cafe N24 by kodomosekai

プロフィール

Author:cafe N24 by kodomosekai
         
ようこそ、札幌市北区北24条にある 街の小さな図書室カフェ「cafe N24」ブログへ!
このブログは「cafe N24」の扱う複数の SNSから発信された情報や、店頭での掲示情報を集約してご紹介していく、いわば「店舗情報まとめ用ページ」です。
情報更新には多少タイムラグが発生しますが、普段 SNS を扱われない方や、N24の様子を一括して知りたい方にはお勧め致します。
当店には公式 SNSアカウントとして、
  
1) 店舗情報や地域情報をマスコットのエゾリスちゃみが面白可愛く呟く「Twitter」
2)店舗情報や地域情報を SNS担当が更新する「Facebookページ」
3) 札幌や北24条の街の様子を N24店主家内が呟く「Twitter」
  
…の3種類があります。
各々のTwitter・Facebookページは、アカウントの有無に関わらず自由に御覧頂けますので、最新の cafe N24 情報は是非公式 SNS からチェックして下さいね。
それぞれのアカウントへは下「cafe N24 関連リンク」からワンクリックです!

■cafe N24 by kodomosekai
札幌市北区北24条西6丁目2-2 
チサンマンション札幌第3・1階

■TEL/070-6607-2406(店舗直通)

■定休日/月曜日、他休業日あり   
休業日のお知らせはブログ・WEB・SNSにて告知  

■営業時間
火~土曜日 12:30ごろ~21:00まで 
日曜・祝日 12:30ごろ~19:30まで 
(ラストオーダーは閉店30分前)

■駐車場/なし
近隣コインパーキングあり、お問い合わせ下さい

★cafe N24 関連リンク

このブログをリンクに追加する

★RSSリンク

★最新記事

★カテゴリ

cafe N24 小さな図書室カフェ日和 (274)
札幌生活徒然帳/奥さんTLまとめ (17)
休業・営業情報 (173)
イベント情報 (176)
メニュー情報 (190)
学生の活動応援・紹介 (30)
子供・赤ちゃん関連情報 (66)
楽しく札幌生活/~2016.4まで (144)

★月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

旭岳の紅葉情報∴゜

  1. 2014/09/27(土)

旭岳、もう冬景色 登山客「スキー場みたい」
道内の最高峰、大雪山系の旭岳山頂(2291メートル)付近はすっかり雪景色。好天に恵まれた23日も、山頂の積雪は30センチほどあり、本州から訪れた登山客らは「周囲の山々も砂糖をかけたようで、まるでスキー場に来ているみたい」と驚いた様子。誰かが作った雪だるまと一緒に記念撮影をしていた。
今年は平年より9日、昨年より3日早い9月16日に初冠雪を観測。旭岳ロープウェイの姿見駅(標高約1600メートル)の周りでは、ウラジロナナカマドなどの紅葉やチングルマの草紅葉が見られるが、それも終盤で、紅葉の見ごろはこれから山裾へと広がっていく。(奈良山雅俊)
2014年9月25日03時00分 朝日新聞デジタルより


N24にご来店下さるお客様の中にも、旭岳へ行かれたとおっしゃる方が何組も。
本格的な登山を楽しみに・ちょっと紅葉を見に・トレーニングに…皆さんそれぞれ、秋の北海道を堪能なさっている様子です

photo : I様 9月26日夕刻撮影
DSC_4793_convert_20140927090512.jpgDSC_4798_convert_20140927090652.jpg

ここ最近の北海道としてはなんとも天気予報が気になるところではありますが、今週末は市内を離れて大自然の中に身を置いてみるのも良いかもしれませんねww
N24では、皆さんの「行って来た」・「見てきた」旭岳のお土産話しを、お待ちしていますよー

■大雪山旭岳ロープウェイ公式WEB→GO!
■旭岳ビジターセンターWEB→GO!
■旭岳ビジターセンターブログ→GO!
■N24界隈で登山用品といえばここ!「秀岳荘北大店」→GO!

9/16の初冠雪から旭岳山頂など稜線部は積雪があるそうです(9/19 八合目以上20㎝)。
登山は夏山よりもリスクが増大しているので、目的地に見合った準備で安全に楽しんできてくださいね!




