cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
■ご愛顧 有難う御座いました。
cafe N24 は 2017年7月13日をもちまして、閉店致しました。
今まで当店を想って下さった全ての皆様へ、心より感謝 御礼申し上げます。
本当に有難う御座いました。
ブログ最終更新文にて御挨拶を掲載致しました。
御一読頂けましたら幸いです。 店主夫婦

ブログ

カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (19)
休業・営業情報 (174)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

「物語」をディスプレイ*1

  1. 2012/06/22(金)

この本棚の本の並びを少し変えて、物語にちなんだディスプレイコーナーを増やしました。
 
 
まずはオープン時からディスプレイしていた、ペンキの刷毛を使ったコーナーをリニューアル。
元は、N24の施工中に実際「空色扉」を試し塗りした板や、ブリキのカップなどを組み合わせたコーナーだったのです。
しかし実は、そもそもこの配置を作った時から小さな引っ掛かりがありまして…
「この雰囲気、何かの物語の、何かのシーンを連想させるんだけど…???」
気にかかっていたのです。
そしてこの度!
その、何かが何かを思い出しました~!わーww
そうでした、この熊の話です!
 
 
この物語では、毎回必ずこの「熊」が数々の大珍騒動を巻き起こすのですが、その中にペンキにまつわる「リフォーム大惨事珍騒動」とも言うべき壮絶なエピソードがあったのです。
そう、そう!
この半端なペンキの塗り具合!
不安定に危なっかしく積み上げられたバケツや容器!!
この、何か起こりそうなソワソワした感じは、この熊の周りには常に充満しています!
 
 
ああ、何かを考えながらペンキの刷毛を見つめる熊!
危険!危険です!
騒ぎの香りがプンプンしますよ!
きっとまたブラウン一家は大騒ぎに巻き込まれる事でしょう…
熊が初めてパディントン駅に降り立った時、首から下げていた札も再現してみました。
 
 
そうなのです。
この、今や世界的に有名な熊の名前。
それは、ホームステイ先を自然のなり行きで引き受ける心境になったブラウン夫婦と、この熊とが出会った場所。
「パディントン駅」から取って付けられた名前なのです!
 
さてさて
N24の本棚に話を戻しましょう。
本棚には他にも2ヶ所、物語にちなんだ装飾「ストーリー・ディスプレイ」をさせて頂きました。
その2ヶ所については、また次回のご紹介。
どうぞ、お楽しみに◎
 
 


  1. cafe N24 小さな図書室カフェ日和