cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (17)
休業・営業情報 (173)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

今月、いよいよ「思い出のマーニー」が公開!*

  1. 2014/07/05(土)

7月に入って一番最初に思ったことは、「あ!マーニーの公開月になった!」ww
そう!いよいよですね!!
岩波少年文庫の「思い出のマーニー(上・下)」を原作とするジブリ映画が、今月7月19日にロードショーです

思い出のマーニー サントラ音楽集【特典:A5サイズクリアファイル付】





思い出のマーニー〈上〉 (岩波少年文庫)思い出のマーニー〈上〉 (岩波少年文庫)
(2003/07/16)
ジョーン ロビンソン

商品詳細を見る


スタジオジブリのWEBでも「マーニー」のページが公開、内容も充実しています

■スタジオジブリ「思い出のマーニー」WEB→GO!

今回の映画化では舞台を日本・北海道に置き換えて設定しているということで、ジブリ作品では架空の土地が舞台になることが多い中、劇中には「札幌」という地名が出てきたりとなかなかリアルな部分もあるそうですよ。
我々道民には、いつものジブリ映画とは違う楽しみ方も出来そうな予感ですねww
(そういえば声優陣の中にはTEAM NACSの5人も加わっているとか…)
監督は今回が2作目の監督作品となる米林宏昌さん。
米林さんは、スタジオジブリの歴代作品の監督としては最年少で監督デビューをした期待の実力派。(初監督作品は「借りぐらしのアリエッティ」2010年公開)
ジブリでいちばん上手なアニメーターだという評判の一方で、「千と千尋の神隠し」のキャラクター・カオナシのモデルというエピソードを持つ、なんとも個性的な?お人柄のようww

千と千尋の神隠し ちりめんがまぐち カオナシ千と千尋の神隠し ちりめんがまぐち カオナシ
(2013/07/24)
サンアロー

商品詳細を見る

そんな米林監督の前作「アリエッティ」は私達夫婦としては大変感銘を受けた作品なので、今回のアーニーにも期待を寄せているのです。

↓「アリエッティ」の原作「床下の小人たち」はN24でも人気の作品
ストーリーディスプレイ「床下の小人たち」_convert_20140706114408

そして「アリエッティ」の時はもう1つ、主題歌も大きな話題になったのですが、今回もまた海外の女性アーティストが主題歌に選ばれて注目されていますよね。
「アーニー」の主題歌を担当されるのは、元来ジブリ作品の大ファンだという韓国系アメリカ人のシンガーソングライター、プリシラ・アーンさんです。



マーニーの原作の世界を思いながらこの曲の呟くような旋律を聴くと、それだけで何だかこみ上げてくるものがあるように感じるのは私だけ?
これは…この世界観が米林ワールドなのだとしたら、なんて淡くて繊細で切ないんだろう。

実は私がマーニーの原作を読んだのは大人になってからで、初めて読んだ時には読み進める度に痛くて痛くて…最後は心が泣きながら読んだ本なのです。
胸の中の小さなものに触れるような感じがして、たまらなかったのでした。
でもこの本に子どもの頃出会っていたら、私はこんなに痛く思ったのだろうかと、ふと考えてしまいました。
もしかしたら子どもの頃に読んでいたら、とてもワクワクドキドキする話だったのではないかしら??
それなら何で今はこんなに痛いの?これが年を重ねるということなの?
この胸の中のその疑問は、私の心の中で今もまだ解決していないのです。
もしかしたら映画を見ることによって、何か新しい発見があるかもしれない。
原作に対しても、胸の中のずっと痛みを感じている「小さなもの」にも。
そう、思っています。
うーん、覚悟して観るべかなあ~
いやあ、構えないでサラッと…
でもそうやってアリエッティに挑んで、えらい目に(号泣したヾ)あったからなあ…苦笑
珍しく、映画を見る前に緊張すら覚えている私であります。笑

さあ、原作ファンのアナタもジブリファンのアナタも、北海道が舞台の映画に興味津々のアナタも。
映画の原作はN24の本棚に。
公開前の時間を使って、どうぞまずは原作を読んでみてくださいね。
個人的には、原作を知ったからといって映画がつまらなくなることはないと、信じています。

DSCN4410_convert_20140706114122.jpg

DSCN4412_convert_20140706114239.jpg


  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和