  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

春夏秋が とけあう、雨上がりの景色∴゜

  1. 2014/09/20(土)

「北海道は気圧の谷間」
ラジオから淡々と聞こえる天気予報は、連日変わることがない。

そんな数日を終えて久々の晴れ間。
街は秋の日差しを精一杯浴びようとしている。
札幌は今、
春の名残
夏の終わり
秋の訪れを知らせる花が一斉に咲く、そんな夢の様な季節だ。



DSCN5423_convert_20140922125358.jpg

DSCN5459_convert_20140922125903.jpg

DSCN5430_convert_20140922125441.jpg

DSCN5440_convert_20140922125522.jpg

DSCN5447_convert_20140922125626.jpg

DSCN5456_convert_20140922125812.jpg

DSCN5454_convert_20140922125722.jpg

DSCN5468_convert_20140922125957.jpg

DSCN5476_convert_20140922130033.jpg



  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

諏訪神社例大祭∴゜

  1. 2014/09/10(水)

今年の夏は最後にもう一山暑さの波があるかもしれないよ、なんて話も出ていましたが。
どうやらそんな気配もなく、9月は中旬になろうとしています。

いつもお世話になっていますベーネさんへ伺った際、旧道沿いに花飾りと旗が飾られていましたよ。
そう、ベーネさんの程近くにある 諏訪神社さんの例大祭が毎年この季節なのでした。



花飾りを辿って行くと、
DSCN5291_convert_20140915033535.jpg

諏訪神社に行き当たりました。
DSCN5299_convert_20140915033628.jpg

境内では、お祭りに向けて舞台を造る作業の方がお昼の休憩中。
穏やかな空気に導かれて、なんとなく鳥居をくぐり足を踏み入れました。
DSCN5329_convert_20140915045511.jpg

お手水場に、こんな可愛い看板発見。
ひとめ惚れ雑貨店 toi toi toi さんが好きそう、リアルなレトロ感満載。
DSCN5305_convert_20140915033850.jpg

今年も、お祭り当日は近所の子供達がお神輿を引いて町内を練り歩くのでしょう。
あの楽しげな様子を思い出すと、こちらもついつい笑顔になります。
DSCN5325_convert_20140915034313.jpg

そうして、
今年もいよいよ夏が終わり、秋が始まるのですね。

DSCN5293_convert_20140915034124.jpg
DSCN5302_convert_20140915034205.jpg

  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

満月まんまる ヒツジまんまる∴゜

  1. 2014/09/09(火)

昨日9月8日は中秋の名月、晩の空はいつもと一味違って見えましたよね。
見上げた月はあんなに真ん丸でしたけれど、実はまだ満月ではなかったそう。
正確には本日の午前10時38分に満月を迎えるそうですよ

さて、8月も終わりのとある日のこと。
いよいよ秋の気配が色濃くなってきたものですから、ススキの写真を撮りたいと北大第2農場のあたりに行ってみました。
丁度 N24から宮の森北24条通りを西に行った通り沿い、農場の北側フェンス内にススキが群生しているのを知っていたのです。
実はここ、アングルを計算すればこんな写真がフェンス越しからも撮れる、ちょっとした撮影ポイントなんですよww




で、レンズ越しにススキを追い掛けて
「おお!ススキが金色に輝く様は、さながら絹の刺繍作品だな~」なんて思っていましたら
DSCN5054_convert_20140909020011.jpg

ん??遠くに何か「白いものが落ちて」います。
DSCN5038_convert_20140909020148.jpg

ほら!あそこ!!…なんだ?なんだ??
DSCN5039_convert_20140909020236.jpg

思わずカメラレンズのズームを続けると、…あ!!?
DSCN5040_convert_20140909020316.jpg

この日、農学部のヒツジが放牧中だったのでした!!!
(何かが落ちていると思ったのは、どうやらお昼寝中のヒツジでしたヾ すまん、ヒツジ
DSCN5022_convert_20140909020413.jpg

あまりにもめんこくて しばらく望遠レンズ越しに観察していましたら、この顔の白いヒツジが草を食べ食べ歩いているのに目が留まりました↓
DSCN5024_convert_20140909020502.jpg

と、その右脇には黒い顔のヒツジ↓(写真右)が、これまた草を食べ食べ歩いています。
DSCN5029_convert_20140909020532.jpg

ところがこの黒さん、どうやら食べながらは真っ直ぐ歩けない。
ついつい左へ左へ寄っていっちゃうんですよね。
…で、ついに
ごっちんッ!
DSCN5033_convert_20140909020621.jpg

