cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
■ご愛顧 有難う御座いました。
cafe N24 は 2017年7月13日をもちまして、閉店致しました。
今まで当店を想って下さった全ての皆様へ、心より感謝 御礼申し上げます。
本当に有難う御座いました。
ブログ最終更新文にて御挨拶を掲載致しました。
御一読頂けましたら幸いです。 店主夫婦

ブログ

カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

3月30日は教文で北高吹奏楽部の定期演奏会*

  1. 2015/03/27(金)

N24のご近所に位置する札幌北高等学校、通称「北高」は市内でも優秀な進学校。
そんな北高で2015年度の入試合格発表が3月17日、まだ肌寒い空のもと行われました。
N24 twitter では ツイート担当・エゾリス ちゃみも、先日北高の合格発表風景を撮影したNEWS動画を見つけてお祝いツイート!
合格者の皆さん、
改めましておめでとうございます!!!

春から晴れて新北高生になられる皆さんにはどんな高校生活が待っているのか、4月が楽しみですね

■エゾリス“ちゃみ”が呟いてます! cafe N24 公式twitter→GO!
■北海道内公立高の合格発表 約3万3900人に「春」/道新WEB

moblog_e35eab6a.jpg

さて、そんな北高は部活動も盛んです。
とはいえそこは進学校、部は2年生で原則卒業。3年生は勉強に専念となるそうですよ。
N24ではご縁があって毎年、札幌北高等学校吹奏楽部の定期演奏会パンフレットに協賛広告を出させて頂いています。と、言うことで!3月も終わりに近づいてきたということは…そう、
北高吹奏楽部第26回定期演奏会、今年も開演です!

ジャン♪
北高+001_convert_20150327130553


北高吹奏楽部の定演曲目には正直毎回嬉しい意表をつかれますが、例に漏れなく今回も!
ちなみに前回の演目リストなどはこちら↓ YouTube動画は無効になっちゃってますが…
■過去のブログ「札幌北高等学校吹奏楽部、定期演奏会いよいよ迫る!」→GO!

こうして曲目構成を2年連続して拝見してみると、最近の風潮としてはどうやら映画音楽1曲とアニメ音楽1曲が入るのは硬いようですねww
確かにこのジャンルの音楽は「気軽に楽しめる」ので、それこそ小中学生で将来北高吹奏楽部に入りたいと思っておられる方にも吹奏楽の楽しみが伝わりやすいのだと思います。
加えて映画音楽は年配の方にも馴染み有る曲調で、こちらも喜ばれるのではないでしょうか♪
ちなみに今回の定演でチョイスされた映画音楽は名作「ウエストサイド物語」より、おそらく1・2を争う有名なシーンに使われた曲、「シンフォニック・ダンス」だそうですよ!!



これは映画用に編集されたバージョンですが、吹奏楽でも人気の楽曲「シンフォニック・ダンス」。
定演でもみんなでフィンガー・スナップするのかな
それがまたステージ上で一体感を生んでカッコいいんですよね~

そして今回更に特筆したいのは、
個人的に難曲なのではないかと思われる
「中国の不思議な役人」と「ボレロ」を
演目に あえて同時に持ってきているところです!!


「ボレロ」は有名すぎる名曲、テレビのBGMにも良く使われるので皆さんも聴き慣れていらっしゃると思うのですが、実はあの曲、各パートにきちんとしたソリストが居ないと成立しない恐ろしい曲だと私は思っています。
しかも全体を通して徐々にクライマックスへ持ち上げていくていくあの重量感。
小さな音を透明感と共に響かせる難しさ、盛り上げていく時にこそ冷静かつ繊細に注視したい指揮棒の微妙なシグナル。
最後の一音まで神経が張りつきそうなドラマ性を持った曲調は、さすがラヴェル様です。笑
今回の定演でもビシッと決めてほしいところ!
期待大ですよね!


で。
もう一曲が「中国の不思議な役人」!!!
こちらはきっと今回の演目の中で一番のマイナー曲、かな?
ただ私はこのタイトルを見たとき勝手にこう思いました。
「ああ、今回の吹奏楽部は
メンバーがいつになく充実しているんだなあ
」と。

この「中国の不思議な役人」はパントマイムのための舞台音楽として作曲されたのですが、そのあらすじはちょっとここには載せるのを省略させて頂きますね。色々凄いので。笑
ただ吹奏楽の観点で見た場合でも、やはりこれはかなりの難曲だと個人的に思わずにいられません。
まず有る程度の人数で演奏しないと各パートカバーしきれません(多分)。
次に使うパーカッションが多い。
管楽器のソロパートも多いし、不協和音や変拍子も容赦ない。
部員さんの構成によっては、いつもとは違うパートに移動して演奏することも多いようです。凄いよな~

この作品と「ボレロ」の2本柱を見ただけで、今年の北高吹奏楽部定演への期待が膨らみます。ほんとに。
どちらも音楽センスと技術レベルに自信がなければ到底選曲されない筈です。

そんな期待高まる今回の定期演奏会は3月30日(月)。
場所は札幌市教育文化会館で、18時開場・18:30開演となっています。
丁度当日はN24の定休日とも重なっていますので、私達もどうにか開演時間に間に合う様に所用を切り上げられる、かな?どうかな?!…と、密かに思っています。
当日券は800円、前売り券ですともう少しお求め安くなるそうですので、ご予定お決まりの方は是非前売り券を 三響楽器さん・教文プレイガイドさんにてお求め下さいね。
皆さんも是非一緒に
北高吹奏楽部の皆さんの演奏会を楽しみませんか?




  1. 学生の活動応援・紹介