ミニ電動ロクロ体験」はいかがでしょうか?
粘土1kgの材料費込 6,300円(税別) 



それぞれ、体験教室や陶芸教室の様子は「陶工房 空」HPに写真入で掲載されていますよww
又、facebookにも今の工房の様子がアットホームな雰囲気でUP中。
北24条で陶芸体験、ちょっとでも気になったアナタは是非覗いてみて下さいねー♪

■陶工房 空 HP→GO!
■陶工房 空facebook→GO!
■代表・加藤和何子さん facebook→GO!

↓バスターミナルの掲示板にも「椿と器の響演」発見ww
moblog_684eff2a.jpg



  1. イベント情報