思わず左に一歩よける白さん…
DSCN5032_convert_20140909020655.jpg

すると黒さん、「あ…なんかつられて…」
DSCN5035_convert_20140909020734.jpg


そこから見事に2頭シンクロ
DSCN5036_convert_20140909020803.jpg

「なんか僕達動きがそっくり一緒になっちゃったけど…
ま、いいっか~。。。。もぐもぐもぐ」
DSCN5034_convert_20140909020843.jpg

いや~、ヒツジって「仲間の動きにつられやすい動物らしいよ」とは(世間話の域で)聞いた事があったんですけれどね、ここまでとは!
以降2頭の歩みと頭の降りはピッタリ一致www
ちょっと自分の目が信じられなくて、そのまましばし白さんと黒さんの二人三脚状態?を見守ってしまった私でありましたヾ


皆さんももし色々な機会が上手く合いましたら、是非ぜひヒツジ観察してみてくださいww
ススキの奥のヒツジ社会、めちゃくちゃ面白いですよー!!笑
DSCN5057_convert_20140909021041.jpg

DSCN5068_convert_20140909021121.jpg



  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

同じ空なのに*

  1. 2014/08/21(木)

DSCN4623_convert_20140817024334.jpg


同じ空なのに。




DSCN4624_convert_20140817024418.jpg


こんなにも違う。
こんなにも一瞬で、表情を変える。


  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

七夕∴゜

  1. 2014/08/07(木)

北海道の七夕は本日8月7日。
ところが札幌はあいにくの雨模様、空には大きな灰色の雲が次々と流れていきます。
今年は星空を眺めることすら叶わない様子、残念です。
それなら少しでも“それらしい”話題があればと過去の撮影写真を整理してみましたら、先月7月7日のN24定休日にマスターと道庁を散策した際の写真があったので、今日はそれをUPしてみますね。

↓北海道庁 旧本庁舎、通称「赤レンガ」
1888年(明治21年)に建てられてから約80年に渡って道政を担ってきたこの建物は、アメリカ風のネオ・バロック様式のたたずまい。
明治時代のひずみあるガラス・二重扉が化粧枠にしまわれる構造など とにかく美しいつくりの館内は、資料室として一般に無料公開されています。

DSCN4467_convert_20140807232537.jpg

そんな雰囲気ある「赤レンガ」前で、7月7日のこの日は「赤れんがガイアナイト2014・ミニコンサート」が開催されようとしていました。
この「ガイアナイト」は、照明を消してキャンドルの光の中で地球環境について想いを巡らせる機会として、北海道が主体となり開催しているイベントだそう。
この時は準備時間中という事で、スタッフの皆さんがキャンドルのセッティング作業に追われていらっしゃいました。

DSCN4459_convert_20140807232644.jpg

ミニコンサートでは、札幌大谷大学芸術学部音楽学科の学生さんがフルートで四重奏を演奏なさるそうで、丁度リハーサルが。
1曲目の「たなばたさま」を聴いた途端、あぁそういえば今日は7月7日だったなあ…と思い出したのでした。

DSCN4464_convert_20140807232725.jpg

この後、日が暮れてキャンドルの灯に照らされる道庁とフルートの穏やかな調べ、素敵だろうな~

DSCN4462_convert_20140807232834.jpg

さてそのまま、今度は道庁敷地内にある池の方へ移動した私達。

DSCN4444_convert_20140807233112.jpg

すると何やらカメラを持った方たちの人だかりが…
お目当ては、こちらの親子!!

DSCN4419_convert_20140807233216.jpg

詳しい方の話によると、今春 中島公園で生まれた親子ではないか?との事。
池の淵で日向ぼっこです。
と、お母さんが急に立ち上がり一気に緊張状態に

DSCN4422_convert_20140807233310.jpg

その目線の先には…
カモメ!
DSCN4437_convert_20140807233339.jpg

このカモメ、道庁の池の主と言われているそうで、何とカモメは鴨の子を食べるのだそうですよ~

「今時期ぐらい子供が大きくなったら、もう食べられる事もないと思うけどね~
もっと小さい時にはカモメに食べられるから、狙われるよね。
この親子も春先にはもっと子鴨が居たんでないかな。この2羽は生き残りだね」
…とは、ギャラリーのお一人の話。

カモメ、恐るべし~
こんな街中でも自然界のシビアな生存競争が繰り広げられていたのですね。

一方、生存競争に必死なのはこの子?達も同じようで。
道庁の敷地内のとある一角、風の休憩場所は こーーーんな風景に!!
ポプラの綿毛(種)の白いじゅうたんが出現!

