cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
■ご愛顧 有難う御座いました。
cafe N24 は 2017年7月13日をもちまして、閉店致しました。
今まで当店を想って下さった全ての皆様へ、心より感謝 御礼申し上げます。
本当に有難う御座いました。
ブログ最終更新文にて御挨拶を掲載致しました。
御一読頂けましたら幸いです。 店主夫婦

ブログ

カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

台所道具のことと、本*

  1. 2014/05/18(日)

我が家の台所にて、ピーラー(野菜の皮むき)がなくなってしまいました。

貝印 キッチンファイル ステンレスピーラー DG-3003貝印 キッチンファイル ステンレスピーラー DG-3003
()
貝印(KAI)

商品詳細を見る

なぜコレがなくなるのか、皆目見当がつきません。
だってピーラーは台所の作業台・流し・荒いカゴ、そして道具類をしまう引き出し、この本当に狭い範囲から出るはずが無いのです。
もう10年以上も台所に居た姿が、ある日忽然と消えるとさすがにドキッとします。
ほんの些細なことなんだけど、いつものお台所仕事に何だか狂いが出てしまって、妙な具合です。
さて困った困った…

そういえば、マスターは結婚前に一人暮らしをしていたのですが、その独身時代にずっと愛用していた台所道具の包丁は「牛刀」でした。
ところが私の実家では「三徳包丁」を使っていましたので、食品の切り方も私は 落とし切り しか知らなかった。
学校の家庭科の授業でも実習は三徳包丁でしたし。
そんな状態でマスターの使っていた台所道具を引き継いだものだから、さあ大変!
マスターの包丁ったら、私から見たらまるで刀みたいなんですもの(笑)
刃の顔がね、もうなんだか怖いようなの!
意を決して、三徳包丁の時のように柄の握りを「押さえ型」で試してみても、刃が長くてにっちもさっちも行かないのです。
そのくせやたらとお手入れの行き届いた包丁で、とにかくとにかくよく切れるヾ
それがかえってあだとなり、もう、包丁は恐怖です…
見かねたマスターが牛刀の扱いを握りから教えてくれたのですが、一時は私、絶望的な気持ちになっていました。
いや~、今思うと可愛い新妻時代です?!ふふふ

お台所道具は、それに慣れたらそれを貫く。
とにかく一途なのに限りますね。
それが一番安心で、何より早い。
私はもう、包丁は生涯牛刀と決めました。苦笑

↓上が「三徳包丁」、下が「牛刀」。
同じ包丁なのに、刃の形・包丁の重心・扱い方が全く違うのです。あの時は参った…

Henckels ロストフライ 三徳包丁 10055-880

Zwilling Twin Houchoh D60 牛刀21cm 34243-211

さて、そんな台所道具ですが。
使い込んで古くなっても代えられないもの、使っているうちに今の「都合よい形」になったもの、違う用途に向けて売られていたけれど自分らしく使っているもの…皆さんそれぞれお持ちだと思います。
そんな「私のお台所道具」を紹介している本は数々ありますが、N24に置いてあるうちの1冊がこちらです。

別冊「Arne」シリーズより↓「うちで使っているキッチン道具」大橋歩
うちで使っているキッチン道具_convert_20140519162742
この本はN24でも人気「Arne」の著者・大橋歩さんが、ご自身の愛用するお台所周りの道具や日用品をまとめた別冊「Arne」の1冊です
紹介されているのは、お台所にあるものあれこれを色々。
様々な用途に分けられた洋食器、日常使い・時々アクセントに使うお皿などの和食器、深さも色々の鉢・汁椀、素材が美しい漆器・ガラスの器・お茶周りの道具、記念日に1個ずつ増やしているグラス。
お箸やカトラリー
まな板などのボード類、包丁やパンナイフ・ピーラーなど切る物、調理器具、調理用の器、計りもの、木や竹の道具、お盆、茶たく
お鍋類、調味料の入れもの、お茶の入れもの、タッパー、お弁当包みや鍋つかみ
キッチンをきれいにする道具、「あってもなくてもいいけどあったらあったでいい調理器」などなどなど…
こうやって見ると、お台所は本当に大きな道具箱なのだなあ~って思います。
それから、もしかしたら「食事の歴史が詰まった宝箱」にもなるのかなあ…なんて。
例にもよって、この本はN24嫁本コーナーに置いてありますので、店内でティータイムのおともに是非どうぞ

そんな事を思いながら
さて、問題は冒頭に戻りまして我が家のピーラーです。
うーん…、新しく買い換えるにはまだ気持ちの整理がつきません。
一体どこに消えてしまったのやら…ピーラーや~い!!出てきておくれよー!!

↓小さなトマト、ふつうのオレンジ、それから おっっっきい 新玉ねぎ
moblog_12eeefcf.jpg





追記

今回の様な話には、この本も外せなかったなあと思う。
でもさすがに長くなってしまうので、この話は又次の機会に…

台所のおと みそっかす (岩波少年文庫)台所のおと みそっかす (岩波少年文庫)
(2003/06/14)
幸田 文

商品詳細を見る


  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和