cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

桜重ねに思いを馳せて*

  1. 2014/03/12(水)

いつもアイシングクッキーをお願いしている、 Cafe & tableWare Beneサンから届いたクッキー。
今回はロゴクッキーの配色が桜色でした。

すんごく可愛い~


この配色を見たときに、ハッと日本古来の装束に使われる「桜重ね(桜襲)」という配色を思い出しました。


平安時代の高貴な方々は、雛人形の装束に代表されるような重ね着をしていたのは皆さんご存知の通り。
(まあ、常にあの状態で居たわけではないそうですがヾ)
当然そこは色合わせの世界にもなる訳ですが、色の合わせ方にも様々平安ルールがあるようで、季節や場面・階級ごとに細かな決まり事がある中で、加えて装束の着こなしは数少ない自己アピールが出来るポイントでもあった様です。


そうなってくると単に色の付いた着物を重ね着していくだけではなく、
1.表裏のかさね色目(要するに生地の薄い素材で作るリバーシブルのようなもの)
2.重ね着のかさね色目(濃い色の上に薄い色を着て、下の色を透けさせる)
3.織物のかさね色目(織る段階でタテヨコの糸色を分け、生地を見る角度によって色が変わる様に仕立てる)
…といった趣向をこらして、男性も女性も、季節とおしゃれを楽しんだという事です。


実は私、この趣きが昔から大好きなのですww
なかなか現代では取り入れるのが難しいですが、手軽なところで便箋とかラッピングなど紙製品でね、楽しみます。

それぞれの色の重ね方には、技の名前のようなものがついていて、それがまたオツなネーミングばかりww
例えば面白いものでは、当時の女性色(赤系・緑系・黄色系・紫系)を様々重ねた「色々」という着こなしも。

これは確かに色々な色がのぞく合わせ方で、表裏のリバーシブルを6枚程重ね着するという…結構大胆。
どんな女性が好んで着ていたのか、ちょっと気になります(笑)

桜重ねは「表裏・重ね着・織り」、いずれでも冬春用の色目として着用されていた様なのですが、調べれば調べるほどその色目には「諸説多し」とされて、確証的な色の再現はされていないようです。


(ただ、どうやら「下に薄紅色×上に白」と重ねて、淡い桜色を表現したのではないか?と。
いやはや古い色には謎が多い、色の正確な再現はやはり別格に難しいのでしょうかねえ…恐竜の色もしかり。
確かに、現代で桜を肉眼で見てすら、白なのか赤なのか薄紅なのか、表現に迷うことってありますし。)


微妙なニュアンス、ほんの微かな花の香り。
ゼロかイチかもはっきりしない様な曖昧さは、時には困ってしまうけど。
でも、こと桜に関しては、その曖昧な加減こそが花の「魅力」なのだと感じています。



…と言う事で、今日の記事はアイシングクッキーの桜色から思いを馳せて、平安時代の装束話に。
それにちなんで文字の色をちょっと変えてみましたよww
平安末期に源雅亮が著したとされる「満佐須計装束抄」から、女性の祝着である「松重」の色重ねを再現してみたんですが~
この絶妙な色の組み合わせが、もし御簾の下からチラとのぞいていたならば…
確かにドキッと目を惹くかも知れませんよね…平安ファッション、あなどれません!

moblog_e5a4d5e3.jpg

  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和