DSCN4450_convert_20140807233701.jpg

種、どれだけ飛ばしたのーーーー?!ヾ
一面綿毛で真っ白しろ、まるで雲の上を歩いているようです。

DSCN4451_convert_20140807233801.jpg

青々とした緑と真っ白な地面、ちょっと幻想的な空間でした。

DSCN4448_convert_20140807233859.jpg
ポプラも子孫を残そうと必死なんだなぁ…

こんなにも自然溢れる豊かな場所が、札幌駅からすぐ近くの市の中心部にあるなんて。
この札幌という街は本当に素晴らしい・魅力的な土地だと、思わずにはられません
ポプラも鴨もカモメも、それから私たちも。
札幌で共に生活している「共存」している対等な仲間なんだよね…と、改めて感じた先月7月7日。
折しも「ガイアナイト」に、道庁の自然から 環境について考える機会を受け取った、そんな私達の休日だったのでした。



  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

「文具の みつはし」さん、ありがとう∴゜

  1. 2014/08/01(金)

マスターは生まれも育ちも北24条。
進学を機に上京するまでの間は N24のある、この北24条界隈で暮らしていました。
地下鉄南北線の開業や、かつて樽川通に走っていた路面電車「鉄北線」の廃線も、リアルタイムにその幼い目で見てきたそうです。
そんなマスターが子供の頃に心躍らせた場所のひとつが、7月の最後の日、仮店舗への移転の為に閉店を迎えました。
北23条西5丁目、N24からも歩いて5分と掛からない場所にある文房具屋さん「文具の みつはし」さんです。

DSCN4828_convert_20140802120228.jpg

マスター「“みつはし”で一番覚えているのは、サンリオが出た時だったね。
ある時“みつはし”に行ったら、とにかく店内にサンリオの商品がズラーーーーッと並んでいて。
それはそれは圧巻だったんだよ!!
そうそう!“いちご新聞”って言う、サンリオの発行する子供向け新聞まで置いてあったのが、とにかく印象強くていまだによく覚えてるね。
“みつはし”は子供心に夢の様なお店で、行くと必ずドキドキ心躍る文具と出会えたんだ。」


そんな“みつはし”のご近所に、今度は結婚してから cafe N24 として戻ってきたマスター。
N24以降は比較的マスターより私の方が“みつはし”に通っていたと思います。

↓N24で使う日用文具はほとんど“みつはし”で調達。本当に助かっています!
DSCN4789_convert_20140802115226.jpg

実は私、愛用の文具へのこだわりがかなりありまして…
筆記具1つにしても好きなメーカーの好きなシリーズがあって、0.38・0.5・0.7・1.0 と 芯の太さは4段階常備。
インクの色も用途によって変えたり(例えば、イラストやチラシ・POPを描くときは黒、和紙にお便りを書くときはブルーブラックの0.7、媒体の校正は赤の0.7と2.0…とか)、とにかくね、自分好みの指定のものが多いのです。
そんな私の「こだわり」にしても、“みつはし”は満たしてくれました。
店内を探してみると、なぜだか?欲しいと思った文房具がちゃーんと置いてあるのです。
「あるかなあ…??いやあ、多分ないだろうなー」と思って行っても、やっぱりあったりする。
ニーズカバー力、ほんとハンパじゃないです!
その極め付きは、スクリーントーンでした。
POPを書くのにどうしても必要になって、大通に行く!と焦る私を前に、

マスター「まずは“みつはし”に行ってみたら?」

え?“みつはし”???

