cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

柳生博さんの伝えたい、「じいじの森」*

  1. 2014/04/27(日)

N24に新しい絵本がやってきてくれました。
こちらです↓

じいじの森じいじの森
(2012/07/24)
博 柳生、宏枝 中島 他

商品詳細を見る


この絵本の原案は柳生博さん。
そう、クイズ番組の司会や自然をテーマにしたドキュメント番組でナレーションをつとめられた、「あの」柳生博さんです。

八ヶ岳倶楽部II それからの森八ヶ岳倶楽部II それからの森
(2009/08/07)
柳生 博

商品詳細を見る


絵本のタイトルは「じいじの森」。
この「じいじ」は現在の柳生さんの事を指していて、この絵本は柳生さんの少年期の実体験を元に書き起こされた作品です。


「男の子は、ひとりで旅に出る」 それが、柳生家のしきたりです。
9歳になった けいた君は、じいじの家までひとり旅に出ることになりました。
大都会新宿駅での乗り換えにドキドキオドオドしながら、列車を乗り継いで着いた先は山梨県の甲斐大泉駅。
そこから深い森をひとり歩くけいた君を待ち受けていたものは…?!


絵本の森の中では、だまし絵や迷路・あみだくじにクイズなど、面白い仕掛けが沢山出てきますww


この絵本は、柳生さんが1989年にパブリックスペースとしてオープンさせた「八ヶ岳倶楽部」で購入されたもの。
なんと柳生博さんのサインが入っています
moblog_dc6a893e.jpg

この八ヶ岳倶楽部のある大泉村西井出・西沢の地へ、柳生さんは中学生の頃に一人旅をされたそう。
実際の柳生家のしきたりでは「男子は12歳になったら一人旅をさせる」というものだそうで、それによる旅路だったとか。
その縁もあってか1970年代末以降、その山梨県大泉村(現・北杜市大泉町)に居を構えられ、以後柳生さんはそこを生活の拠点となさっているそうです。
moblog_4137ebc8.jpg

柳生さんはこの絵本に、人も虫も動物も、森に懐に抱かれたときは全てが平等に、その一部であること。
そして、森は各々をあるがままの謙虚な姿にしてくれることを、子ども達へのメッセージとしてのせています。

加えて、大人読者の目線としてはやはり、ちょっとたくましく成長する けいた君の姿が印象的です。
絵本の冒頭では常にビクビクオドオド…お弁当を食べるのにも一苦労している けいた君ですが、冒険が終わった最後にはベットの上で伸び伸びとした良い寝顔!大の字になって堂々たる寝姿で、そこにはビクビクなんて微塵も感じさせません!笑
「そうだよね~、満足して寝ている充実した日の子供の寝顔って、こういう顔だよね」と、思わず冒険を微笑ましく称えたくなってしまうような、そんな終わり方ですww
最初の頃のずーっと困り顔で、いつも八の字眉毛の けいた君とはまるでまるで大違い。笑
そう、子供って急に、それこそフッと「あ!今経験を積んだな・成長したな」って瞬間、ありますよね。

さてさて、けいた君ははたして森でどんな冒険をして何に(誰に?笑)出会ったのでしょうか?!
その顛末はN24でページをめくってみてのお楽しみwww
「じいじの森」は絵本コーナーに置いてありますよ~

DSCN3458_convert_20140429051921.jpg

追記
当時12歳だった現実の柳生少年は、きっとその一人旅で「リアルな冒険とファンタジーの冒険」、そして何にも代え難い「心の冒険」、それぞれを体験したのではないでしょうか。
その様々な種類の冒険から得るワクワクドキドキする高揚感、そこから湧き上がる何でも無限に出来るかの様なパワー、そして「一人」という心細さから来る漠然とした不安…
その時の「ごちゃ混ぜなままの素直な感情」も、柳生さんは けいた君の冒険にのせて、読者に届けようとしておられるんじゃないかと感じました。
この作品は絵本ですから、冒険のワクワクする感情はだまし絵や迷路・あみだくじにクイズなど、二次元上の「面白い仕掛け」として表現されています。
でも私はこの絵本を読んだらもう!五感がウズウズしてきて、リアルな自然の中に飛び出して行きたくなるのです。
そして、そう思うのはきっと私だけではないと思っていますよ。
何せ冒険にはもってこいの、いや~、季節は春ですもんね~ww 笑



  1. 子供・赤ちゃん関連情報