cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
■ご愛顧 有難う御座いました。
cafe N24 は 2017年7月13日をもちまして、閉店致しました。
今まで当店を想って下さった全ての皆様へ、心より感謝 御礼申し上げます。
本当に有難う御座いました。
ブログ最終更新文にて御挨拶を掲載致しました。
御一読頂けましたら幸いです。 店主夫婦

ブログ

カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

嫁本特集コーナーが 猫 猫 猫*

  1. 2015/07/18(土)

N24喫煙席の一番奥、風上に位置する人気のソファー席。
その壁に設置してある「嫁本 テーマ特集コーナー」こと、「マスターの奥さん(嫁)が独断と偏見でセレクトした本(つまり “嫁本”)のテーマを決めて特集したコーナー」が、7月からこの時期毎年恒例の 『猫本特集』 になっているのにはもうお気付きですか?

DSCN0654_convert_20150718063554.jpg

なぜ猫本特集かと言いますと、私達夫婦が大好きな写真家さんのお一人である、動物写真家の岩合光昭サンの巡回写真展「世界ネコ歩き写真展」が毎年8月に札幌へやって来るからなんですww
昨年までは札幌三越サンで開催されていたこの巡回展。
今年は大丸札幌店サンの7階ホールへ場所を移しての開催が決まったようですよ。

■写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き」WEB→GO!

と言うわけで、とってもささやかながら毎年この季節はN24でも猫本特集、していますww
お客様の中にはこの猫本特集を毎年楽しみにして下さっている方もいらっしゃって、この特集は結構人気の企画です。

DSCN0655_convert_20150718063640.jpg
DSCN0659_convert_20150718063719.jpg


まず今回ご用意した、メインとも言う岩合さんの出されている本はこちら。
N24で噂の「柿右衛門ちゃん」(貫禄あるお顔だけどレディーです)にも出会えます、是非探してみてくださいねww
DSCN0678_convert_20150718063805.jpg

そうそう。岩合サン、実は密かに?twitterなさってますよね。
更新頻度はかなり少ないのですが(お忙しいでしょうし…)更新していないのにフォロワーが増えていくことに戸惑いを隠せないご様子。笑
ツイートでは今回の写真展の物販で登場する大注目の「猫歩きマスキングテープ」の写真を見ることが出来ますよww

■岩合光昭さん twitter→GO!

さて話題はN24に戻しまして、今回のN24「嫁本 テーマ特集コーナー」には他にもこんな本を置いてみました。
まず絵本からは、こちらの2冊。
「ゆきとくろねこ」は季節外れの作品なのですが、とても詩的な情景描写が美しい作品ですのでセレクトしました。
DSCN0663_convert_20150718063904.jpg

「天才ネコ モーリスとその仲間達」は楽しいだけではなく、モーリスの感情の変化、叙情的な部分も読みどころの1つです。
表紙をめくってすぐ、オレンジ色の あそび紙に「ネズミを狩る猫 と 逃げるネズミ」が交互に刷られているのですが、物語を読む前はそれを可愛らしく見ていても、物語を読み終わると色々考えずには見れないようになってしまいます。
DSCN0669_convert_20150718063948.jpg
DSCN0670_convert_20150718064031.jpg

そして、いつもは通常の嫁本コーナーに置いてあるこの2冊も、今は特集本棚へ移動しました。
アトランタに住む友人がN24開業時にプレゼントしてくれた、大切な本です。
DSCN0672_convert_20150718064115.jpg

こちらは先日遊びに来てくれた友人から以前頂いていた本。
花福こざるサンの「花福ねこ日記」は、年老いたネコとの生活と最期を温かくも切なくリアルに描いた、涙腺にくる漫画です。
DSCN0674_convert_20150718064219.jpg

こちらは個人的に好きな作家さんの本から3冊。
加藤多一サンの「猫がくる日」は、以前 しまくま堂さんから頂戴しました。上品でユーモアもある美しい本です。
群ようこサンの「トラちゃん」は中学生の時に初めて読んで以来、動物好きの方と出会うたびにプレゼントしたりお譲りしたりしているものですから、もう10回は買っています。手を離れては買い足しての繰り返しです。
谷川俊太郎サン訳の「大事なことはみ~んな猫に教わった」も記憶にある限り3回買っている、我が家にはなくてはならない本。谷川サンの訳は原書を忠実に和文にしながら・且つその魅力を倍増させるかのようで、本っ当に素敵ですよね。
DSCN0664_convert_20150718064308.jpg

他にはいつもの本棚にも「猫」をテーマにした児童書が沢山ありますので、どうぞそちらの方でも「猫探し」してみて下さいねww
DSCN0661_convert_20150718064357.jpg

しっかり読む猫・眺めてみる猫・雰囲気を楽しむ猫。
あなたの気になる猫がいましたら、是非N24でのティータイムのお相手に同席させてあげてくださいニャ…あれ?笑

  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和