cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

初冬にピッタリ!旬のおすすめコーヒー*

  1. 2014/11/08(土)

先月下旬から旬のおすすめコーヒーが入れ替わり、現在はこちらの豆をお出ししています。


<コロンビア>
  エル・セドロ HOTのみ¥800



N24ではオープン時より、コーヒー豆は札幌市西区の「工房 横井珈琲」さんにお世話になっています。
開業が具体的になった当時から、豆は横井珈琲さんから頂戴する以外考えられなかったのです。

■工房 横井珈琲WEB→GO!

今回ご紹介する豆「エル・セドロ」。その名称は、品名でもあり栽培された農園名でもあります。
コロンビアのウィラ県 ピッタリート地区。
このウィラ県には横井さんにとって忘れ得ない想いのあるコーヒー農園「ロス・ノガレス農園」(2005年コロンビア・カップ・オブ・エクセレンス初代チャンピオン)があり、この農園はコーヒー通の間でも特に有名です。
しかしその他にも「アセヴェド地区」という生産エリアがあり、そちらの小規模生産者グループ「サン・イシードロ」に加わっているのがエル・セドロ農園です。
エル・セドロ農園も過去2007年のカップ・オブ・エクセレンスで2位に輝くなど、今はコーヒー大国コロンビアの誇る農園の1つとなっています。

この豆のメイン収穫期は9月から12月という事で、いまN24に入ってきた豆は前半の収穫期に採れた豆ですね。
水洗式と天日干しで生産処理された生豆。焙煎は日本で、もちろん「工房 横井珈琲」さんによるもの
今回も初冬にピッタリの深煎りです

さて、その飲み口は…
深みがあってキレのある、
まさにコーヒーの味覚表現に言う「スパイシー」

横井さんの評価にも、
カシス、オレンジピール、カカオの風味、スパイシーな後味、ブラウンシュガーの甘さ、濃厚な質感とビターチョコの印象。(横井のさんかくらいふ引用)
とありましたが、さすが!言いえて妙です!!

そしてこのコーヒー、淹れたては「爽やかスパイシーが引き立つ、明るい」印象。
正直この段階では「深煎り感」があまり出てきません。
その時のコーヒーの状態を例えるなら、コーヒーカップの中でポニーがとても楽しそうにギャロップして跳ねている感じww
それが少し時間を置くと深煎りの部分が出てきて、バランスもとれてくる。
楽しげに跳ねていたポニーが、艶々した栗毛の悠然としたサラブレッドの様に どっしりとした佇まいに変化してくるんです!
この変化は、衝撃でしたね~!!

マスターも、淹れたてを試飲した時には思わず
「えええ?!コレ深煎りの筈なんだけど…僕、入れ方間違えた???」
と不安に陥ったほどの爽やかさだったのに(ソレはそれで美味しかった)、カップの中が落ち着いた途端の深煎りスパイシー宣言です!!!
そうなってくるともう、飲み終わった後の まろやかな甘味の余韻がたまりません

マスター「これは是非皆さんにもホットで召し上がって欲しい豆だねぇ」
私    「うん!絶対ホットが美味しくておすすめ。」
マスター「それから時間をゆっくりかけて、味の変化を体感して頂きたい!コーヒーの世界はコレがあるから面白いんだよ。」
私    「よくお客様から“スパイシーなコーヒー”っていう表現に困惑なさったというお話を伺うけど、私もコーヒー豆に出会った最初の頃がそうだったよね~笑
その視点から見ても、この豆は“コーヒーで言うスパイシーさ”の分かりやすい豆だと思うので、是非皆さんにチャレンジしてみて頂きたいですww」

マスター「そうだよね。もちろん、味も香りも今の季節にピッタリで、お陰様で好評です


DSCN5624_convert_20141108022923.jpg

じっくり時間をかけて飲みたい。
味の変化を楽しむ一杯で
     あなたもホッと あったまろうよ



  1. メニュー情報