スクリーントーンとは漫画などのイラストを手描きする時に使う専門的な画材なのですが、扱っている「町の文具屋さん」は本当に希少で、大抵は大手のお店に行くしかないのです。
でも、そこは地元っ子マスターの一声、無視はできません。
そこでまずは駄目もとで“みつはし”に飛び込んでみたんです。

結果、“みつはし”に あった!
しかも必要だった季節柄の「桜の木と花」が、メーカー・品番ドンピシャで置いてありました!
なしてーーーーー?!
基本のアミトーンやグラデトーンが申し訳程度に置いてあるならまだ分かるけれど…マイオナーな「桜」、あったさ。
もうビックリ…
加えて4月に買いに行ったら、「桜」は季節だからか ちゃーんとスクリーントーンのラックの一番見やすい最前面に置かれていて、驚愕!
もうそれを見た瞬間に“みつはし”には全幅の信頼をよせました。
「この文具屋、やっぱりすごい!!!」笑

この感覚、きっとこれは40余年前に幼きマスターが感じた、あの 感覚と同じなんじゃないかな~
地元に愛されて四半世紀以上続くには、きちんと支持される理由と日々の積み重ねがあるのですね。

そんな“みつはし”、大好きな あの店舗空間は建物の老朽化により閉店。
移転先は樽川通り沿いのマックスバリュ2階ということで、しばらくはそちらに通うことになりそうです。

DSCN4802_convert_20140802115503.jpg

今日のブログでは、最後に“みつはし”旧店舗の外観写真を思い出とともに。
このビルはとてもモダンなつくりで、本当に素敵な建物なのでした。

DSCN4796_convert_20140802115053.jpg
DSCN4800_convert_20140802115328.jpg
DSCN4805_convert_20140802115631.jpg

「文具の みつはし」、建物は変わっても 私達は今後も変わらずお世話になります!
まずはマックスバリュでの再会が楽しみですww



  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

北大図書館に、ちょっと寄り道∴゜

  1. 2014/07/13(日)

6月末の定休日。
あまりの暑さに耐えかねて、マスターと二人で北大の中央ローンに涼みに出かけました

↓この写真を撮りながら、気分は水面を歩いて渡ってました。笑

DSCN4387_convert_20140715082416.jpg

ふと見上げると、丘の向こうに茶色い建物。
北大の図書館です。
DSCN4385_convert_20140715082504.jpg

「そういえば北大図書館って一般人でも利用できるって知ってた?」と、マスター。
知らない知らない!そうだったの?!と、半信半疑な私。
だって大学の図書館ってねえ…しかも北海道大学ですよ、敷居が高くないわけがないヾ
で、折角の機会なので北大図書館にちょっと立ち寄ってみましたww

DSCN4394_convert_20140715082554.jpg
デデーーーーーンと、そびえておりますヾ
DSCN4393_convert_20140715082646.jpg
そう、北大図書館は夜22時まで開館しているんですよね!
この垂れ幕を見るたびに、「さすがだなあ~」と感心したり「司書の方は大変だな…」と思ったりしていた私。
DSCN4390_convert_20140715082736.jpg

外から階段を上って入るフロアが建物上の2階部分。
受付用紙を書くテーブルがあり、ふむふむ確かに一般人の利用もOKらしい。

●二十歳以上の道内在住の一般市民
●北大卒業生

は、届出で使用可能になるとの事。
一方で、

●小さな子供連れ
●高校生
●予備校生
●図書館資料の閲覧を目的としない座席の使用

は、利用できないそう。
また、試験期間中は一般利用が出来なくなるそうです。
(ちなみに今は試験期間中で、一般人は8月12日まで使用できません

私はあいにくこの日、身分証明書を持参していなかったため一日利用の届出はできませんでしたが、代わりにマスターが申請をして図書館の中をぐるっと一回りしてきましたよ。
それを待つ間、私はローンに戻って図書館でいただいてきたパンフレットを拝見ww
DSCN4375_convert_20140715082832.jpg

現役の北大生が北大新入生に向けて図書館の効率よい使い方を案内していたりと記事の内容もこっていて、図書館がひとつの社会として成立している感。
やっぱり規模が大きいと違いますねーww

さて、戻ってきたマスターは思いもよらない本と出会ったそうで、それがこちら↓

中原中也の手紙 (講談社文芸文庫)中原中也の手紙 (講談社文芸文庫)
(2010/04/09)
安原 喜弘

商品詳細を見る

こんな本が出ていたなんて!とマスター久々に高揚しておりました。
確かにこの本は、通常町の本屋さんではあまりお目にかからないかも?しれません、ね。
私もかなり興味ある内容でしたので二人で「見つけちゃった」とニンマリww
ひとまずこの本にざっと目を通してきたマスター曰く、これは私達としては「借りるて読む」よりも 手元に置いてじっくり読み解かねばならない類の本の様で、どうやら我が家の購入待機本リストに新しく追加される予感です
こうやって本がまた増えていくんですねぇ~ヾ
ま、困った困ったと言いながら、こればっかりは仕方がない!苦笑
皆さんは、「手元に置かねば!」と思わず心が熱くなるような本ってありますか??



