cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

旬のおすすめコーヒー&ダージリン まとめ*

  1. 2014/10/09(木)

最新の「旬のおすすめ」コーヒー・紅茶、ただ今はコチラになっておりますww


①「旬のおすすめコーヒー」
コスタリカ / ラ ・リア
       フベナル
DSCN5243_convert_20141003072319.jpg

こちらはコスタリカのサン・イシードロ・デ・レオン・コルテスという地域のタラスで営まれている小規模生産処理場「ラ ・リア」のロット。
商品名となっている「フベナル」は農園の名前です。
「ラ・リア」のマイクロミルはN24にも過去何度か入荷していますが、その都度大変ご好評頂いていますので記憶にある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そう、「ラ・リア」といえば、あの製法から生まれる「ハニーコーヒー」!!!ですよねww

DSCN5258_convert_20141003072411.jpg

「ハニーコーヒー」とは、コーヒー(収穫後の生豆)の外皮と果肉を除去した後に、豆の周りについている「ムスラージ」と呼ばれる粘液質を一定の割合つけたまま乾燥をさせるという処理方法の名称。
この「ムスラージ」は糖質を含んでいるので、この方法で処理されたコーヒーは抽出すると蜂蜜に形容される甘みが感じられるのです
「ラ・リア」を営まれているオーナーのルイスさん・弟のオスカーさんは このハニーコーヒー製造が本当に秀逸で、今回も “ラ・リア×ハニーコーヒー” と聞くと期待せずにはいられませんでした。
豆はムスラージの除去割合いに応じて、「レッドハニー」・「イエローハニー」などと呼ばれ、この「フベナル」はパティオでの天日乾燥を経てムスラージを10%残した「ホワイトハニー」。

確か前回N24に入荷した「ラ・リア」の「ホワイトハニー」は、“「まろやか」なのに「爽やか」な一杯”とご紹介した記憶がありますが…今回の豆は前回とは変わり「深煎り」です。
そのクリーミーで厚みのある しっかりとした味わいは、
コーヒー好きの欲望を満たしてくれる期待大!!


↓良くコーヒー豆の焙煎具合を表す目安に使われる、浅煎り・中煎り・深煎り という表現。
その物言いに当てはめた場合、左が浅煎りのブレンドコーヒー「いちばん」・右が深煎り「フベナル」。
その差は写真で見ても歴然です。

DSCN5265_convert_20141003072507.jpg

まさに今の季節にピッタリの、奥深い充実した飲み口のコーヒー
個人的にはアイスコーヒーで頂くのがお気に入りです、ウマイですww



②「旬のおすすめダージリン」
ダージリンティー2014 セカンドフラッシュ
       マーガレッツホープ
DSCN5237_convert_20141003072227.jpg

「マーガレッツホープ」とは、世界最高の紅茶産地インド・ダージリン地方にある こちらも農園の名称。
例年安定した生産と良質な「正統派ダージリン」の茶葉を生み出す農園として、世界のダージリンファンからの高い人気を誇っています。
N24に入荷した茶葉は、そのマーガレッツホープ産茶葉の中でもとりわけ本流を行く正統派ロット。
夏摘み「セカンドフラッシュ」の特徴である「マスカテルフレーバー」(→ワインやブドウを思わせる円熟した香りと濃厚な風味)がしっかりとする一方で、新鮮な完熟プラムを思わせる香りも魅力です。

DSCN5271_convert_20141003072555.jpg

先までN24の「旬のおすすめダージリン」で登場していた、若々しい風味が緑茶を思わせる黄金の春摘みダージリン「ファーストフラッシュ」や、年末に向けて出荷されるコクと甘みがドッシリ感じられる秋摘み「オータムナル」に対して、この「セカンドフラッシュ」は初夏にあたる5月下旬~6月下旬に製造された夏摘み茶葉。
ダージリンティーの「ファースト」・「セカンド」・「オータムナル」の違いは味・茶葉の見た目ともに大変分かりやすく、試しに「ファースト」と「セカンド」の茶葉を並べてみてもその違いは一目瞭然!
日本では何かと「商品名:ダージリンティー」と一括りにされることが多いこの茶葉ですが、実際は収穫時期によって様々な味と香り・表情を楽しませてくれるんですよ。

↓左がファーストフラッシュ「シンブーリ・フラワリー」・右がセカンドフラッシュ「マーガレッツホープ」
左)ファーストフラッシュの茶葉は黄緑がかった明るい色、淹れた紅茶もまるで金色の様な明るい色をしています。
右)セカンドフラッシュはいかにも紅茶らしい奥深い色合いの茶葉、綺麗に透き通った飴色の液体が楽しめます。

DSCN5276_convert_20141003072647.jpg
※2014年ファーストフラッシュは完売の為終了しました。

深い奥行きのある正統派ダージリンの味をしっかり受け継ぐ、マーガレッツホープ農園のセカンドフラッシュ。
紅茶好きの方はもとより、
中国茶がお好きな方にもおすすめ◎
ゆっくりと その芳香に浸りたい、人気の限定茶葉です!



今回の記事でご紹介した紅茶・コーヒーが気になったアナタ、
いずれも限定数での入荷となっております、是非お早目にご注文下さい♪




  1. メニュー情報