cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

N24の最近の本の事、いろいろ*

  1. 2015/04/02(木)

SNSではご案内しましたが、今日はハンス・クリスチャン・アンデルセンのお誕生日です。
HAPPY BIRTHDAY!



N24でご用意があるアンデルセンの本は、岩波少年文庫版と…
DSCN8281_convert_20150402143436.jpg

福音館文庫版。
DSCN8277_convert_20150402143423.jpg

どちらも日本人に馴染み深いお話が中心にまとめられていますが、そもそも「アンデルセン」というと皆さんはどんなお話を思い出しますか?
「親指姫を幼稚園の発表会で上演した」とか、人魚姫の絵本の挿絵に思いを馳せた…とか。
そういえばエーリヒ・ケストナーの作品「点子ちゃんとアントン」の中で点子ちゃんが“マッチ売りの少女”役を壁に向かって練習していましたけれど、その描写を見て私は即座にアンデルセンの「マッチ売りの少女」を思い出したものでした。
今日の機会に彼のお誕生日を祝いながら「アンデルセン童話」へ目を向けてみるのも面白そうですよねww

さて、そんなアンデルセン童話集も蔵書としてある「街の小さな図書室カフェ」 N24ですが、実は児童書と同じくらいお客様に支持されている本に、N24のマスター家内であるワタクシがその時々でセレクトした本=「嫁本」というものがあります。
こちらは児童書とは別に、通常の「嫁本コーナー」という本棚と ソファー席脇の「嫁本特集コーナー」がありまして、特集コーナーではその時々にテーマを決めた嫁本をセレクトして置いてあります。
ちなみに只今の「特集コーナー」はこちら ↓ 、テーマは「子どもとの生活」です。

DSCN8179_convert_20150402144041.jpg

今回の特集用にセレクトした本は、通常の「嫁本コーナー」に置いてあった本から数冊と
DSCN8142_convert_20150402143607.jpg

絵本のコーナーからこの2冊。
それぞれ「上の子の気持ち」と「下の子の気持ち」が見事に描かれている秀作ですよ!
DSCN8146_convert_20150402143758.jpg

そして、ku:nel のバックナンバーから「お初のこと。」と、写真家の梅佳代さん写真集「男子」。
DSCN8151_convert_20150402143834.jpg

それからこちらが今回自宅蔵書より初めてお持ちしました、年季物の雑誌「リンカラン」です。
今回はテーマに沿って「働くお母さん」や「お父さんの子育て」など、5冊をセレクトしてみました。
DSCN8152_convert_20150402143958.jpg

この「リンカラン」は2003年から6年間、書店の「ライフスタイル」のコーナーに並んできました。
当時にしてはなかなか珍しく?ただおしゃれや料理・裁縫の特集を組むような生活雑誌にとどまらず、環境問題・エネルギー問題にもかなり切り込んだ取り上げ方をしており、エコ先進国についての生活レポートなども頻繁に掲載されていたものです。
加えて「女性の体」のことについても一生懸命伝えようと、そこもまたシンプルなイラストでの図解あり体験談ありの内容で掲載されていて、例えば布製の生理用品について私が初めて知ったのもこの雑誌でした。
とにかく芯がしっかりある・妥協を許さない雑誌。今思うと「おしゃれな社会派報道雑誌」でした。笑
ただ正直、当時の私の年齢にはそれが少し大人向けに思える内容だったので、私はなんだか「大人の女性になる教科書」を読んでいる様で、時に面倒になって流し読みしたりもね、していました。告白です。苦笑
でも、それでも気になる雑誌として常にマークしていた様に思います。
そして今、30代半ばになって改めてこの2003年に販売された雑誌を読み返してみると、それは実に奥深くて、10年以上経った今の時代でも十分為になる内容だったのでした。
リンカラン、時代を見る先見の明が光っていたのですね。本当に。
良く「流行のデザインは時代とともに回ってくる」とは言いますが、環境問題や女性の生活について描いた雑誌の記事で今尚情報が新しく感じるというのは凄いことだと思います。

DSCN8157_convert_20150402144018.jpg

リンカランの残念なところは、おそらくその紙とインクの相性だと思うのですが表紙の色褪せが日経とともにかなり出てしまうこと。ですので ku:nel のバックナンバーよりも状態の悪いものが多いです。
ただそれもまたリンカランらしさなんですよね。
ですので皆さん「古い・知らない雑誌」と思わずに、興味ある表紙を見つけたら是非お手にとってみてくださいね。
もしかしたら新しい考えや知らなかった事柄に出会えるかも?しれませんよww

■リンカランWEB は、今でも見る事が出来ますよ→GO!

さて「特集コーナー」のテーマを「子どもとの生活」と決めたとき、この本を加えるかどうか本当に悩んだ1冊があります。こちらです。
DSCN8191_convert_20150402144107.jpg

この「たまご絵日記」は元グラフィックデザイナーのナナイロペリカンさんが、自らの育児日記をかなりリアルに描いたブログが元になっています。第4回すくパラブログコンテスト子育て部門で最優秀賞を受賞した人気ぶりから、書籍化されました。
札幌ママカフェ部部長の まき子さんも、先日発行された「くつろぎおやこカフェ2」の妊婦さん向けおすすめ本で、この「たまご絵日記」をご紹介なさっていましたよ。

DSCN8201_convert_20150402144127.jpg

私は書籍化前のブログ時代から「たまご絵日記」を愛読していたのですが、もう本当に 笑いあり・涙あり・鼻水あり・驚きあり…とにかく歌ってしまうなら ♪夢見る少女じゃいられない! の世界です。
しかも内容は0才児さんの育児ですから、そこは当然…のネタも描かれているわけです。
飲食店に置く書籍としてあまりにもリアルな…はどうなのかと当然思わない部分がないわけではなく、自分でも何度も読み直してマスターにも読んでもらってと検討したのですが、本の中にはこれこそが育児だ!という部分の記述も多々ありまして。
結果、今回はこのようなメッセージをお付けして、通常の嫁本コーナーに置くことにしました。

DSCN8194_convert_20150402144149.jpg

ちなみにナナイロペリカンさんの育児ブログはこちら ↓ から見る事が出来ますので、ご興味おありの方はどうぞブログの方もチェックしてみて下さいね。私は彼女の育児スタイルも大好きでつい応援して(時に涙ぐんで)しまいます。

■たまご絵日記~2児のかあちゃん奮闘記~
■ナナイロペリカンさんFB→GO!

さて、最後になりますが。
先日ご来店のお客様から「今度ドイツに移住してみます!」というすごいお話を伺いました。
突如決まったお話だそうで、お話しているうちに色々思い当たる本が自宅蔵書にあるのを思い出しまして、嫁本コーナーに3冊関連書籍お持ちしてみました。

DSCN8312_convert_20150402144245.jpg

どの本も単純に読み物として皆様にお楽しみいただけると思いますので、ご興味おありでしたらどうぞお気軽にご覧になってみてくださいね。
今年のGWの予定を・夏休みの予定を、ついつい考え出しちゃうかもしれませんよ?!

N24の蔵書は児童書で400冊以上、嫁本は100冊程度。
ぜひティータイムのお供に、お好みの本を探してテーブルに連れて行ってあげてくださいね



  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和