  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

悩みの カァ太郎∴゜

  1. 2014/07/03(木)

あ、どうも。
はじめまして。
僕は北大を根城にしている、新米カラスのカァ太郎です。
DSCN4345_convert_20140706103553.jpg

今日はね、いい物を見つけたからここで食べようと思って持ってきたんだよね~
ジャジャーーーーン!
DSCN4350_convert_20140706103744.jpg

何だか分かる?そう、ク・ル・ミ
僕、初めて自分で見つけたんだー!
だけどすんごく硬くてクチバシが立たないから、兄貴分のカァ一郎兄さんに食べ方を聞いたらさ、
「俺らの爺さんの世代は、よく高い場所から岩の上に落として根気強く割ったものさ!けど、最近じゃすぐ割れる技があるからな!」
って、最新流の食べ方を教えてくれたんだよねー♪
「道路の“車道”ってトコに、コレを置けばいいのさ!あとは近くの“安全な場所”で見張っていれば、車って怪物がクルミをひいて割ってくれるって訳!な!簡単だろ?!」
なるほどーwwwそれは簡単だね!!
それじゃあ僕でもすぐ食べられるって訳だよww

…てことで、実はさっきからクルミを車道に置いてるんだけど…さ…
なんで車、ひいてくれないのーーーーー!!!焦
私(たまたま通りかかった) 「あんた、クルミを置いた場所が車道のハジすぎるんだよ~!そんな縁石のすぐ脇に置いたって車は轢かないんだから、もっと道の真ん中に置きなさい!!」

↓カァ太郎と、写真手前の縁石の丁度真ん中にある小さな点がクルミヾ
DSCN4334_convert_20140706102910.jpg

え?!いや…だって、そんな道路の真ん中になんて、危なくて…行けないしさ…
おととととと
DSCN4341_convert_20140706103319.jpg

横断歩道の上なら安全だから、僕はそこに非難して…と
DSCN4344_convert_20140706103427.jpg

よし!割れたかな…
まだか~!何で割れないのか~~!!!
DSCN4339_convert_20140706103020.jpg

おととととと…危ない危ない…横断歩道の上に避難して…
DSCN4340_convert_20140706103142.jpg

おっかしいなー、何で割れないのか~??!!
DSCN4332_convert_20140706102756.jpg

先日の夕方。
北大20条門を出てすぐの、よりにもよって帰宅ラッシュ時の5差路交差点にて。
カァ太郎が車道に立ってクルミがいつ割れるかと見張っているので車は渋滞…
クラクションを鳴らされると、なぜか律儀に横断歩道の白線内に避難するカァ太郎
終始首をひねりながら、クルミの周りを右往左往…
頑張れカァ太郎!負けるなカァ太郎!!
出来ることならクルミは道路の真ん中に、キミは近くの木の上に!苦笑



  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで

出会い∴゜

  1. 2014/06/28(土)

子どものころ、どんな人に出会ったか。
その出会いが多ければ多いほど、心に広さが生まれてくる。
大人のいま、どんな人に出会ったか。
その出会いが豊かであればあるほど、心の深さが生まれてくる。
人間として内面が魅力的な人との交わりは、年齢に関係なくドキドキと心に刺激を与えてくれる。
人と人との出会いって全てが計り知れないものだなあ…

N24を見回してふと思う、人の輪の不思議な そして嬉しいご縁。
「ここに来てくださるお客様達とは、店を始めてなかったら当然出会えなかったんだよねー」なんて、当たり前のことを夫婦で話して、今更ちょっと驚く。
わざわざN24にお運びいただける事に改めて感謝して、「出会い」について考えてみる今日。

DSCN4247_convert_20140629100318.jpg
まるで鷲が大きく舞いそうなメキシカンブルーを想わせる空、ポプラの黒い影。
We support you always.


  1. 楽しく札幌生活/~2016.4まで
前のページ 次のページ