cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
■ご愛顧 有難う御座いました。
cafe N24 は 2017年7月13日をもちまして、閉店致しました。
今まで当店を想って下さった全ての皆様へ、心より感謝 御礼申し上げます。
本当に有難う御座いました。
ブログ最終更新文にて御挨拶を掲載致しました。
御一読頂けましたら幸いです。 店主夫婦

ブログ

カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

上橋菜穂子さんにアンデルセン賞、メキシコで授与式!その著作はN24 のミセナカ書店で!!*

  1. 2014/09/13(土)

今年3月、
新聞各紙が一斉に報じたこのニュースは、日本の児童文学界を沸き立たせた歓喜の一報でした。

POP2+002_convert_20140915061727.jpg

そうなのです!!
私達夫婦がずっと応援している、
作家の上橋菜穂子さんに、
国際アンデルセン賞が授与される事が決まったのです! 

実はかなり前から上橋さんの作品に注目していた私達。
昨年インタビューをお受けした「さっぽろシティライフ」誌面でも、上橋作品を“2013年のマイ・ベストブック”として御紹介していたのでした。

baitai+001_convert_20140915062747.jpg
<記事拡大>
baitai+001_convert_20140915062921.jpg

狐笛のかなた (新潮文庫)狐笛のかなた (新潮文庫)
(2006/11/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


そしていよいよ今月10日、
国際アンデルセン賞を主催する国際児童図書評議会(IBBY)世界大会で、ついに上橋さんへ国際アンデルセン賞受賞のメダルと賞状が手渡されたとのニュースが!
これは、これは…
日本の児童文学史に残る、大大だい快挙達成!
上橋菜穂子さん、本当におめでとう御座います!!

やったーーーーーーーーー!

IBBYは上橋さんの授賞理由を、「ファンタジーの世界をつくり出す秀でた才能の持ち主で、その作品は、自然やあらゆる生きものへの優しさと敬意にあふれている」としていますが、まさにその通り!!!
よくぞ、よくぞこの広い世界の中から上橋さんとその作品達を見つけてくださった!と、一人のファンとして喜びに耐えません。
上橋さんは受賞のスピーチで、「ローズマリ・サトクリフ(イギリスの歴史作家)が描く異文化に生きる者同士の物語に大きな影響を受けた」と話し、「物語は『他者になる』力を与えてくれる。その力があるから私たちは他者と共に歩んでいく道を探せるのかもしれない」と発したそう。
上橋さんが言うと、その言葉はまるで躍動感を帯びて羽ばたいて行きそうです。

…と、いう嬉しいニュースを踏まえまして。

先日N24ブログでご紹介しました「北海道ブックフェス」
その関連イベントとして開催されています「ミセナカ書店」にN24は今年も参加中ですww

■過去のブログ記事「北海道ブックフェス、開催中!*」へ→GO!

この「ミセナカ書店」とは、「北海道ブックフェス2014」の期間中、北海道各地のカフェ・ヘアサロン・雑貨ショップ・イベントスペースなどで、各々がテーマを決めた「本棚」を展開するイベント。
本棚を通して展示や貸し出しなどを行う中で、お客様には「本棚をめぐる街あるき」を楽しんでいただいたり、本を話題にその本棚を作ったスタッフと知り合えたり…
ブックフェスのテーマ「本でつなぐ、まちのカタチ」を体感できる、毎年恒例の企画です。

N24では、2012年「トールキンの世界展」・2013年「有名映画の原作になった児童書特集」として開業以来「ミセナカ書店」に参加。
そして今年2014年。
さてN24はどんなミセナカ書店を展開しているのかと言いますと?
今年のテーマはこちらです!!!

じゃじゃーん!
cafe+N24+ミセナカ書店5_convert_20140915052624

そうなんです!
上橋さんの国際アンデルセン賞の受賞記念を兼ねて、上橋菜穂子さんの著作やインタビューを中心に、N24蔵書の中からも日本人作家によって描かれたファンタジーを集めたコーナーを作ってみましたよー

cafe+N24+ミセナカ書店2_convert_20140915052427
cafe+N24+ミセナカ書店3_convert_20140915052538

そしてもはやN24名物?!物語の世界をディスプレイで表現する「ストーリーディスプレイ」
今回のミセナカ書店企画を機に新たに誕生したのは…「精霊の守り人」ディスプレイです!!
この「守り人シリーズ」は上橋作品の代表格、NHKでアニメ化されているほか、2016年春からは同局で3年かけて全22回の実写放送が決定しています。

■アニメ「精霊の守り人」公式WEB→GO!



そんな「精霊の守り人」をイメージしたストーリーディスプレイがコチラ↓
写真ではちょっと見辛いんですが、本の下には織物の布と本皮の切れ端が敷いてあります。
皮は主人公・バルサの持ち物のイメージ、布はバルサの幼馴染・タンダの衣装の一部のイメージです。
cafe+N24+ミセナカ書店1_convert_20140915052319

そして、今回のチマチマ手仕事…
造っていたのは、
DSCN5152_convert_20140915051820.jpg

チャグムの衣装飾りをイメージしたコチラでしたー!
DSCN5172_convert_20140915052041.jpg

とはいえ、これらは全て「私の中の」精霊の守り人をイメージしたもの。
物語を読む人によって登場人物の面影やイメージは十人十色、それがファンタジーの面白さでもありますよね。

ちなみにアニメーション製作時に製作スタッフの皆さんがイメージした登場人物がコチラ↓
コレを公開してしまうところがカッコイイです、さすがプロダクション・アイジーww
■株式会社プロダクション・アイジーWEB→GO!

…と、言うわけで。
いま児童文学の枠を超えて、あらゆる方向から大注目されている、作家・上橋菜穂子さんと「精霊の守り人」シリーズを始めとするその著作の数々。
N24店内の「ミセナカ書店」コーナーではその作品群の他に、上橋さんのインタビュー記事なども展示してありますので、作品そのものから・上橋さんの人柄から・ディスプレイなどの視覚から、上橋作品を見て感じて頂けます。

この機会に、是非
世界が認めた日本発・上橋菜穂子の紡ぐ
  ファンタジーの世界へ
         あなたも旅立ってみませんか。


最後に、今月25日に発刊されます上橋菜穂子さんの最新作「鹿の王」について、上橋さん自らが作品紹介をしている画像をww
国際アンデルセン賞受賞後の第一作、また作家デビュー25周年を記念する書き下ろし長編作品。
こちらも目が離せません!!

■角川書店「鹿の王」特設サイト→GO!





  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和