cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
■ご愛顧 有難う御座いました。
cafe N24 は 2017年7月13日をもちまして、閉店致しました。
今まで当店を想って下さった全ての皆様へ、心より感謝 御礼申し上げます。
本当に有難う御座いました。
ブログ最終更新文にて御挨拶を掲載致しました。
御一読頂けましたら幸いです。 店主夫婦

ブログ

カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

3人のアーティストによる 「ふくろう団地 301号室」*

  1. 2014/04/13(日)

以前N24にご案内お持ちいただいたのがご縁でN24ブログでもご紹介をさせて頂きました、アーティストの及川鑑治さん・村上恵実さん・類家麻由子さん。

■前回のブログ紹介記事「三面個展*」へ→GO!

その3人が今月、新たなグループ展を開かれるということでご案内が届いていますよー
こちらですww



IMG_0003_convert_20140327070055.jpg

「ふくろう団地 301号室」
及川鑑治・村上恵実・類家麻由子 三人展


●日程 2014年4月24日~4月29日
●時間 10時~19時(最終日は18時まで)
●会場 札幌市中央区南2条西1丁目7番地8山口中央ビル6階
      アートスペース201 6階 C室


今回も前回ご案内した「三面個展」同様、会場はアクセスの良い「アートスペース201」です

■アートスペース201の地図など→GO!

今回のダイレクトメールに掲載された絵も前回に引き続き大変個性的で、なんともユニークな場面を切り取った作品となっているのですが。
まあ私も第一印象としては大変に難解な(不可解な?)物を見てしまったような、そんな印象を受けました(笑)
「ん、んんん?????」

実は参加アーティストの類家麻由子さんは大の鳥好き、特にニワトリが大好きと言う事でこの構図が誕生したそう。
彼女は常々主にペン画を中心に創作されている様なのですが、その作風については「百聞は一見になんとやら」で、まずはぜひ下記リンクをクリックしてみて下さいww
初めて彼女の作品を見たときは、正直言って「ぐるぐるぐる」と目が回る錯覚。
疑問が沢山、なんですよね~
ところが頭を柔らかくリセットして見ているうちに、何だかその異質で極めて正常な「魅力」に惹きこまれ、気づくとその世界の中の細かいシチュエーションを楽しみながらトップリと漬かってしまう、そんな魅惑を詰め込んだのが「類家ワールド」。
この摩訶不思議な、そしてある種自由で「だまし絵」のような、そんな作品群はきっとアナタも喜んで迎え入れてくれますよ
(「類家ワールド」はねー、一度入ってみると結構楽しい◎クセになります?!)

■類家麻由子さんの作品群へ→GO!

一方、ダイレクトメールの色付けを担当したのは村上恵実さん。
彼女は日本画を得意としているそうで、言われてみるとダイレクトメールに使われている海老茶色とかね、そうなのかなと。
そういえば bisenイラスト専攻卒業生でもあるお三方、前回の「三面個展」の様子が写真付きで bisen のWEBにUPされていましたよww
自作「アメフラシ群」の横で笑顔の村上さん、このアメフラシ作品達は村上さんの笑顔が添えられてようやく完成かと
「日本画」と聞くと私なんかはつい「水墨画」のような筆の印象を想像してしまうのですが(無知で情けないですねーヾ)この写真から伺えるのはまた違う空気で、人が創造するものに「ジャンル」という型を無理矢理押し付けるのは何と野暮なことかと痛感しました。

■ bisenイラスト専攻「三面個展」紹介記事へ→GO!

一方、この bisen WEBにUPされた写真の一枚におさめられた とある作品群は、どうやら機が熟して可愛いグッズにもなった様子ww
それがこちら、今回の「ふくろう団地 301号室」で及川鑑治さんが販売するバッチです

↓「及川鑑治 バッチ(りす)」1つ¥500
夫婦で1つづつ頂いてしまいました!!感激ですww及川さん、ありがとう御座います!!
DSCN3202_convert_20140327070517.jpg

bisen WEBの写真には同じ作品群に鉛筆モチーフも入っていましたので、もしかしてこのインスピレーションは文具、特に三角定規から生まれたのかな??などと勝手に想像。
そうやって想いが掻き立てられてしまうのが及川作品の魅力で特徴なのかと。
前回のグループ展からの更なる進化と発展が垣間見られて、これは今回のグループ展にも期待が高まりますよねww
他には村上さんや類家さんのポストカードなどの販売もあるそうですよ。

会期はいよいよ来週から。
期間中に大通へお運びの際は、是非チェックしてみて下さいね!



  1. イベント情報